安全装備

先進の安全装備Toyota Safety Sense Pを全車に標準装備。

まなざしを、一歩先の安全性に向けて。Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)
プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、アダプティブハイビームシステム、レーダークルーズコントロール
単眼カメラ、ミリ波レーダー

クルマや歩行者などを認識し、前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

“Toyota Safety Sense P”は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。

単眼カメラ、ミリ波レーダー

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。

プリクラッシュセーフティシステム(作動イメージ)

プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 数値は社内測定値。
プリクラッシュセーフティシステム(作動イメージ)

車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。

レーンディパーチャーアラート(作動イメージ)、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ表示(太線:車線検知、点滅:警告+ブザー音)

レーンディパーチャーアラート*1(ステアリング制御機能付)

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。また、車両のふらつきを検知してブザーおよびディスプレイの表示により休憩を促します。

*1.
車線逸脱警報。
  • 本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
レーンディパーチャーアラート(作動イメージ)、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ表示(太線:車線検知、点滅:警告+ブザー音)

夜間の歩行者の早期発見に貢献。

遮光イメージ図、光源ランプの前に設置した可動式のシェード(遮蔽板)によって配光パターンを制御します。

アダプティブハイビームシステム(AHS*2

前方車両に光が当たる部分だけを自動的に遮光し、ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高め、夜間の優れた視認性を確保する先進のシステム。インナーミラーに搭載した光検出用カメラで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、インテリジェントAFS*3の機能を利用して光軸の方向を最適に変えながら遮光シェードを制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。遮光範囲は検知した車両の走行に合わせて自動調整されるため、検知車両のドライバーに眩惑を与えることはありません。

*2.
AHS:Adaptive Hi-beam System
*3.
AFS:Adaptive Front-Lighting System
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
遮光イメージ図、光源ランプの前に設置した可動式のシェード(遮蔽板)によって配光パターンを制御します。

先行車を認識し、設定車速内で適切な車間距離を保って追従。

レーダークルーズコントロール(作動イメージ)

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

高速道路などで、ミリ波レーダーセンサー*4からの情報によって先行車を認識。設定車速内で適切な車間距離を保ちながら追従制御します。また、設定車速を保ち、定速走行するクルーズコントロールへの切替が可能です。

  1. 定速制御

    希望の車速(約50km/h~100km/h)をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。

  2. 減速制御

    自車線上に自車より遅い先行車を検知するとスロットルを閉じて減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。十分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。

  3. 追従制御

    減速制御後は先行車の車速変化に合わせて、ドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし車速上限はセット車速まで)。

  4. 加速制御

    先行車が車線変更などでいなくなった場合は、セット車速までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。

*4.
プリクラッシュセーフティシステムに搭載される装備です。
  • ITS Connectのメーカーオプション選択により、通信利用型レーダークルーズコントロールが利用できます。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • 車間距離制御には限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
レーダークルーズコントロール(作動イメージ)

進化した4つの衝突回避支援機能

JNCAP*5予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV++」を獲得。

2016予防安全性能 ASV++ JNCAP
*5.
自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
2016予防安全性能 ASV++ JNCAP
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ