室内・インテリア

くつろぎの空間にご案内。 ゆとりの開口高1,300mm、スムーズに乗降可能な広い開口幅720mm、乗り降りしやすいフロア高320mm

移動にくつろぎをもたらす。

広々とした客室空間

ゆとりのヘッドクリアランスと前後席間距離の確保により、広々とした室内空間を実現。横移動しやすいフラットなシートクッション形状を採用。ショルダー部を室内幅いっぱいに拡げ、広々としたくつろぎを演出。

  • 写真は和(標準グレード)。
  • A 室内高 1,370mm、B 後席ヘッドクリアランス 230mm、C 前後席間距離 1,065mm
  • 広々とした客室空間

簡単操作で広々スペースを生み出す。

助手席タンブル

助手席タンブル

助手席はコンパクトに折りたため、後席との間にゆとりのスペースを確保できます。

助手席タンブル

大きな荷物を持つお客様も安心。

大容量ラゲージ

大容量ラゲージ

スーツケースは2個、ゴルフバッグは4個*1を収納できる大容量の収納スペース。荷室容量401L(VDA法)。後ずさり量560mm(スーツケース約1個分)で開閉が可能。

*1.
スーツケースのサイズは77サイズ(839mm×603mm×295mm)の場合。ゴルフバッグのサイズは9.5インチの場合。スーツケースおよびゴルフバッグのサイズや形状によっては収納できない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
  • 荷室容量はVDA法による社内測定値。
  • 写真のラゲージマット(バンパーガード付)は販売店装着オプション。
  • 写真は和(標準グレード)。
大容量ラゲージ
大容量ラゲージ

車いすのまま乗車が可能。

ユニバーサルデザインタクシー認定要領*2に適合する車いす用スロープを設定。 フラットな姿勢で乗車可能。[参考]乗車モデルの身長は168cm。

車両側面から乗車できるため、乗車時に車道に出る必要がなく安心。

*2.
傾斜角14°以下、乗降幅700mm以上など。
ユニバーサルデザインタクシー認定要領*2に適合する車いす用スロープを設定。 フラットな姿勢で乗車可能。[参考]乗車モデルの身長は168cm。

車いすの乗車スペースを確保。

助手席タンブル&後席クッションチップアップ

助手席タンブル&後席クッションチップアップ

助手席を折りたたみ、後席をチップアップすれば車いすのまま乗車できるスペースが生まれます。

  • 操作手順につきましては、取扱説明書または販売店にご確認ください。
助手席タンブル&後席クッションチップアップ

乗降時の安全性に配慮。

ドアオープンランプ

ドアオープンランプ

ランプで後方にドア開き状態をお知らせ。

  • 写真は和(標準グレード)。
ドアオープンランプ

スイッチ操作時のみドアが開閉。

助手席側パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み検知機能付/コントロールスイッチ付)

助手席側パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み検知機能付/コントロールスイッチ付)

安全性に配慮し、操作中のみドアが開閉(スイッチを引くとドアが開き、押すと閉まります。手を離すとドア開閉停止)。

  • 挟まれる物の形状や挟まれ方によっては、挟み込みを検知できない場合があります。開閉時は十分注意してください。
  • 写真は和(標準グレード)。
助手席側パワースライドドア(イージークローザー・挟み込み検知機能付/コントロールスイッチ付)

手動での開閉が可能。

スイング式リヤドア

スイング式リヤドア

運転席側のリヤドアにはスイング式を採用(窓は開かないようになっています)。

  • 写真は和(標準グレード)。
スイング式リヤドア

お客様と乗務員のニーズを満たす。

室内エリア最適化

室内エリア最適化

それぞれの役割に最適な空間設計を目指し、運転席エリアと客室エリアを明確に区別。

  • 写真は和(標準グレード)。
室内エリア最適化
  • 運転席エリア
    ブラックでまとめられた“プロの仕事場”。
  • 客室エリア
    落ち着きと親しみやすさが感じられる“おもてなし空間”。
気配りに満ちた後席。

見やすい色で乗り降りをアシスト。

アシストグリップ

アシストグリップ

色弱の方に配慮し、乗る際にはっきりと見えるイエローカラーのアシストアイテムを採用。乗車中に主張しすぎないよう色の位置も考慮しました。

  • 写真は助手席側。
アシストグリップ

小さなお子様も安心。

チャイルドグリップ

チャイルドグリップ

小さなお子様の乗り降りも安全に。(後席左側のみ)

チャイルドグリップ

安全を明かりでサポート。

リヤシートベルト(LED照明付)

リヤシートベルト(LED照明付)

夜間でもバックルの位置がひと目でわかります。

  • LED照明は左右席のみの設定となります。
リヤシートベルト(LED照明付)

ベルトの引き出しを簡単に。

ベルトリーチャー

ベルトリーチャー

手が届きやすくベルトを簡単に引き出せます。

ベルトリーチャー

いつでも静かな車内。

後席静粛性

後席静粛性

重点的に後席まわりの吸・遮音特性を向上。さらに匠(上級グレード)では、リヤドアに遮音性ガラスを採用するなど、優れた静粛性を実現しています。

  • 写真は匠(上級グレード)。
後席静粛性

移動にさらなるくつろぎを。

後席乗り心地

新開発のリヤサスペンションやボディ振動特性を細部にわたり調整。また、リヤシートのクッションの厚みを確保し、ゆったりくつろげるソフトな乗り心地と身体のゆすられ感の低減を実現しています。

移動時間を有効活用できる工夫。

リヤ読書灯

リヤ読書灯

夜間に手帳を確認したいといったニーズに対応。ON/OFFは読書灯前方のスイッチで操作できます。なお、リヤルームランプ(ドア連動)は後席から操作ができないよう配慮されています(運転席からON/OFFが可能)。

  • 写真は匠(上級グレード)。
リヤ読書灯

スマホなどの充電に便利。

充電用USB端子

充電用USB端子

スマホやタブレットなどの充電に使用可能なUSB充電端子を2つ備えています(運転席側のシートバックアシストボードに設定)。

充電用USB端子

女性もうれしい機能を採用。

ナノイー

ナノイー

エアコンをつけると、運転席および助手席のエアコン吹き出し口から、弱酸性の「ナノイー」*3を自動的に放出します。

*3.
ナノイー(nanoe)=nano-technology+electric 最先端のテクノロジーから生まれた“水につつまれている電気を帯びたイオン”のこと。
  • 「nanoe」、「ナノイー」および「nanoe」マークは、パナソニック株式会社の商標です。
  • 使用環境によっては「ナノイー」の効果が十分に得られない場合があります。
  • 写真は匠(上級グレード)。
ナノイー

寒い季節も温かく。

リヤシートヒーター

リヤシートヒーター

リヤ左右席背面と座面に面状ヒーターを設定。お客様ご自身でスイッチのON/OFFが可能です。

[匠(上級グレード)に標準装備]

  • メインスイッチ(センターコンソール部)がONの場合のみ作動します。
リヤシートヒーター

日差しからお肌を守る。

スーパーUVカット・IRカット機能付ガラス(フロントドア)、スーパーUVカット・IRカット機能付プライバシーガラス(リヤドア)

スーパーUVカット・IRカット機能付プライバシーガラス(リヤドア)

リヤドアには、紫外線を約99%カット*4し、赤外線もカットするプライバシーガラスを設定。また、フロントドアガラスにもスーパーUVカット・IRカット機能を採用しました。

*4.
トヨタ自動車(株)調べ。
スーパーUVカット・IRカット機能付ガラス(フロントドア)、スーパーUVカット・IRカット機能付プライバシーガラス(リヤドア)

後席の温度をより快適に。

天井サーキュレーター

天井サーキュレーター

天井内にサーキュレーターを設定。後席の吹き出し口からエアコンの冷風を効率よく届けます。お客様がご自身で風量を調節できるレバーも後席天井部に設定しました。

[匠(上級グレード)に標準装備]

  • メインスイッチ(センターコンソール部)がONの場合のみ作動します。
天井サーキュレーター

見晴らしのいい空間を演出。

後席前方視界

後席前方視界

後席からの前方視界確保のため、助手席に鞍型(格納式)のヘッドレストを採用しています。

後席前方視界

ムードも便利さも高める。

リヤ足元イルミネーション

リヤ足元イルミネーション

左右のリヤドアトリム部にフロアを適度な明るさで照らし、落ち着いた雰囲気を演出するLED照明を設定。夜間、足元に小物を落とした際などに、簡単に見つけ出せる照度を確保しています。

リヤ足元イルミネーション
運転しやすい空間。

ドライバー目線でわかりやすく整理されたレイアウト。

ドライバー目線でわかりやすく整理されたレイアウト。

機器類を手の届く範囲に配慮しレイアウト。それぞれの用途に合わせたグルーピングで、よりスマートな接客を可能にしています。

  1. ドライバー・お客様のための機器スペース

  2. ドライバーのための機器スペース

  3. クレジット・決済機器スペース

  4. 便利な収納スペース

  5. 押しやすいスイッチレイアウト

ドライバー目線でわかりやすく整理されたレイアウト。

収納スペース不足を解消。

機器スペース

機器スペース

ステアリング前収納スペースにタクシー機器を収納できます。

機器スペース

私物もすっきりと収納。

運転席ドアポケット(ボトルホルダー付)

運転席ドアポケット(ボトルホルダー付)

500mlのペットボトルと日報帳などA4サイズのバインダーを同時に収納できます。

運転席ドアポケット(ボトルホルダー付)

押しやすい位置に集約。

スイッチレイアウト

スイッチレイアウト

ハザードスイッチは押しやすいステアリング右側に設定。使用頻度の高いスイッチはシフト横に集約しています。

  1. 日報灯スイッチ

  2. ルームランプスイッチ

  3. VSC OFFスイッチ

  4. EVドライブモードスイッチ

  5. 車両接近通報一時停止スイッチ

  • 写真は匠(上級グレード)。
スイッチレイアウト

お客様から見えにくい位置に収納できる。

コンソールサイド収納

コンソールサイド収納

料金バッグを収納すれば、乗客から見えにくく防犯にも寄与。消臭スプレー、決済端末なども収納可能。内側にはアクセサリーソケット(DC12V・120W)*5を設定。

*5.
120W以下の電気製品をご使用ください。ただし、120W以下の電気製品でも正常に作動しない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。
コンソールサイド収納

運転に集中できるメーター配置。

運転に集中できるメーター配置。

走行中の視線移動を少なくするため、メーターをステアリングのすぐ上に配置しています。

運転に集中できるメーター配置。

一瞬で車速が分かる。

デジタルスピードメーター

デジタルスピードメーター

見やすさに配慮したフォントを使用した、大型のデジタルメーター。数字表示が大きく一瞬で車速を読み取れます。

デジタルスピードメーター

情報を読み取りやすく表示。

マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)

マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFT*6カラー)

さまざまな車両情報やエコ運転をサポートする情報を表示。メンテナンス日を設定することでエンジンスイッチON時にお知らせ表示を行う機能も搭載しています。

*6.
TFT[薄膜トランジスタ]:Thin Film Transistor
マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)

空調の状態をひと目で確認可能。

ヒーターコントロールパネル

ヒーターコントロールパネル

インパネ右側に配置。温度設定、吹き出し口、風量の状態などを液晶表示ディスプレイに表示。

ヒーターコントロールパネル

乗務員も快適に。

サイドレジスター

サイドレジスター

乗務員の快適性に配慮しステアリングに隠れない位置に配置。ノブの回転による風量調節も可能(インパネ右側のみ)。

  • 写真は匠(上級グレード)。
サイドレジスター

後席のさらなる快適性をサポート。

センターレジスター

センターレジスター

後席の空調専用とし、防犯ボードをつけた場合も配慮して風向を固定。

センターレジスター

前方も後方も視界を広げる工夫。

フロント/クォーターピラー

フロント/クォーターピラー

フロントピラーは視界をさえぎらず、さらにクォーターピラーは後方視界に配慮した位置・形状にしています。

  • 写真は和(標準グレード)。
フロント/クォーターピラー

素早く側方を確認できる。

電動リモコンフェンダーミラー

電動リモコンフェンダーミラー

少ない視線移動で側方を確認できます。

  • 写真は和(標準グレード)。
電動リモコンフェンダーミラー

後方視界を妨げない配置。

リヤワイパー

リヤワイパー

上方に配置し、後方視界に配慮しました。

リヤワイパー
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 写真はスペース説明のためのものであり、通常状態以外のシートアレンジをすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • 走行時には後方視界確保、荷物の転倒防止にご留意ください。
  • 数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。
  • 写真は販売店装着オプションのT-Connectナビ装着状態イメージです。詳しくは販売店におたずねください。
  • 表示される画面は、グレードやオプション装着により異なります。
  • 写真のルーフ部の前後のタクシー標示灯は参考例(各社ごとに表記・形状が異なります)です。
  • 写真のタクシー機器は参考例です。