“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。
■写真はToyota Safety Sense Pのイメージです。
単眼カメラ
ミリ波レーダー
  • ①レーダークルーズコントロール車間距離切替スイッチ
  • ②レーダークルーズコントロールスイッチ
  • ③レーンディパーチャーアラートスイッチ
  • ④オートマチックハイビームスイッチ
衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。
プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。
■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。
車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。
レーンディパーチャーアラート*1(ステアリング制御付)
道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。
*1. 車線逸脱警報。
■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。
夜間の歩行者の早期発見に貢献。
オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切替、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切替忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。
先行車との車間距離を保って追従走行。
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。
■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。 ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。
シフト操作時の急発進を抑制し、被害を軽減。
ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促し、ハイブリッドシステム出力を抑えます。
車線変更時の後方確認をアシスト。
ブラインドスポットモニター〈BSM〉
隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。
[ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、インテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)は、T-Connect SDナビゲーションシステム装着車にセットでメーカーオプション]*1
*1. メーカーオプションのT-Connect SDナビゲーションシステム非装着車はブラインドスポットモニター単独での装着となります。
■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
後退時の死角を検知し、注意を喚起。
リヤクロストラフィックアラート〈RCTA〉
駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーおよびナビ画面の表示によりドライバーに注意を喚起します。
[ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、インテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)は、T-Connect SDナビゲーションシステム装着車にセットでメーカーオプション]
■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 ■ブラインドスポットモニターのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、リヤクロストラフィックアラートは必ずバックモニターと合わせてご使用ください。 ■写真は作動イメージです。 ■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。
フルLEDがもたらす良好な視界。
Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDデイライト
すべての光源をLED化したLEDヘッドランプ。1灯の光源でロービームとハイビーム切替が行えるBi-Beam(バイ-ビーム)LEDを採用し、前方を明るく照射しながら、省電力に寄与します。また、3層に連なった奥行き感のあるLEDクリアランスランプ(LEDデイライト)が、点灯時にクリスタルのような上質な輝きを放ち、昼夜問わず高い質感をアピールします。
■LEDデイライトはハイブリッドシステム起動後、パーキングブレーキを解除して、ランプスイッチをAUTOにすると自動で点灯します。LEDデイライトは夜間の使用を意図したものではありません。
後ろ姿を印象的に際立たせる。
LEDリヤコンビネーションランプ(テール・ストップ・バックアップ・ターン・サイドマーカーランプ)
すべての光源をLED化することで省電力に寄与。均一な光にこだわりながら、異なる光り方を組み合わせ、奥行き感と上質感を追求したライン発光部分が後ろ姿を個性的に演出します。
[G“レザーパッケージ”、Gに標準装備]
リヤコンビネーションランプ(LEDテール・ストップ・サイドマーカーランプ)
[Xに標準装備]
夜間や悪天候時の視界を確保。
LEDフロントフォグランプ
悪天候時にヘッドランプの明かりを補助。優れた安全性の確保に寄与します。
■写真はG“レザーパッケージ”。
悪天候時に、自車の存在をアピール。
LEDリヤフォグランプ(リヤコンビネーションランプ内蔵・右側のみ)
リヤコンビネーションランプに内蔵されるリヤフォグランプ。雨、雪、霧などの走行時に後続車からの被視認性を高めます。
[寒冷地仕様とセットでメーカーオプション]
■写真はG“レザーパッケージ”。 ■Xは装着位置が異なります。
坂道でもスムーズに発進。
ヒルスタートアシストコントロール
坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進をアシストします。
後続車のライトの眩しさを緩和します。
自動防眩インナーミラー
インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知。鏡面に当たる光の反射状態を自動で変化させ、ドライバーの視認性低下を緩和します。
滑りやすい路面等で走行安定性を確保。
S-VSC*1(ステアリング協調車両安定性制御システム)
電動パワーステアリングとVSC・ABS*2・TRC*3のブレーキ制御および駆動力制御機能を協調させ、車両の挙動が安定する方向に駆動力配分と操舵トルクをアシストするシステムです。さまざまな状況下で、優れた走行安定性・操縦性を確保します。
*1. S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control
*2. ABS:Antilock Brake System
*3. TRC:Traction Control
■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
急ブレーキの危険を後続車に知らせます。
緊急ブレーキシグナル
急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。
前席乗員の頭や胸の上体に作用する衝撃力を分散・緩和させるSRSエアバッグから、後席乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグまで、合計7つのエアバッグを設定しています。
*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
■SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。 ■すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。なお、SRSサイドエアバッグは、実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。 ■チャイルドシートなどを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
優れた衝突安全ボディ。
全方位コンパティビリティ*1ボディ構造
衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる、最新の衝突安全ボディ“GOA*2”。重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する、コンパティビリティの概念を採り入れています。また、超高張力鋼板(ホットスタンプ材等)を最適配置することで強固な骨格を実現し、優れた衝突安全性能を確保しています。
  • *1. 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全を図るという考え方。
  • *2. GOA[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]:Global Outstanding Assessment
歩行者の安全にも配慮。
歩行者傷害軽減ボディ
万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しています。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■グレードやオプション装着により設定が異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。