トヨタの安全装備がサポート! プロに聞いた、運転中に注意すべき危険なシーンとは。 トヨタの安全装備がサポート! プロに聞いた、運転中に注意すべき危険なシーンとは。

交通事故の現状

光田 敬輔さん
ADVISER ADVISER

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 光田 敬輔さん すべてのお客さまに
「迅速」「優しい」「頼れる」事故対応サービスをモットーに、
主に自動車事故の解決交渉と保険金のお支払に携わる。

クルマはとても便利かつ快適な乗り物です。しかし、クルマを運転する上で、交通事故は最も気をつけなければいけません。契約台数における事故件数の割合は約12%で、平均すると契約をしている方たちが事故に遭われる確率は9〜10年に一度となっています。この確率を多いか少ないかと捉えるのは個人の考えによっても異なりますが、クルマを運転している方は少なからず、交通事故に遭う可能性を持っています。

渡辺忠司さん
ADVISER ADVISER

ドライビングインストラクター 渡辺忠司さん 国内外の新型車評価ドライバーやテストドライバーを務める。
エコ運転、安全運転、スポーツドライビングスクール等のプランナー/インストラクター。
現在もスーパー耐久レースシリーズ戦にレギュラードライバーとして参戦中!

本来、交通事故は起きてはならないものですが、人間である以上、注意をしきれないこともあるので、その部分をカバーしてくれる機能がクルマに備わっていれば、もっと交通事故を減らすことができるでしょう。
それでは、万が一の時に役立つクルマの機能を見ていきましょう。

他の事に気を取られ車線逸脱

何かに気を取られたり、ながら運転で車線を逸脱してしまうケースがあります。

Accident Case
子供に気を取られているうちに隣の車線に入ってしまう。
エアコンやオーディオ機器の操作をしていたら、車線をはみ出して追い越し車線を走るクルマにぶつかりそうに。
「ながら運転」をしていて気を取られ、車線を跨いでしまう。
詳しく見る

アクセルの踏みすぎ、踏み間違いで衝突!

アクセルやブレーキの操作ミスで、前方や後方の車両に衝突してしまうケースがあります。

Accident Case
ショッピングモールの駐車場で後ろのクルマにぶつかってしまった。
ブレーキとアクセルを踏み間違えてお店に突っ込みそうに。
詳しく見る

夜間、安全な視界を確保できず衝突!

シニア世代のドライバーたちは若いドライバーよりも前方が見づらく、対向車や駐車車両に衝突してしまうケースがあります。

Accident Case
夜間、前が見づらくて対向車や停車中の車にぶつかりそうに。
詳しく見る

高速域運転の際、脇見運転で前方のクルマに衝突!

初心者ドライバーは景色などに意識を取られ、脇見運転で前方のクルマに追突してしまうケースがあります。

Accident Case
景色に気を取られ脇見をしてしまい、
前に停車していた車両に追突してしまう。
詳しく見る

長時間の運転の疲れから追突!

長時間の運転の疲れから、前のクルマに追突してしまうケースがあります。

Accident Case
長時間の運転でウトウトしてしまい
前のクルマにぶつかってしまう。
詳しく見る

TOYOTAの安全技術 TSS(トヨタ セーフティ センス)

交通事故死傷者ゼロという究極の願いに向けて、トヨタは、様々な事故に備える衝突回避支援パッケージを開発しました。実際に起こった交通事故を分析し、事故が起こりやすい高速度域や夜間、車線逸脱といった様々なシーンをカバーするための機能をパッケージ化しました。万が一の時でも事故を回避または被害軽減できるよう、ドライバーをサポートします。

TSS(トヨタ セーフティ センス)をもっと詳しく見る