ハイブリッドシナジードライブ
HYBRID SYNERGY DRIVE

先進のハイブリッドシステム「THS*1

「THS」は、ハイブリッド・シナジー・ドライブのコンセプトに基づき、モーターパワーとエンジンパワーのシナジー(相乗)効果で、クルマの性能に革新をもたらす新世代のハイブリッドシステムです。

クラス*2世界トップレベルの低燃費
緻密なエネルギーマネジメントを行うとともに、電気が分担する役割を増やすことで、圧倒的な低燃費を実現しました。

国内最高水準の低排出ガス
「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得しています。

優れた静粛性
エンジン音や振動を徹底的に抑制し、高い静粛性を実現。ハイブリッドカーならではの圧倒的な静かさが、乗る方に快適かつ上質なクルージングタイムをもたらします。さらに、EVドライブモードを選択すれば、エンジン音や振動を感じさせない、より静粛な走行を愉しめます。

俊敏でパワフルな加速
最大650Vという制御電圧を実現。高性能モーターや、発電機の高回転化などにより、低中速域において、モーターへの余裕ある電力供給が可能となっています。また、高回転・高出力エンジンとE-Fourのコンビネーションによって、パワフルな加速・高度な走行性能を獲得しています。

THSⅡ

E-Fourは、ガソリン4WD車とは機構および性能が異なります。
路面の状況、勾配、車速等の走行環境によっては、ガソリン4WD車に比べ、十分な駆動力が得られない場合があります。

写真はハイブリッドシステムのイメージで、実際とは異なる場合があります。

2AZ-FXE for HYBRID
燃料消費率
JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)
17.0km/L*3*4
低排出ガス車 平成17年 排出ガス基準75%低減 国土交通大臣認定車
平成27年度 燃費基準+20%達成車
システム 最高出力:140kW[190PS]*5
 
2.4Lエンジン
最高出力:110kW[150PS]/6,000r.p.m.
最大トルク:190N・m[19.4kgf・m]/4,000r.p.m.
フロントモーター
最高出力:105kW[143PS]
最大トルク:270N・m[27.5kgf・m]
リヤモーター 最高出力:50kW[68PS] 最大トルク:130N・m[13.3kgf・m]
  • *1.THS:TOYOTA Hybrid System
  • *2.同排気量クラスでの比較。
  • *3.燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。
  • *4.国土交通省審査値。車両重量が2,110kg以上の場合、16.2km/Lとなります。
  • *5.エンジンとモーターにより、システムとして発揮できる出力。社内算定値。

シーンに合わせて選べるエコドライブ

低燃費とパワーをバランスさせた走りを実現する「通常走行モード」に加え、2つのモード走行を設定しています。
設定した各モードスイッチをもう一度押せば、「通常走行モード」に戻ります。

燃費をより向上させる「エコドライブモード」
アクセル操作に対する駆動力を穏やかにすると同時に、暖房・冷房の効き具合を抑えるなど、環境に配慮した運転をサポート。燃費のさらなる向上に貢献します。
エンジンを停止して走る「EVドライブモード」
スイッチを押すだけで、モーターのみの静かな走行が可能になります。エンジン音が気になる早朝や深夜、排出ガスを抑えたいガレージへの出し入れ時などに便利です。

ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。

走行できる距離・車速は、ハイブリッドバッテリー・システムの状況によって異なります。詳しくは販売店におたずねください。
シーンに合わせて選べるエコドライブ
ハイブリッドシステム動作モードイメージ
*7. ハイブリッドバッテリーの充電量が少なくなると、停車してもエンジンの運転は継続され、発電用モーターを駆動させてハイブリッドバッテリーを充電。もちろん、外部からの充電は一切必要ありません。
*8. 状況によりエンジンが作動している場合があります。
*9. ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。また、走行距離は、ハイブリッドバッテリーの状況によって異なります。詳しくは販売店におたずねください。

歩行者へ音で接近を伝える「車両接近通報装置」

発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音します。また発音は、一時停止スイッチ操作でオフ・オンが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。
歩行者へ音で接近を伝える「車両接近通報装置」

装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。

  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。