安全装備

ローカルサブナビゲーション

「人」に近いテクノロジーだからこそ、革新はとまらない。

プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)作動イメージ

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動。先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

[PREMIUM“Advanced Package”に標準装備/PREMIUM、ELEGANCE、GRANDにメーカーオプション]

  • 本システムは自車速度および相対速度15km/h以上で作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)作動イメージ
ハリアー プリクラッシュセーフティシステム
  • 動画は機能説明のためのイメージです。撮影車両はハリアーを使用しています。
  • 撮影車両は、燃費ステッカーなどが販売車両とは異なる場合があります。

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、最高ランクの「ASV+」を獲得。*3

JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの「ASV+」を獲得。
*1.
自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2.
JNCAPにおいて2014年度より新たに導入され、2014年度は衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>と、車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>を合わせて車両の予防安全性を「ASV+」と「ASV」の2段階で評価。
*3.
プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート 装着車
JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの「ASV+」を獲得。

車線逸脱による事故を未然に防ぐために。

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)[LDA]

レーンディパーチャーアラート*4(ステアリング制御付)[LDA]

道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示により注意を喚起。同時に電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱回避をしやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

[PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMに標準装備]

*4.
車線逸脱警報
  • 本システムは幅約3m以上の車線を自車速度50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)[LDA]

ペダルの踏み間違いなどで起こる衝突を緩和。

発進時、アクセルONの状態で障害物に接近した場合

インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を新たに追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

[PREMIUM“Advanced Package”に標準装備/PREMIUM、ELEGANCE、GRANDにメーカーオプション]

  • 発進時などで、アクセルONかつブレーキOFF状態でのみ作動します。
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
発進時、アクセルONの状態で障害物に接近した場合
ハリアー インテリジェントクリアランスソナー
  • 動画は機能説明のためのイメージです。撮影車両はハリアーを使用しています。
  • 撮影車両は、燃費ステッカーなどが販売車両とは異なる場合があります。

駐車スペースでの接触を回避。

クリアランスソナー&バックソナー

超音波センサーを利用して、車両前方や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と接近部位の位置を、メーター内のTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイに表示し、同時にブザーでドライバーに注意を促します。

[ELEGANCE、GRANDにメーカーオプション]

  • ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。

急発進・急加速を抑制し、被害を軽減します。

エンジン出力制御+ドライバーへ警告を表示

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進の抑制や衝突時の被害軽減に寄与するシステム。例えば、後退時に衝突し慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えて急発進・急加速を抑制します。

[全車標準装備]

エンジン出力制御+ドライバーへ警告を表示
ハリアー ドライブスタートコントロール
  • 動画は機能説明のためのイメージです。撮影車両はハリアーを使用しています。
  • 撮影車両は、燃費ステッカーなどが販売車両とは異なる場合があります。

歩行者の早期発見に貢献。

オートマチックハイビーム[AHB]

夜間走行時に、室内カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームで走行可能と判断した場合はロービームをハイビームに自動で切り替え、ドライバーの前方視界確保をアシストします。先行車や対向車のランプ、街路灯などを検出すると自動でロービームに戻り、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさも軽減します。またスイッチ操作でオフにすることも可能です。

[PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMに標準装備]

  • 時速30km以上で作動します。
  • ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

適切な車間距離を保ち快適クルーズ。

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

ミリ波レーダーセンサー*5からの情報によって、先行車を認識。設定車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行できます。

[PREMIUM“Advanced Package”に標準装備/PREMIUM、ELEGANCE、GRANDにメーカーオプション]

  1. 定速制御

    希望の車速(約50km/h~100km/h)をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。

  2. 減速制御

    自車線上に自車より遅い先行車を検知するとスロットルを閉じて減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。充分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。

  3. 追従制御

    減速制御後は先行車の車速変化に合わせて、ドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし車速上限はセット車速まで)。

  4. 加速制御

    先行車が車線変更などでいなくなった場合は、セット車速までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。

*5.
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)に搭載される装備です。
  • 車間距離制御には限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
  • 道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

坂道発進の不安を解消します。

ヒルスタートアシストコントロール

ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。

[全車標準装備]

ヒルスタートアシストコントロール

燃費向上に貢献する明るいランプです。

ヘッドランプ(LEDロービーム・オートレベリング機能付&LEDクリアランスランプ)&LEDフロントフォグランプ

ヘッドランプ(LEDロービーム・オートレベリング機能付&LEDクリアランスランプ)&LEDフロントフォグランプ

ロービームと、3本のライン状に発光するクリアランスランプに、消費電力の少ないLEDを使用したヘッドランプを採用。オートレベリング機能により、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保ち、先行車・対向車への眩惑防止にも配慮。また、フロントフォグランプにもLEDを採用し省電力に寄与しています。

[全車標準装備]

ヘッドランプ(LEDロービーム・オートレベリング機能付&LEDクリアランスランプ)&LEDフロントフォグランプ

悪天候時に、自車の存在をアピール。

LEDリヤフォグランプ

LEDリヤフォグランプ

3灯のLEDをリヤフォグランプに採用することで、スリムなデザインとクリアレンズ化を実現。リヤバンパーとの一体感と先進性を高めました。

[全車メーカーオプション]

  • 寒冷地仕様とセットでメーカーオプション。
LEDリヤフォグランプ

明るいランプで後続車にアピール。

LEDハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプ(LEDテールランプ&ストップランプ)

LEDハイマウントストップランプ

輝度が高く、点灯応答速度の速いLEDハイマウントストップランプをリヤルーフスポイラーに組み込みました。

リヤコンビネーションランプ(LEDテールランプ&ストップランプ)

テールランプとストップランプにもLEDを採用。横に長く延びるランプの上端線と動きのある下端線を結び、ループ状にデザインしたテールランプは、車両の内側へ向かうにつれて暗くなっていくよう光り方にグラデーションをつけ、「わび・さび」を表現しています。

[全車標準装備]

LEDハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプ(LEDテールランプ&ストップランプ)

車外の安全確認に寄与します。

補助確認装置使用イメージ

サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(レインクリアリングミラー・オート格納機能付)*6&補助確認装置*7

鏡面サイズを拡大し、後方の視認性を向上。右左折時の被視認性が高いLED式サイドターンランプと、雨天時に効果を発揮するレインクリアリング機能も備えています。さらにパノラミックビューモニター非装着車には、補助確認装置を助手席側ドアミラー下部に設置。駐停車時などにおける車両左側の確認に役立ちます。

*6.
[全車標準装備]
*7.
[PREMIUM、ELEGANCE、GRANDに標準装備]
  • グレードにより「足元照明」「ヒーター付レインクリアリングミラー」「カメラ(左右)」が追加されます。
補助確認装置使用イメージ

後続車のライトの眩しさを緩和します。

自動防眩インナーミラー

自動防眩インナーミラー

インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知し、鏡面の反射状態を変化させドライバーの視認性低下を緩和します。

[PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMに標準装備]

自動防眩インナーミラー

前方の視界を、いっそうクリアに。

雨滴感応式フロントワイパー

雨滴感応式フロントワイパー

センサーがガラス表面の雨滴量を検知し、最適な払拭間隔でワイパーが作動します。

[PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMに標準装備]

雨滴感応式フロントワイパー

歩行者にクルマの接近を知らせます。

車両接近通報装置

車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチでON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。

[ハイブリッド車専用装備]

車両接近通報装置
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ