安全装備

あらゆる分野で高い安全水準を誇る日本。クルマに関しても、妥協は許されません。

全ての乗員を覆うように広がり衝撃を緩和。SRS*1エアバッグシステム
  1. SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  2. SRSニーエアバッグ(運転席)

    SRSエアバッグおよびSRSニーエアバッグは、前席乗員に重大な危害が及ぶような強い衝撃を車両前方から受けた時に作動し、シートベルトが身体を拘束する働きと合わせて、乗員の頭や胸の上体、膝などの下肢に作用する衝撃力を分散・緩和させ、衝撃を軽減します。

  3. SRSサイドエアバッグ(前席)/SRSサイドエアバッグ(後左右席)★A
  4. SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

    車両側方からの衝突により強い衝撃を受けた場合、SRSサイドエアバッグは、乗員の胸部への衝撃を緩和。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラー、ルーフサイド部、リヤピラーに格納されたエアバッグが、乗員頭部の側面を覆うように広がり、頭部への衝撃を緩和します。

[全車標準装備]

  • SRSサイドエアバッグ(後左右席)はロイヤルサルーンG(2WD/4WD)に標準装備、ロイヤルサルーン(2WD/4WD)にメーカーパッケージオプション(リヤコンフォートパッケージ)
*1.
SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)
  • SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
  • 写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
  • チャイルドシートなどを助手席に装着する時は、後ろ向きにしない、前席にはクラウン専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

万一の衝突の際に、乗員や歩行者の被害を低減させる高い保護性能。

JNCAP 新・安全性能総合評価「JNCAP大賞」「ファイブスター賞」受賞

JNCAP 新・安全性能総合評価「JNCAP大賞*2」「ファイブスター賞」受賞

*2.
新・安全性能総合評価において、過去最高得点の車に与えられる賞。クラウンは2013年度に過去最高得点を獲得し、「JNCAP大賞」を受賞。2016年8月現在も「JNCAP大賞」を維持。
  • 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
  • 新・安全性能総合評価:2011年度から導入された、衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。
JNCAP 新・安全性能総合評価「JNCAP大賞」「ファイブスター賞」受賞

小型車両への衝突ダメージ軽減にも配慮。

全方位コンパティビリティボディ構造

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”*3は、車重や車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する全方位コンパティビリティ*4の概念を取り入れ進化しています。前面・側面・後面からの衝突に対し、同排気量クラストップレベルの衝突安全性を追求。クラウンより車重の軽いクルマとの衝突においても、相手車両のダメージを軽減するための配慮をボディ細部に施しています。

*3.
GOA:Global Outstanding Assessment[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]
*4.
軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。

剛性・形状・特性などの最適化で頸部への衝撃を緩和。

むち打ち傷害軽減フロントシート(後方から衝突された際に、背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頭部への衝撃を緩和します。)

むち打ち傷害軽減フロントシート(WIL*5コンセプトシート)

シート骨格の剛性向上、シート形状・特性などの最適化により、後面衝突事故時に背中をシートに深く沈み込ませることによって頭と背中を同時に支え、頸部への衝撃を緩和。むち打ち傷害軽減を図っています。

*5.
WIL:Whiplash Injury Lessening[頸部傷害軽減]
むち打ち傷害軽減フロントシート(後方から衝突された際に、背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頭部への衝撃を緩和します。)

歩行者にも配慮した衝撃吸収設計。

歩行者傷害軽減ボディ((1)衝撃吸収カウル構造 (2)衝撃吸収フェンダーブラケット構造 (3)衝撃吸収フード構造/ポップアップフード (4)衝撃吸収バンパー構造)

歩行者傷害軽減ボディ

万一の対人事故の場合、衝突部位の大半がボディ前面を占めることから、エンジンフード、フェンダー、カウル部等に、歩行者の頭部などへの衝撃緩和に配慮した衝撃吸収構造を採用しています。

歩行者傷害軽減ボディ((1)衝撃吸収カウル構造 (2)衝撃吸収フェンダーブラケット構造 (3)衝撃吸収フード構造/ポップアップフード (4)衝撃吸収バンパー構造)

万一の衝突時、歩行者の頭部への衝撃を緩和。

ポップアップフード

ポップアップフード

歩行者との万一の衝突時、フード後方を瞬時に持ち上げフード下の空間を広げることで、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。

[ハイブリッド車に標準装備]

  • 衝突の条件によっては作動しない場合があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
ポップアップフード
【クラウン】機能紹介/ポップアップフード【技術】
  • 動画は機能説明のためのイメージです。
  • 撮影車両はクラウン“ロイヤル”およびクラウン“アスリート”を使用しています。
  • 撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
  • ★Aの装備は、「リヤコンフォートパッケージ」に含まれる装備です。パッケージオプションについて詳しくはこちらをご覧ください。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ