燃費・走行性能

センチュリーだからこそ体感できる、趣のある静かさと、味のある乗り心地。

フォーマルサルーンにふさわしい卓越の静粛性。ボディ剛性の強化/整流・振動対策

優れた静粛性を実現するためには、車から発生するノイズや振動を徹底して低く抑えることが重要です。そのために、センチュリーはボディ剛性をコンピュータ解析によって検証。アーク溶接を多用するなど、手間をかけた特別の工程を通してボディ各部の結合部、溶接箇所を入念に見直し、かつてないボディ剛性の高さを実現しています。さらに、吸・遮音材、制振材を惜しみなく配置するとともに、ボディの整流化も徹底して実施。また、エンジンの静粛性に関しては、運転時のエンジン各部の動きを100点以上のセンサーで測定。それをコンピュータ3次元画像に視覚化することで、振動要因を丹念に洗い出しました。

会話明瞭度に優れた室内空間を実現。

ノイズチューニング

どんなに遮音対策を施しても、車が走る以上まったく無音という状態はあり得ません。どうしても発生するノイズに対しては、それを人が不快感を覚えないような音色に調整することが求められます。センチュリーは、人が車内で耳障りと感じる低・中周波数(200~500Hz)のロードノイズを低減すると同時に、その音色にきめ細かいチューニングを施すことで、耳に優しい心地よい静けさを実現。さらに、車内での会話を想定して、話し言葉の聞き取りやすさを阻害するノイズを割り出し、母音に対して1~2kHz、子音で2~5kHzの各領域の騒音を低減。会話明瞭度に優れた室内空間を実現しました。

腰があり、味のある乗り心地を実現。

エアサスペンション
  • 写真は機能説明のため一部を切断したカットモデルです。

エアサスペンション

走っている車は、絶えず路面から様々な力を受けます。また、車自身の姿勢変化も複雑です。センチュリーは、非線形H∞(インフィニティ)制御理論に基づくセミアクティブ減衰力制御エアサスペンションを採用。路面の凹凸に対して自然で滑らかに振動を抑え、旋回時にも常に安定した車両姿勢を維持します。また、乗員数にかかわらず車高を一定に保つオートレベリング機能や、状況に応じてノーマルとハイが選べる車高モード、速度に応じて車高を下げる高速感応車高制御を設定。エアサスペンションならではの、しなやかでフラットな乗り心地に、より一層の磨きをかけました。ソフトなだけではなく、腰があり、味のある乗り心地、それがセンチュリーのめざす走りの世界です。

エアサスペンション
  • 写真は機能説明のため一部を切断したカットモデルです。

センチュリー伝統の快適な乗り心地を実現。

4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション

4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション

センチュリー伝統の足回りとして、大きな信頼を得ているこのサスペンション形式は、その名の通り2本のアームで車輪を懸架します。そのため、ショックアブソーバは車輪の位置決め機能から解放され、緩衝作用だけに専念できるという大きなメリットがあります。センチュリーは、その特性を最大限に活かすとともに、滑らかな走りを求めた、きめ細かなチューニングを施しています。

4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ