室内・インテリア

クラストップレベルの荷室容量。ラゲージスペース

荷室容量は360L*2。荷室長、バックドア開口幅ともにゆとりあるサイズです。6:4分割可倒式リヤシートは、シート肩口のレバーを操作することでシートバックが前倒しとなり、さらにワイドなスペースが出現します。また通常のリヤシート状態で使用可能なパッケージトレイも備えており、荷室をすっぽりと覆い隠すことができます。


*1.
同排気量クラスでの比較。
*2.
VDA法による社内測定値。
  • パッケージトレイ
    パッケージトレイ
  • シートバック両側前倒し時
    シートバック両側前倒し時

フレキシブルに使えるフロア構造。

アジャスタブルデッキボード

アジャスタブルデッキボード

載せる荷物に応じて荷室床面の高さを2段階に調節できます。アジャスタブルデッキボードを上段にセットすると、下段のフロアボードとの間にスペースが生まれ、使用頻度の低い荷物の収納に便利。ボードは軽量で取り外しも簡単、付属フックでの固定も可能です。

[HYBRID“G Package”、HYBRID、120T“RS Package”、120T、RS、180S、150X“S Package”(2WD)に標準装備]

  • スペアタイヤをメーカーオプション選択した場合、アジャスタブルデッキボードは非装着となり、デッキボード(高床タイプ)が装着されます。
アジャスタブルデッキボード
  • アジャスタブルデッキボードを上段に設置した状態
    アジャスタブルデッキボードを上段に設置した状態
  • アジャスタブルデッキボード用フックを掛けた状態
    アジャスタブルデッキボード用フックを掛けた状態
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています