DISCOVER CROWN SPIRIT PROJECT岡山トヨタ

PROJECT

トヨタのものづくりを知ってもらいたい

レストアするクラウンを動かしナンバーを取得して公道を走らせることが、日頃お客様の車を整備・修理するエンジニアの使命だと強い気持ちでレストアに挑戦している。初代クラウンを直していると「なんでこんなに調子が良くなるんだろう」「なぜ直ぐ悪くなるんだろう」って「なぜ、なぜ」を繰り返すことで原理・メカニズムが分かって来る。すると「こうすればもっと良くなるだろう」と欲が出て、出来る最高のものにしようとチャレンジを繰り返す。クラウンにかけるトヨタのものづくりも同じようにどんどん発展させている。それは初代クラウンや新型クラウンを見れば随所に窺える。

チームワークがレストアを支える

当時のエアコンは後付けでDENSO製だった事もあり、デンソーさんに協力をお願いしてレストアメンバーに加わって頂き進めている。出来る限りオリジナルに近いもので直したいと本社も巻き込んで進めて頂いたことで直る目途がたった。完全なレストアは岡山トヨタだけでは出来ない箇所がある。今回のレストアの様に、部品メーカーさんとチームを組んだことで、一緒になって何かを成し遂げるチームワークの大切さを改めて学べた事は大きな成果だ。

エンジニアのプライド

エンジンはかかるがトヨグライドは1速しか入らない・・・。原因はオイルシールだと考え、クラウンは輸出していたこともあり、海外から部品を調達し交換。しかし交換した途端、クラッチが滑って走ることさえ出来なくなってしまった。クラッチが滑る原因をさらに追究し、改めて海外から部品を調達するも似たような部品しか手に入らない。部品を工夫し組み付けテストを繰り返しながら、何とかトヨグライドを修復することが出来た。動かすという使命感で諦めず挑戦し続ければ必ず結果が見えてくる。挑戦から生まれたノウハウは岡山トヨタの技術財産になると思う。

多くの人を惹き付けるクラウンのブランド力

レストアで徐々に蘇っていくクラウンの姿を見ていると愛着が湧いて来る。今はまだレストアの道半ばではあるが、そんな魅力あるクラウンを多くの人に見てもらいたいという思いから、クラシックカーのラリーに参戦。約50Kmに及ぶ道程を完走し、さらにコンクール・デレガンス1位という輝かしい賞をいただいた。美しいフォルム深みのある塗装、観音開きやオートマチック時代の到来を予測して開発された日本初のオートマチックトランスミッション・トヨグライドなど60年近く時代が経っても色あせない魅力が、多くの人を惹き付けたのだと、改めてクラウンと言うブランド力の高さを感じた。

レストアレポート一覧へ