車検の費用と時期について

車検は、法令で定められた、安心して乗り続けるための制度です

車検とは、国内を走る自動車などが安全な基準に適合しているか、国土交通省の定めにより一定期間ごとに検査をする制度です。新車登録時の新規検査から3年目、次からは2年ごとに実施します。定められた重量税や保険などを納めるのもこのタイミングです。

車検費用の仕組み

車検費用(法定費用と非法定費用)の説明図

車検費用には、重量税や自賠責保険などの法定費用と、定期点検や検査料などの非法定費用が含まれています。トヨタのお店では、次の車検までムダな出費のないようにしっかりとチェックし、2年間を安心してお乗りいただけるよう、お客さまとおクルマをサポートします。

車検時に必要となる費用

車検費用(総合計)=車検基本料金+法定・諸費用+その他費用

[A 車検基本料金]24ヶ月定期点検基本料、検査機器による車検測定料金
[B 法定・諸費用]自動車重量税、自賠責保険料、印紙代、継続車検代行手数料
[C その他費用]交換パーツや追加の整備が必要な場合

  • 車型、年式、走行距離によって、車検費用は変わります。詳しくはお近くのトヨタのお店にお問い合わせください。

おクルマの状態によって必要となる費用

法律で定められた24ヶ月定期点検に加え、各メーカーが車種等によって独自に定めた項目も同時に点検いたします。
お客様により安心してお乗りいただくために、結果のご説明と必要となる整備についてご提案させていただきます。

必要な整備

タイヤの残り溝が基準値以下であったり、電球が切れていたりする等、交換や整備を実施しないと車検に通らない場合は、お客様に説明させていただき整備を実施いたします。

ご提案、ご選択、整備

ご選択いただく整備

エンジンオイルやオイルフィルター等の定期交換時期や、タイヤ・ブレーキパッドなどの摩耗状態を確認し、おクルマのご使用状況と合わせ適切な提案をさせていただきます。お客様にご選択いただき、整備を実施いたします。

ご提案、ご選択、整備

車検に必要なもの

  • 車検証(自動車検査証)
    車検証(自動車検査証)
  • ご印鑑
    ご印鑑
  • 自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)
    自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)
  • 自動車税納税証明書
    自動車税納税証明書
  • メンテナンスノート
    メンテナンスノート
  • 車検費用
    車検費用

車検の有効期間と時期

車検の時期は、自動車の種類によって異なります。「自家用乗用自動車」や「軽乗用自動車」は初回は新車登録時から3年後、以降2年ごとの車検となります。「貨物自動車(8トン未満)」は初回は新車登録時から2年、以降は毎年車検を受けることが義務付けられています。

車検のタイミングは、車検満了日の1ヶ月前、指定工場では最大45日前から車検を受けることができます。

  • 車検証は、満了日の1ヶ月前に発行。
自動車の種類 初回 2回目以降
自家用乗用自動車 軽乗用自動車 3年 2年
貨物自動車 (8トン未満) 2年 1年

車検切れで走行することのないようにしましょう

車検を受けずに満了日を経過してしまった場合、道路運送車両法に基づき、以下の罰則が与えられます。

  • 無車検車走行 … 違反点数6点+6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

さらに、自賠責保険の更新も怠っていると、同法に基づき、以下の罰則が与えられます。

  • 無保険車運行 … 違反点数6点+12ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金

車検は余裕をもってトヨタのお店に予約することをおすすめします。

トヨタのお店を探す

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

トヨタのお店には、
トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つの販売店がございます。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店