メンテナンスについて

定期的なエンジンオイルの交換が、エンジンをベストに保つコツです

エンジンオイルについて

新品のエンジンオイル・劣化後のエンジンオイル・スラッジがたまったエンジン内部

エンジンオイルはエンジン内部の潤滑などを行い、エンジンをスムーズに回転させるためのものです。エンジンをいつまでも調子よくお使いいただくためにはエンジンオイルのメンテナンスは大変重要です。定期的な交換により、エンジンがスムーズに回転するため、燃費向上やエコにもつながります。

ワンポイントアドバイス

オイル交換の際にはオイルフィルターも定期的に交換しましょう。

新品のエンジンオイル・劣化後のエンジンオイル・スラッジがたまったエンジン内部

交換時期の目安

車種 標準交換時期 シビアコンディション時の場合
ガソリン車(ターボ車除く) 15,000km、または1年 7,500km、または6ヶ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヶ月 2,500km、または3ヶ月
ディーゼル車 5,000km~20,000km、または半年~1年ごと 2,500km~10,000km、または3ヶ月~1年ごと
  • 車種によって異なりますので、詳しくは取扱書を参照いただくか、お近くのトヨタのお店にお問い合わせください。
  • あくまでも目安です。早め早めの交換をおすすめいたします。
  • 使用状況により劣化状態は変わります。また、エンジンオイルはクルマを使わなくても自然に劣化します。
シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

オイルフィルターについて

新品のオイルフィルター・劣化したオイルフィルター

エンジンオイルをろ過し、汚れを取り除くのがオイルフィルターです。エンジンオイルの交換とともに、オイルフィルターの交換をおすすめします。汚れには、エンジンオイル内の金属粉(削りかす)、カーボンなどがあり、定期的な交換を行わないとフィルターが目詰まりをおこします。フィルターの目詰まりにより汚れの除去ができなくなりエンジンに重大な損傷を与える恐れがあるので、定期的な交換が必要となるのです。

新品のオイルフィルター・劣化したオイルフィルター

交換時期の目安

車種 標準交換時期 シビアコンディション時の場合
ガソリン車(ターボ車除く) 15,000km 7,500km
ガソリンターボ車 10,000km 5,000km
ディーゼル車 10,000km~20,000km 5,000km~10,000km
シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

クルマのトラブルは、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

長期使用の弱点や、点検・整備についてまとめたクルマのトラブル防止アドバイスブックをトヨタ販売店にて無料配布中。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店