メンテナンスについて

タイヤが減るとすべりやすく止まりにくくなって危険。

タイヤについて

新品のタイヤと摩耗したタイヤの制動距離比較
*1以下の条件下での場合
車種:1,800cc乗用車、サイズ:165SR13、空気圧:170Kpa、路面:アスファルト湿潤、時速:80km/h

タイヤには、クルマを動かす、止まる、進む方向を変える、荷重を支える、路面からのショックを吸収する、といった役割を持っています。タイヤは走行により空気圧が減るとともに、摩耗します。摩耗したタイヤはブレーキの効きが悪くなり、雨天時にスリップしやすくなったり、場合によってはタイヤがバースト(破裂)する恐れがあるので、定期的な交換が必要です。
また、タイヤはクルマにより専用のサイズがあるので、交換時にはお近くのトヨタのお店にご相談ください。

新品のタイヤと摩耗したタイヤの制動距離比較
*1以下の条件下での場合
車種:1,800cc乗用車、サイズ:165SR13、空気圧:170Kpa、路面:アスファルト湿潤、時速:80km/h

交換時期の目安

正常時と摩耗時のトレッド面の違い
  • 亀裂、損傷、摩耗
  • 溝の深さが1.6mm以下。(トレッド面にスリップサインがあらわれます)
  • スリップサインはタイヤ横にある▲のマークのある部分にあります。スリップサインが出る前に早めの交換をおすすめします。
正常時と摩耗時のトレッド面の違い

トヨタのお店でプロによるタイヤチェックを実施しております

タイヤチェック

【診断項目】
残り溝測定/亀裂、損傷の有無/摩耗状態/空気圧

タイヤチェック

タイヤの空気圧について

タイヤ

タイヤの空気圧が減った状態で使用すると、ハンドルが重くなったり、偏摩耗が発生したり、燃費が悪化するなど、様々な影響を及ぼします。また、タイヤの空気圧は、タイヤに異常がなくても徐々に低下していくため(1ヶ月で5.5%減少)、日常での定期的な点検・整備が必要です。

タイヤ
空気圧が高い 空気圧が低い
燃費はよくなりますが、センター摩耗など、多くのデメリットが発生します。 摩耗と燃費 燃費が悪くなり、両肩摩耗など、多くのデメリットが発生します。
外部からの衝撃で傷が入りやすくなります。 安全性 高速走行ではタイヤがバーストする危険性があります。
小さなクボミでもクルマが跳ねるような感じになります。 乗り心地 クルマが揺れ、その揺れも収まりにくくなります。

タイヤの空気圧は50kpa(0.5kg/cm2)不足すると、燃費効率が市街地で2%、郊外で4%ほど悪くなると言われています。

  • 上記の数値は、対象車種2.0L乗用車(AT)の燃費=11.7km/L(10.15モード)が計算ベース(日本自動車工業会調べ)

タイヤのローテーションについて

一般タイヤ 方向性有りタイヤ
FR車とFR車ベースの4WD FF車とFF車ベースの4WD
FR車とFR車ベースの4WD車のタイヤのローテーション説明図 FF車とFF車ベースの4WD車のタイヤのローテーション説明図 方向性有りタイヤのローテーション説明図

タイヤを長持ちさせるためには、タイヤローテーション(前後のタイヤを交換)を行います。
ローテーションは駆動方式により異なり、FF車とフルタイム4WD車は5,000kmごと、FR車とパートタイム4WD車は10,000kmごとに実施します。タイヤローテーションの実施は車種によって異なりますので、トヨタのお店にご相談ください。

クルマのトラブルは、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

長期使用の弱点や、点検・整備についてまとめたクルマのトラブル防止アドバイスブックをトヨタ販売店にて無料配布中。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店