性能性能

  • エンジン&ハイブリッドエンジン&ハイブリッド
  • 走行性能走行性能
  • 運転アシスト運転アシスト
  • 安全性能安全性能
4つの先進機能で、毎日のドライブを多面的にサポート。4つの先進機能で、毎日のドライブを多面的にサポート。
Toyota Safety Sense PToyota Safety Sense P
クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。
衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献。衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献。
プリクラッシュセーフティシステムプリクラッシュセーフティシステム
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。
 ■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティ システムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。
車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。
レーンディパーチャーアラート*1レーンディパーチャーアラート*1
ステアリング制御機能付 | 道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。また、車両のふらつきを検知してブザーおよびディスプレイの表示により休憩を促します。 ■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
先行車を認識し、適切な車間距離を保って追従。先行車を認識し、適切な車間距離を 保って追従。
レーダークルーズコントロールレーダークルーズコントロール
ブレーキ制御付 | 高速道路などで、ミリ波レーダーセンサー*2からの情報によって、先行車を認識。設定車速内で適切な車間距離を保ちながら追従制御します。また、設定車速を保ち、定速走行するクルーズコントロールへの切替が可能です。①定速制御 希望の車速(約50km/h~100km/h)をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。②減速制御 自車線上に自車より遅い先行車を検知するとスロットルを閉じて減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。十分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。③追従制御 減速制御後は先行車の車速変化に合わせて、ドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし車速上限はセット車速まで)。④加速制御 先行車が車線変更などでいなくなった場合は、セット車速までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。  ■ITS Connectのメーカーオプション選択により、通信利用型レーダークルーズコントロールが利用できます。
夜間の歩行者の早期発見に寄与。夜間の歩行者の早期発見に貢献。
オートマチックハイビームオートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
アダプティブハイビームシステムアダプティブハイビームシステム
AHS*3 | インナーミラーに搭載した光検出用カメラで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、インテリジェントAFSの機能を利用して光軸の方向を最適に変えながら遮光シェードを制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。
安全性はもちろん、デザイン性も追求。安全性はもちろん、デザイン性も追求。
Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)&LEDデイライト&LEDクリアランスランプ&フロントフォグランプBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)&LEDデイライト&LEDクリアランスランプ&LEDフロントフォグランプ
1灯の光源でロービーム&ハイビームに切替可能なBi-Beam LEDヘッドランプを採用。クリアランスランプはインナーレンズの数を従来の1本から2本にし、さらにターンランプの下側まで発光部とすることで点灯時の存在感をアップさせました。また、デイライトとして昼間も点灯させることで被視認性を確保。車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保ち、先行車・対向車への眩惑防止に寄与するオートレベリング機能も搭載しています。
タイヤの切れ角、車速に応じてカーブの先を照射。タイヤの切れ角、車速に応じて カーブの先を照射。
インテリジェントAFSインテリジェントAFS
左:AFS非作動状態 右:AFS作動状態 | ヘッドランプコントロールシステム | 夜間のコーナリング時にタイヤの切れ角・車速に応じて、ロービームの照射軸を3秒後に車両が到達するポイントに自動的に向けることにより、優れた視認性を実現。コーナーや交差点の先にある情報や歩行者をいち早く認識できます。[アスリートG(2WD/4WD)、アスリートG-Tに標準装備]
見通しの悪い天候時に後方からの被視認性を向上。見通しの悪い天候時に 後方からの被視認性を向上。
リヤフォグランプリヤフォグランプ
左右 | バンパーロアガーニッシュ埋め込み型のリヤフォグランプ。雨、雪、霧などの走行時に後方車からの被視認性を高めます。[寒冷地仕様装着車にメーカーオプション]
急ブレーキを後続車に知らせて追突される可能性を低減。急ブレーキを後続車に 知らせて追突される可能性を低減。
緊急ブレーキシグナル緊急ブレーキシグナル
急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性を低減します。
発進時、障害物への衝突を緩和し被害軽減を図る。発進時、障害物への衝突を緩和し被害軽減を図る。
インテリジェントクリアランスソナーインテリジェントクリアランスソナー
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。[アスリートG(2WD/4WD)、アスリートG-T、アスリートS(2WD/4WD)、アスリートS-Tにメーカーオプション] ■発進時などで、アクセルONかつブレーキOFF状態でのみ作動します。■道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります、必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
*4*5
障害物の接近を検知し、ドライバーに注意を促す機能障害物の接近を検知し、ドライバーに 注意を促す機能。
クリアランスソナー&バックソナークリアランスソナー&バックソナー
超音波センサーを利用して、車両前方コーナー部や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と接近部位の位置を、メーター内のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイに表示し、同時にブザーでドライバーに注意を促します。 [アスリートG(2WD/4WD)、アスリートG-T、アスリートS(2WD/4WD)、アスリートS-Tにメーカーオプション] ■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります、必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。■写真は3.5Lガソリン車
歩行者に音で知らせる、細やかな配慮。歩行者に音で知らせる、 細やかな配慮。
車両接近通報装置車両接近通報装置
発進から車速約25km/hまでのEV走行(前進/後退時)中は自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチでON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。[ハイブリッド車に標準装備]
後席乗員のシートベルト着用を促す。後席乗員のシートベルト 着用を促す。
後席シートベルトリマインダー後席シートベルトリマインダー
警告灯と警告音で、後席乗員のシートベルト着用をドライバーに促します。警告灯は、オーバーヘッドコンソール部に配置しています。
便利な機能が、ドライバーをさりげなくアシスト。便利な機能が、ドライバーをさりげなくアシスト。
電動チルト&テレスコピックステアリング電動チルト&テレスコピックステアリング
オートチルトアウェイ&リターン機能付 | スイッチを押すだけで、ステアリングコラムが上下および前後に移動。最適なドライビングポジションを手軽に確保することができます。
オートワイパー(雨滴感応式)オートワイパー(雨滴感応式)
雨滴感応式 | センサーがガラス表面の雨滴量を検知し、最適な払拭間隔でワイパーが作動します。
自動防眩インナーミラー自動防眩インナーミラー
上:作動前 下:作動後 | インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知し、鏡面の反射状態を変化させドライバーの視認性を確保します。
[アスリートG(2WD/4WD)、アスリートG-T、アスリートS(2WD/4WD)、アスリートS-Tに標準装備]
不正なキーによる、エンジン始動、ハイブリッドシステム起動を防ぎ車内への侵入時にオートアラームを作動。 不正なキーによる、エンジン始動、ハイブリッドシステム起動を防ぎ車内への侵入時にオートアラームを作動。
盗難防止システム盗難防止システム
イモビライザーシステム+侵入センサー付オートアラーム | 車両と各キー間で、電子IDコードを照合。IDコードが一致しないと始動(起動)しないイモビライザーシステムを採用しています。
万一の車両盗難に備えた安心装備。万一の車両盗難に備えた 安心装備。
リモートセキュリティシステムリモートセキュリティシステム
リモートイモビライザー | 万一の車両盗難時には、お客様の要請によりオペレーターの遠隔操作でエンジン/ハイブリッドシステムの再始動やステアリングロック解除の禁止措置を行います。[T-Connect専用DCM装着車] ■ご利用にはT-Connectの契約が必要となります。詳しくは販売店におたずねください。
ITS専用周波数で通信し、安全運転を支援する新サービス。ITS専用周波数で通信し、安全運転を支援する新サービス。
ITS*4 ConnectITS*6 Connect
クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するシステムです。[全車にメーカーオプション]
1. SRSエアバッグ(運転席・助手席) 2. SRSニーエアバッグ(運転席)SRSエアバッグおよびSRSニーエアバッグは、前席乗員に重大な危害が及ぶような強い衝撃を車両前方から受けたときに作動し、シートベルトが身体を拘束する働きと合わせて、乗員の頭や胸の上体、膝などの下肢に作用する衝撃力を分散・緩和させ、衝撃を軽減します。 3. SRSサイドエアバッグ(前席) 4. SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)車両側方からの衝突により強い衝撃を受けた場合、SRSサイドエアバッグは、乗員の胸部への衝撃を緩和。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラー、ルーフサイド部、リヤピラーに格納されたエアバッグが、乗員頭部の側面を覆うように広がり、頭部への衝撃を緩和します。
 ■SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。 ■すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。 ■写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。 ■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。 ■チャイルドシートなどを助手席に装着する時は、後ろ向きにしない、前席にはクラウン専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
フード後方を持ち上げて歩行者への衝撃を緩和する。フード後方を持ち上げて 歩行者への衝撃を緩和する。
ポップアップフードポップアップフード
歩行者との万一の衝突時、フード後方を瞬時に持ち上げフード下の空間を広げることで、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。 [ハイブリッド車、2.0Lターボガソリン車に標準装備] ■衝突の条件によっては作動しない場合があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
剛性・形状・特性などの最適化で頸部への衝撃を緩和。剛性・形状・特性などの最適化で 頸部への衝撃を緩和。
むち打ち傷害軽減フロントシートむち打ち傷害軽減フロントシート
WIL*8コンセプトシート | シート骨格の剛性向上、シート形状・特性などの最適化により、後面衝突事故時に背中をシートに深く沈み込ませることによって頭と背中を同時に支え、頸部への衝撃を緩和。むち打ち傷害軽減を図っています。むち打ち障害軽減フロントシート後方から衝突された際に、背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頭部への衝撃を緩和します。
歩行者にも配慮した衝撃吸収設計。歩行者にも配慮した衝撃吸収設計。
歩行者傷害軽減ボディ歩行者傷害軽減ボディ
万一の対人事故の場合、衝突部位の大半がボディ前面を占めることから、エンジンフード、フェンダー、カウル部等に、歩行者の頭部などへの衝撃緩和に配慮した衝撃吸収構造を採用しています。 | 歩行者障害軽減ボディ 1. 衝撃吸収カウル構造 2. 衝撃吸収フェンダーブラケット構造 3. 衝撃吸収フード構造/ポップアップフード 4. 衝撃吸収バンパー構造
小型車両への衝突ダメージ軽減にも配慮。小型車両への衝突ダメージ 軽減にも配慮。
全方位コンパティビリティボディ構造全方位コンパティビリティボディ構造
衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”*9は、車重や車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する全方位コンパティビリティ*10の概念を取り入れ進化しています。前面・側面・後面からの衝突に対し、同排気量クラストップレベルの衝突安全性を追求。クラウンより車重の軽いクルマとの衝突においても、相手車両のダメージを軽減するための配慮をボディ細部に施しています。
万一の衝突の際に、乗員や歩行者の被害を低減させる高い保護性能。万一の衝突の際に、乗員や歩行者の 被害を低減させる高い保護性能。
JNCAP 新・安全性能総合評価「JNCAP大賞*8」「ファイブスター賞」受賞 JNCAP 新・安全性能総合評価「JNCAP大賞*11」「ファイブスター賞」受賞
 ■自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。 ■新・安全性能総合評価:2011年度から導入された、衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。
*1. 車線逸脱警報。 *2. プリクラッシュセーフティシステムに搭載される装備です。 *3. AHS:Adaptive High-beam System *4.動画は機能説明のためのイメージです。 *5.撮影車両はクラウン“ロイヤル”およびクラウン“アスリート”を使用しています。 *6.ITS:Intelligent Transport Systems *7.SRS:Supplemental Restraint System[乗員保護補助装置] *8.WIL:Whiplash Injury Lessening[頸部傷害軽減] *9.GOA:Global Outstanding Assessment[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価] *10.軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。 *11.新・安全性能総合評価において、過去最高得点の車に与えられる賞。クラウンは2013年度に過去最高得点を獲得し、「JNCAP大賞」を受賞。2016年8月現在も「JNCAP大賞」を維持。 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
諸元表 主要装備一覧 取扱説明書(ハイブリッド車) 取扱説明書(ガソリン車) ナビゲーション説明書 環境仕様
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。