衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献。
プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。
■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値。
車線逸脱の可能性をドライバーにお知らせ。
レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
レーンディパーチャーアラート*1は、道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせ。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。また、車両のふらつきを検知してブザーおよびディスプレイの表示により休憩を促します。
*1. 車線逸脱警報。
■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■写真の画面表示は、機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。
先行車を認識し、適切な車間距離を保って追従。
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)
高速道路などで、ミリ波レーダーセンサーと単眼カメラからの情報によって先行車を認識。設定車速内で適切な車間距離を保ちながら追従制御します。また、設定車速を保ち、定速走行するクルーズコントロールへの切り替えが可能です。
【1】定速制御: 希望の車速をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。
【2】減速制御: 自車線上に自車より遅い先行車を検知するとスロットルを閉じて減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。十分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。
【3】追従制御: 減速制御後は先行車の車速変化に合わせて、ドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし車速上限はセット車速まで)。
【4】加速制御: 先行車が車線変更などでいなくなった場合は、セット車速までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。
■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。 ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
夜間の歩行者の早期発見に貢献。
オートマチックハイビーム
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
突然の悪天候でも安心。
LEDフロントフォグランプ
霧の発生などの悪天候時にヘッドランプの明かりを補助。視界確保に役立ちます。
[350RDS、250RDS、250S、250S Four、250G、250G Fourに標準装備。250G“ Fパッ
ケージ”、250G Four“ Fパッケージ”にメーカーオプション]
太陽光に近い色と強い光量で夜を照らす。
バイキセノン式ディスチャージヘッドランプ&LEDクリアランスランプ
ハイ・ロービームを1つのバルブで切り替え、前方を明るく照射します。キセノンガスを充填したバルブに高圧電流を放電し発光。夜間の走行状況に合わせて、ドライバーの視界を確保します。
[250G、250G Four、250G“ Fパッケージ”、250G Four“ Fパッケージ”に標準装備]
駐車時の接触や衝突の回避に貢献。
クリアランスソナー&バックソナー
超音波センサーを利用して車両前方コーナー部や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と位置をマルチインフォメーションディスプレイに表示し、同時にブザーでドライバーに知らせます。
■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
[250G“ Fパッケージ”、250G Four“ Fパッケージ”を除く全車にメーカーオプション]
小型車両への衝突ダメージ軽減にも配慮。
全方位コンパティビリティボディ構造
衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”*1は、重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティ*2の概念を取り入れ進化しています。マークXよりも重い2トンクラスの車両との衝突を想定した前面・側面・後面からの衝突実験を実施。同排気量クラストップレベルの衝突安全性能を追求しています。
*1. GOA:Global Outstanding Assessment(クラス世界トップレベルを追求している安全性評価)*2. 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全を図るという考え方。
歩行者の安全に配慮した衝撃吸収設計。
歩行者傷害軽減ボディ
A:衝撃吸収カウル構造
B:衝撃吸収フェンダーブラケット構造
C:衝撃吸収フード構造
D:衝撃吸収バンパー構造

万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃緩和に配慮した衝撃吸収構造をエンジンフード、フェンダー、バンパーなどに採用しています。
前面衝突時に、シートベルトによる胸部への衝撃も緩和。
プリテンショナー&フォースリミッター機構付ELR*1シートベルト
前席のシートベルトには、前面衝突時に乗員の拘束性能を高めるプリテンショナー機構とシートベルトによる胸部への衝撃を緩和するフォースリミッター機構を採用しています。
*1. ELR:Emergency Locking Retractor
■プリテンショナー機構は、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
シートバック内蔵の機構が作動して、むち打ち傷害を軽減。
アクティブヘッドレスト(前席)
万一、後方から追突された際、乗員の腰がシートバックを押すことで内蔵された機構が作動し、ヘッドレストが上方および前方へ移動。乗員の頭部と背中を確実かつ素早く受け止め、頸部に加わる衝撃を緩和します。
(1)腰がシートバックに沈み込む。
(2)ロアユニットを押す。
(3)ケーブルが引っ張られる。
(4)アッパーユニットにより前・上に移動する。
■環境対応車 普及促進税制及びリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。