セダンタイプの死角 プリウスで徹底検証 セダンタイプの死角 プリウスで徹底検証

プリウスは、メーターパネルが低く設定され前方死角が少なくなる様に考慮されています。ですが、一般的にセダンタイプの様にフロントのボンネットの長さが短くて、高さが低い。そしてドライバーの目線が低いクルマは前方の視界そして、後方の視界は遠くが確認しづらいということが言えます。しかし、前方や側方は死角が少なくなる傾向があるので、近くにいる子供や小さな障害物を確認しやすいというメリットがあります。

カラーコーンで徹底検証

死角の位置や距離を、カラーコーンを配置して検証しました。青は前方、黄色はピラー、緑は側方、赤は後方です。全てのコーンが死角にあることが360°のドライバー目線で確認できます。

※カラーコーンは高さ70cmのものを使用しております

ドライバーの目線

身長170cmの運転者が、監修者の指示のもと正しい姿勢で座った際の視界。運転席の座面から750mmの位置(座位の眼高位置※)から撮影しています。
※目線の高さは人によってバラつきがあります。予めご了承ください。

クルマの死角となる「ピラー」とは

ピラーとは天井を支えているクルマの支柱の事です。
クルマの形によって本数が異なります。
Aピラーはフロントガラスの両端にある柱です。
Bピラーはフロントシートとリヤシートの間にある柱です。
Cピラーはリヤシートの後方にある柱です。
上記のピラーの位置を踏まえて、死角検証をご覧ください。

前方死角

前方視界はクルマがスタートする時に最も注意が必要です。ボンネットの長さが短く、高さも低いため、コーンは近くまで確認することができます。Aピラーは非常に傾斜しているため、ピラーの死角も少なくなりますし、両サイドに設置された三角窓が死角を減少させるのに非常に効果的です。

  • フロントバンパーから底辺が
    3m50cmの三角形の範囲が死角になりました。
  • 前方にある青いコーンなどは3m50cmまで
    死角になるため確認できません。
  • クルマを2mバックさせた位置で青いコーンを確認できました。

側方死角

側方視界は運転席側のBピラーそして助手席側のB・Cピラーが死角となります。サイドミラーで調整しても見えない部分が発生し、車線変更や左折時の巻き込みに注意が必要です。プリウスは車高が低く、さらにガラスのショルダーラインが低いため、側方も近くまで確認できます。

  • Bピラーの延長線上にある緑のコーンは
    7m55cmまで死角となり確認できませんでした。
  • 助手席側のBピラーと窓のショルダーラインによって
    緑のコーンは確認できません。
  • 頭を動かしたり視線を変えることで、
    側方にある緑のコーンが確認できます。

後方死角

後方視界はバックで駐車する際に最も注意しなければなりません。後方視界の死角を作るモノはリヤシートやピラーなどです。プリウスはリヤガラスが斜めになっているため、後方視界が悪そうに感じますが、全然そんなことはありません。そしてリヤガラスは分割され低い位置にもあるため、非常に後方視界は良好です。

  • リヤバンパーからコーンの先端まで
    5m60cmが死角になりました。
  • 2m前進した7m60cmの位置で死角により
    確認できなかった赤いコーンが見えました。

ピラーによる死角

両サイドのAピラー、運転席側のBピラー、そして助手席側のCピラーがドライバーの死角を形成することになります。中でもAピラーの死角はハンドルを切るとそれに併せて変化すること、そしてその死角ははるか遠くまであることがわかってもらえるでしょうか。プリウスはAピラーの形状や三角窓の設置によって死角をできるだけ抑えています。

  • ピラーの延長線上にある黄色のコーンは
    いずれも遠くまで死角になります。
  • ピラーの延長線上にある黄色いコーンは
    遠くまで確認することはできません。
  • 視線を動かすことで、ピラーによる死角は
    解消され黄色のコーンが確認できます。

サイドミラーの死角

ドライバーの目線が低く、窓の見切り線の低いプリウスであってもボディのすぐそばに置かれたコーンはサイドミラーでも死角となって見ることができません。左折時の巻き込み防止のために目視による確認の必要性がわかります。

  • ボディ側の低い位置にはサイドミラーにも映らず、
    目視もできない死角があります。
  • クルマを2m前進させるとサイドミラーで
    緑のコーンを確認できました。

検証で使用したクルマはこちら

5つのタイプ別に死角を徹底検証

5つのボディタイプの
死角を徹底比較

死角の
注意点と解決策

トヨタの技術で
死角を解決