旧型PASSOとの比較

デザインを一新。選べる2つのスタイルが誕生しました。

シンプルでカワイイ、気の利いたデザインを取り込んだスタイルのPASSOに加え、
より感性を重視して自分らしさを表現したい、というお客様に向け、
スマートかつ上質でカッコイイ、PASSO“MODA”*1を設定しました。
こだわりをもって磨き上げた、2つのスタイルをすみずみまでご覧ください。

Older Newer
*1.
PASSOはパッソ“X”シリーズ、PASSO“MODA”はパッソ“MODA”シリーズを指します。
2トーンカラーも充実した全19パターンのボディカラー

遊び心を刺激するボディカラー全19パターン。
日常の中の爽やかな瞬間を表現する明るいカラーから、
豊かな瞬間を表現する深みのあるカラーまで幅広いラインアップをご用意しました。
PASSO“MODA”には、ブラックルーフ×ボディのコーディネイトで、
個性さらに際立つ全7パターンの2トーンカラーを設定。
フォルムを引き締めるブラックルーフがプレミアムな装いを演出します。

Older15COLOR Newer19COLOR
衝突回避支援システム(スマートアシスト2)をトヨタ初設定。コンパクトカーだからこそ、安全性能にこだわりました。

運転中の「ヒヤッ」に備えて、先進のアシスト機能を搭載。
交差点や渋滞時、駐車場からの発進時など、市街地を中心とするさまざまシーンで安全運転をサポートします。

スマートアシスト2の5つの機能 ①衝突回避支援ブレーキ機能*3 ②衝突警報機能(対車両・対歩行者) ③車線逸脱警報機能 ④誤発進抑制制御機能 ⑤先行車発進お知らせ機能
*2.
緊急ブレーキの対象は車両のみとなります。
ガソリンエンジン登録車No.1*4の低燃費を実現しました。

エンジン各部の徹底的な見直しにより、走行性能と燃費性能をさらにアップ。
アイドリングストップ機能も全車標準装備し、4WD車も低燃費を実現しました。
ストレスのない気持ちいい走りを体感してください。

Older Newer 燃費比較 ■他社にも同スペックの車があります。 ■燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
*3.
2016年4月現在。ガソリンエンジン登録車(除くマイルドハイブリッド車・ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車)。トヨタ自動車(株)調べ。
*4.
1.0L 1KR-FE VVT-iエンジン(2WD)の場合(除く1.0X“V package”)
*5.
1.0L 1KR-FE VVT-iエンジン(2WD)の場合
*6.
1.0L 1KR-FE VVT-iエンジン(4WD)の場合
  • 他社にも同スペックの車があります。
  • 燃料消費率はグレード・駆動方式・車両重量などにより異なります。
  • 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
「トヨタ最小5人乗り」のボディサイズを守りながら、空間の広さをいちだんと向上させました。

ボディサイズは同じながら、従来より145mmも広い室内長を実現。
前後のシート間隔が広いので、後席に座っても、膝まわりに十分なゆとりがあります。
その広さはコンパクトカーの中でトップクラス*7
乗り降りや座席の横移動もラクに行えます。

Older Newer サイズ比較
*7.
2016年4月現在。同排気量クラスでの比較。トヨタ自動車(株)調べ。
軽量高剛性ボディ、最適チューニングを施した足回りによって、走行時のふらつきが少ないフラットな乗り心地を実現

補強部材の配置、形状、板厚を最適化した骨格構造によって剛性を高めることで、優れた乗り心地と操縦安定性を実現しました。
また、サスペンションの特性見直しや剛性アップなど、ムダなステアリング操作が少なく、運転時のストレスを軽減する安心のチューニングを施しています。

パッソ
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画像はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています