本コンテンツは Internet Explorer 7以下には非対応です。
ブラウザのバージョンをアップデートしてご覧ください。

本コンテンツは
iOS7以降、Andorid 2.4以降で
お楽しみいただけます。

はじまりに

2014年12月15日。
トヨタは世界で初めて、
水素で動く燃料電池自動車MIRAIの
一般発売をスタートしました。
環境問題や資源の枯渇など、人類の課題を解決する
夢のエネルギーと言われてきた水素。
何十年もかけて普及のための開発に取り組んできた
トヨタにとって、とても誇らしく、嬉しかった日です。
しかし、限られた販売台数でお客様をお待たせしている中、
生産体制もまだまだ充実させなければいけません。
そして、水素社会としての基盤を整え、
理想的に循環させるためには、
今まで以上に社会全体の協力が不可欠になってきます。
この夢はトヨタだけで叶えられるものではなく、
みんなの願いがひとつになって初めて、実現できるもの。
そう決意を新たにしたわたしたちは、
水素社会の意義について語り合い、
考えを深め、そして広めるための場を
つくることにしました。

そしてここではもうひとつ、
伝えたい大切なことがあります。
それは、希望というチカラについてです。
たとえ先が見えなくても、
前に踏み出したいと思った、あの熱い気持ち。
長年の開発を支えてきた、あの熱い気持ち。
そう、未来への希望を持ち続けたからこそ、
わたしたちは前に進み、新しい可能性を手に入れました。
希望こそが、エネルギーなのです。
それは、水素のように、目に見えないけど、
水素のように、世界中にあって。
水素のように、尽きることがない。
そんな、あなたの中にも、
わたしの中にもある無尽蔵なエネルギーを見つけて、
育てていく場をトヨタはつくりたい、と思いました。
ひとりひとりの希望が化学反応を起こして、
新しい未来を生み出してくれたら、最高です。
未来へ進むエネルギーを育てる。 H2OPE スタート

edit: Arina Tsukada

takram design engineeringの空想プロダクトtakram design engineeringの空想プロダクト

ディレクション:緒方壽人(takram tokyo)
デザイン:牛込陽介(takram london)

ようこそ、パラレル水素ワールドへ。

水素は、わたしたちが電気をつくって・ためて・はこんで・つかうときの容れ物になってくれる気体として注目されています。その役割は、これまでいろいろな種類の電池が担ってきました。そして今後、いくつかの電池は水素に取って代わられるかもしれません。
ではここでもし、電気をためる方法が水素だけだったとしたらこの社会はどんなふうになっていたのかを空想してみましょう。
電池ではなく、水素玉で電気をためる世界。
わたしたちの今までの歴史では実現しなかった仮想現実を設定してみることで、まだ見ぬ水素社会の可能性が見えてくるかもしれません。
パラレル水素ワールドからのプロダクト、みなさんも一緒に考えてみませんか?

プロダクト#1「水素玉」
HYDROGEN BALL HB-XXXシリーズ

透明なエネルギーをたたえる透明な球体― 。

「水素玉HBシリーズ」は、このパラレルワールドでもっとも普及した水素のかたちだ。
いまや携帯用の電化製品のほとんどは、卵ほどの大きさをしたこの水素玉がひとつ入るスロットを搭載している。さらに最近では世界最深のマリアナ海溝の水圧と同じ、1000気圧もの圧力で水素を封入した超肉厚水素玉もある。

街中では、若者のスマートフォンから伸びるチューブの先に何個も水素玉がぶらさがっているのを見かけることも少なくない。一度使い切った水素玉への再充填も、各家庭に設置する透明な水素タンク「HTシリーズ」の普及によって簡単にできるようになった。ちなみに、水素の開放や封入にはラムネ瓶を参考にした機構が採用されている。

ほとんどすべての部品が透明な素材でできたHB・HT両シリーズは、人々のエネルギーへの意識を大きく変えた。無色無臭なエネルギー媒体である水素。
この存在をイメージすることが難しい気体のもつエネルギー量を、「透明の厚さ」として可視化することに成功したのだ。ここで、水素玉の中を覗いてみよう。透明な玉の向こうにあるものが歪んで見える。その歪みの度合いが、水素玉に込められたエネルギーの大きさを表している。
水素玉の容器が厚ければ厚いほど、より高い圧力に耐えることができ、たくさんの水素を封入できるからだ。

水素玉をかざして片目をつぶる―。

そのエネルギーは、世界の見え方をどれだけ変えてくれるだろうか?

takram design engineering
タクラム・デザイン・エンジニアリング

東京とロンドンを拠点に、多領域のメンバーが集い、独自の進化を続けるクリエイティブ・イノベーション・ファーム。デザインとエンジニアの視点を行き来し、100年後の水筒から未来のクルマ、和菓子、建築空間まで幅広いアイデアを繰り広げる。2015年からは、東芝の水素エネルギー研究開発センターのアートディレクションおよび展示コンテンツ制作を担当。

おすすめ記事
未来のひと皿 dish-1 未来の卵かけご飯は、卵のかたち? 料理 山田チカラ / 写真 鈴木陽介わたしは水素 第一回「ハッピーバースデイ」 まんが ひらのりょう