燃費・走行性能

高次元のクリーン性能と低燃費を実現する、テクノロジーの融合。

独創のクリーンディーゼル、さらなる進化へ。ディーゼルDPRシステム

最新テクノロジーの投入でディーゼルDPRシステムを進化させ、ポスト新長期排出ガス規制をクリア。排出ガスのクリーン化とともに、燃費改善にも貢献しています。また、ススの堆積状況がひと目で確認できるなど、触媒の自動クリーニング機能の信頼性向上も図りました。

新触媒採用や燃料の最適噴射でNOx*1の低減を強化。

高性能触媒DPR

燃料添加弁により排出ガスに燃料(軽油)を最適噴射し、NOxを低減する新触媒を採用。さらに、後段には、新酸化触媒を追加。DPR触媒によるPM*2(スス)捕集とともに、排出ガスクリーン化への性能向上を図りました。また、PM(スス)の溜まったDPR触媒は、運転状況によっては、自動的に燃焼させクリーニング。燃焼処理中の排気温度を高めるなど、自動クリーニングの信頼性向上も図っています。マルチインフォメーションモニターには、ススの堆積量がひと目で分かる「スス堆積量計」も設定しました。

排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用) 運転状況によっては触媒の自動クリーニングが行われても、インジケーターランプが点滅する場合があります。その際は、車両を停止して運転席手元の排出ガス浄化スイッチを押してください。ランプが点灯し、手動クリーニングが完了後消灯します。なお、インジケーター点灯時にスイッチを押さない場合は、一定距離走行後に警告ブザーでお知らせします。
*1.
NOx:Nitrogen Oxide(窒素酸化物)
*2.
PM:Particulate Matter(粒子状物質)

いっそうの高圧噴射化で、燃焼効率がさらにアップ。

コモンレール式燃料噴射システム

インジェクターの手前にコモンレール(蓄圧室)を設け、燃料を高圧噴射して微粒化。空気との混合促進によって燃焼効率を高める機構。燃料噴射の高圧化によって、燃焼効率のさらなる向上を図りました。また、噴射回数、噴射時期、噴射量も最適に制御。排出ガス低減はもちろん、燃費や低速トルクの向上も実現しています。

大幅な低エミッションへ、高性能化を実施。

クールEGR*3(排出ガス再循環)システム

排出される前のガスの温度を冷却して吸気に混合。燃焼室内に循環させることにより燃焼温度を下げ、NOxの排出を抑えるシステム。EGRバルブの変更や大容量角形EGRクーラーの採用をはじめとした性能強化によって、NOx低減を大幅に達成しました。

*3.
EGR:Exhaust Gas Recirculation

よりきめ細かく、より的確にクリーン&低燃費を制御。

エンジン協調制御コンピューター

各種センサーからの情報を、それぞれのシステムに的確にフィードバック。よりきめ細かに、かつ総合的にコントロールすることで、PM、NOxの低減を図っています。また、低燃費の達成によりCO2削減にも寄与。

綿密な電子制御で燃焼効率の向上を実現。

電子制御可変ノズル式ターボチャージャー

ターボのノズル開度をエンジン回転数や負荷に応じて、きめ細かく電子制御。吸入空気量とEGR率を最適化することで燃焼効率がさらに向上しました。排出ガス中のPMやNOxを低減するとともに、低燃費を実現しています。

  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ