トヨタ店のはたらくじどうしゃ

しょうぼうしゃ

パトロールカー

きゅうきゅうしゃ

ダンプカー

クレーンしゃ

バス

はたらく自動車のぬりえはこちら

生誕50周年 コースターの歴史

詳細
詳細
詳細
詳細

トヨタ ライトバス 1963年〜1969年

日本初の量産小型バス。最大の特徴は、セミアンダーフロアを採用し、より広くなった客室のスペース。

・乗車定員:21人/25人・車両型式:RK170B系・代表エンジン:R系・外形寸法 :L/5870mm W/1850mm H/2250mm

トヨタ コースター 1969年〜1982年

モデルチェンジにより、斬新なスタイルと走行性能を向上させ、安全性にも配慮。また、昭和52年マイナーチェンジされ、ハイルーフタイプが登場。

・乗車定員:22人/26人・車両型式:RU18系・代表エンジン:2B 3168cc   93ps/3600rpm 22kg/2000rpm・外形寸法 :L/6095mm W/1965mm H/2560mm ホイールベース/3085mm

トヨタ コースター 1982年〜1992年

外観を一新したほか、居住性、走行性能を大幅に向上。また、生産工程もAA級超大型プレス機、電着塗装の採用、新規組立てラインの新設など、生産性や品質を向上。

・乗車定員:20人/26人/29人・車両型式:BB20、30系・代表エンジン:1HD-T 4163cc   170ps/3600rpm 37.5kgm/2000rpm・外形寸法 :L/6860mm W/1995mm H/2520mm ホイールベース/3800mm

トヨタ コースター 1993年〜

エンジンを前方配置してS1、W1席の居住性を改良。また、クーラーのエバポレーターを最後席天井部から前席天井部に変更し、後席ファインビューフロアの実現、ラゲージルーム容量アップし、特装架装性を向上。

・乗車定員:26人/29人・車両型式:XZB40、50系・代表エンジン:N04C-VF 4009cc   132kW(180PS)/2800rpm 461Nm(47.0kgm)/1600rpm・外形寸法 :L/6990mm W/2035mm H/2580mm ホイールベース/3935mm

コースターインデックスへ戻る
コースターページを閉じる