母への恩返し 「Colors. of family」 - 自転車ロードレース元五輪代表・宮澤崇史 編 -

公開日 2016.6.13

Summary

母親に肝臓の一部を提供する、という選手生命の危機を乗り越え、見事第一線に復帰。2010年には悲願の日本一に輝くなど、華々しい記録を残したロードレーサー・宮澤崇史。今回は、そんな彼が人生で最も「恩返し」したい相手とサプライズドライブする。

画像: 宮澤崇史

宮澤崇史元・自転車プロロードレーサー

1978年長野県生まれ。高校卒業後、イタリアへ留学し本場のロードレースを体験する。帰国後は、日本舗道(現NIPPO)やブリヂストンのプロチームに加入。2010年には、全日本チャンピオン、アジア大会では銀メダルを獲得し、華々しい成績を残す。2014年にジャパンカップサイクルロードレースの試合を最後に引退。現在は、サイクルロードチーム「レモネード・ベルマーレ」の監督に就任し、後進の育成に努めている。

詳しく見る
Read More

pick up

画像: シエンタ

(撮影車両)■車名:シエンタ HYBRID X ■ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉 ※オプション装着車

画像: 宮澤崇史

ドアもワンタッチで開くから乗り降りがし易いですね。ご年配の方だけでは無く、小さなお子さん連れの方にも嬉しいですよね。

*
シエンタ
詳しくはこちら
画像: シエンタ
画像: 宮澤崇史

クルマへの乗り降りをサポートしてくれるものや、車内で快適に過ごせるシートがあって母も快適なドライブを楽しめたみたいで、よかったです!

*
フレンドリー用品 
詳しくはこちら