• トップ
  • タイプ1:ママの声 ママに大人気 スライドドア
「荷物と赤ちゃんで両手がふさがっていても
電動スライドドアがお助け!」
Yさん
家族(子ども)構成:長女(4歳)次女(1歳)

もうすぐ1歳になる赤ちゃんがいるので、家族で出かけたり、買い物をするのにも一苦労なんです。
電動スライドドアの利点は、子どもの手を離さなくても乗れますし、荷物で手がふさがっていても大丈夫なことですね。
  • 1
    荷物や赤ちゃんを抱えたまま電動でスライドドアを開けることができる
    ママはとにかく大荷物!赤ちゃんの抱っこと荷物で両手がふさがっているなんて事も‥。
    そんな時、いちいち荷物をおろさず、赤ちゃんを抱えたままサッと乗れる電動スライドドアは、ママのストレスを軽減してくれる存在です。
    ここがポイント!
    エスクァイアなら、スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけでドアを解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを施錠します。エンジン始動(ハイブリッドシステム起動)もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけで簡単に行えます。
  • 2
    赤ちゃんを抱っこしたまま車内に乗れて、チャイルドシートにも乗せやすい
    せっかく寝てくれていた赤ちゃんも、ドアを閉める音で起きてしまった。なんて経験ありませんか?
    電動スライドドアなら閉めるとき「バタン!」という音がしないので起こさずにすみますし、そっとチャイルドシートに乗せてしまえばママも楽ちん♪ 小さな赤ちゃんがいるご家庭にこそオススメかも?
  • 3
    ベビーカーを折りたたまずにそのまま後部座席にしまうことができる
    ママにとってベビーカーの積み降ろしは、大変な作業の一つ。でも、この車ならベビーカーを折りたたまず、そのまま後部座席に乗せる事が出来るのでとっても楽ちんです。雨の日など、赤ちゃんを濡らさず車内に乗せることができて、子どももママもストレスが減りました。
「狭い駐車場やガレージでも安心」
Kさん
家族(子ども)構成:長女(11歳)次女(8歳)長男(4歳)

一般的なスイングドアで、特に困るのは狭い駐車場などに停める際の乗り降りです。隣のクルマにぶつけてしまうのが恐くてドアを開けず、子どもと荷物で手がふさがっているときにとても不便でした。
電動スライドドアは、子どものいるママにとっては便利なだけでなく、安心できるものでもあります。
  • 1
    狭い駐車場でも乗り降り楽ちん
    狭い駐車場で、隣のクルマと近くなっても、乗り降りしやすいのがスライドドアのメリット。荷物が多くても、クルマの反対側へ回りこむ必要もなく、そのまま乗れるから楽ちんです。
  • 2
    自宅ガレージでもスライドドアなら子どもや荷物の積み下ろしがしやすい
    家の前に車を停めても、子どもを抱えながら荷物を運ぶのは大仕事。
    「子供から目を離すのは危険だし、どうにかならないの?」と悩んでいたママも、電動スライドドアならドアが大きく開くので、子供を抱えながらの荷物運びもすごく楽になるんです!
  • 3
    開口部が広く低床だから乗り降り楽ちん
    小さな子どもでも乗り降りしやすい低床構造。
    手をつなぎながら一緒に乗り込めるくらい、ドアが広いのは親子にぴったり。最近は、ママが手伝ってあげなくても「先に乗って待ってるね」と、自分で乗れるようになりました!
    子どもが降りるときも安心の構造です。
  • 4
    チャイルドグリップで乗り降りはつかまりながら
    小さい子供だと、まだ歩くのが不安です。本当にフラっと転ぶんですよ。そんな時、ついててよかったと思えるのがこの、チャイルドグリップ。成長が早い子どものためにきちんと大きく作られていて、身長に関係なくつかみやすく設計されているので、子どもの体をしっかり支えてくれます。
    不安定な子どもが乗るクルマにこそ、必要なアイテムではないでしょうか?
  • 5
    挟み込み防止機能で子どもが指を挟む心配を軽減
    はじめの頃はスライドドアって子供が手を挟んでしまわないか不安でした。子どもがゆっくり降りている時にドアが迫って来たらどうしよう、などと考えていたのですが「挟み込み防止機能」なんてあるんですね。驚きでした!
    子供が指を挟む心配を軽減してくれる優しい機能ですね。子どもも「優しい車だね」って喜んでました。
    ※挟まれる物の形状や挟まれ方によっては挟み込みを検知できない場合があります。開閉時は十分にご注意ください。
    ここがポイント!
    イージークローザー機能により、半ドア状態からでもしっかり閉まります。
    「ちゃんとドアを閉めてくれたかな」というママの心配もありません。
今回撮影で使用したクルマはこちら
Read More