室内・インテリア

スペースのすみずみまで有効に活用した、広がり感のある室内空間。

キビキビ走れる、ゆったり過ごせる。

技ありのパッケージング

運転しやすいコンパクトボディと、ゆとりある室内空間を技ありのパッケージングで両立しました。
全高を低く抑えながら、室内高はしっかりと確保。細かな箇所まで工夫を凝らしてスペース効率を高めることで、後席の頭上やひざ周りにもゆとりを生んでいます。

技ありのパッケージング

ラゲージスペースがさらに広がる。

リヤシートアレンジ

可倒式リヤシートを前に倒せば、ラゲージスペースがさらに拡大。長さや幅のある物もラクに収まります。

  • 6:4分割可倒式リヤシート/両側倒し状態
    6:4分割可倒式リヤシート/両側倒し状態
  • 6:4分割可倒式リヤシート/片側倒し状態
    6:4分割可倒式リヤシート/片側倒し状態
  • 6:4分割可倒式リヤシート/両側倒し状態
  • 6:4分割可倒式リヤシート/片側倒し状態
  • X-URBAN・G“ブラックソフトレザーセレクション”・G・Sは6:4分割可倒式。
  • Lは一体可倒式。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • ゴルフバッグのサイズ・形状によっては収納できない場合があります。詳しくは販売店にてご確認ください。

ひとつ上の心地よさがある。

フロント&リヤシート

フロント&リヤシート

フロントには、従来のコンパクトクラスのシートよりも座面を長く、シートバックを高くしたゆったりサイズのシートを設定。ひとクラス上の座り心地です。リヤには、シートの座面を長くし、ゆとりある着座姿勢を保てるようにシートバックの角度を最適化したシートを設定。ゆったりくつろぐことができます

  • X-URBAN・G“ブラックソフトレザーセレクション”・G・Sのフロントヘッドレストは上下調整式。
  • Lのフロントヘッドレストはシートバック一体式。
フロント&リヤシート

奥行きたっぷり、開口幅も大きい。

ラゲージサイズ
ラゲージサイズ

広くて使いやすいラゲージ

ハイブリッドバッテリーをリヤシート下に配置したことで、ラゲージスペースにゆとりができました。奥行き、容量ともにクラストップレベル*1。荷物を出し入れする高さの開口幅を大きくするなど、使い勝手にも配慮しています。

*1.
同排気量クラスでの比較。
*2.
ラゲージ開口下端から高さ100mmの位置。
  • 単位:mm
  • すべての数値は社内測定値であり、シートの形状および測定箇所により異なります。
ラゲージサイズ
ラゲージサイズ
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています