安全装備

絶大な信頼感が、安心の走りに直結します。

10個のエアバッグが衝突時の被害を軽減。

SRS*1エアバッグおよびSRSニーエアバッグは、前席乗員に重大な危害が及ぶような強い衝撃を車両前方から受けたときに作動し、シートベルトが身体を拘束する働きと合わせて、乗員の頭や胸の上体、膝などの下肢に作用する衝撃力を分散・緩和させ、衝撃を軽減します。SRSサイドエアバッグは、車両側方からの衝突により強い衝撃を受けた場合、乗員の胸部への衝撃を緩和。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラー、ルーフサイドレール部に格納されたエアバッグが、乗員頭部の側面を覆うように広がり、頭部への衝撃を緩和します。また、ドライバーの意思によって車両を大きく傾けて走行するときに作動の有無を選択できるRSCA*2OFFスイッチを設定しています。

  1. デュアルステージSRSエアバッグ
  2. SRSニーエアバッグ
  3. SRSサイドエアバッグ
  4. SRSカーテンシールドエアバッグ
*1.
SRS(乗員保護補助装置):Supplemental Restraint System
*2.
RSCA(ロールオーバー対応カーテンシールドエアバッグ):Roll Sensing Curtain shield Airbag
  • チャイルドシートなどを助手席に装着するときは、後ろ向きにしないでください。また、前席にはランドクルーザー専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • SRSエアバッグは、シートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • デュアルステージSRSエアバッグ、SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。
  • SRSカーテンシールドエアバッグは、車両が大きく傾いた場合、車両が横滑りし縁石等に衝突して強い衝撃があった場合、作動することがあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、実際の側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
  • SRSカーテンシールドエアバッグは、車両の「横転、転覆」時には両側とも膨らみます。
  • 写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

すべての席で安心を確保。

全席ELR付3点式シートベルト&ヘッドレスト

全席ELR付3点式シートベルト&ヘッドレスト

全席ELR付3点式シートベルト&ヘッドレスト

万一の衝突時も、客室空間を確保。

衝突安全性

万一の衝突の際には、乗員の客室空間を確保するために、客室の変形を極力抑えるとともにフレームのオフセット量を低減し、衝突時の衝撃を効率よく吸収する構造としました。軽度の衝撃にはサスペンション取り付け部から前方が折りたたまれるように潰れ、吸収しきれない衝撃力が加わったときはキャビンより前方が折りたたまれるように潰れるクラッシャブル構造を採用。キャビン接続部のフレーム変形を極力抑えています。

歩行者の安全にも配慮したボディ。

歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造

歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造

ボディ前面(フード・フェンダー・カウル部など)に衝撃吸収構造を採用。万一の際、歩行者の頭部などへの衝撃を緩和します。

歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造

むち打ち傷害の軽減に寄与。

アクティブヘッドレスト作動イメージ

アクティブヘッドレスト(運転席・助手席)

後方から衝突された際に頸部への衝撃を緩和します。衝突により乗員の腰がシートバックを押すことで作動し、ヘッドレストが斜め上方へ移動。乗員の頭部を素早く受け止めます。

[除くGX]

  • アクティブヘッドレストは衝突の条件によっては、作動しない場合があります。
アクティブヘッドレスト作動イメージ

お子様とのドライブに確かな安心。

汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー+トップテザーアンカー付(セカンドシート左右席)

ISOFIX対応*3の固定専用バーに加え、チャイルドシートの背もたれ上部を固定するトップテザーアンカーも標準装備しました。

*3.
国際標準化機構(ISO)規格のチャイルドシート固定方式。
  • 汎用ISOFIX対応チャイルドシート(新保安基準適合)のみ装着可能です。ご使用に関しては、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。また、汎用ISOFIX対応の認可を受けていないチャイルドシートはシートベルトでの装着となります。詳しくは販売店におたずねください。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ