安全装備

「セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>」です。

サポカーS<ベーシック+> Safety Support Car S

セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

サポカーS<ベーシック+> Safety Support Car S

<パッソの先進安全機能>

▶スマートアシストII
[衝突回避支援ブレーキ機能/衝突警報機能(対車両・対歩行者)/車線逸脱警報機能/誤発進抑制制御機能/先行車発進お知らせ機能]
  • 安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • グレードによって安全装備の設定が異なる場合があります。
  • グレードや安全装備の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。

衝突回避支援ブレーキ機能*1

作動条件 約4~約50km/hで走行中、前方約20m以内に車両があることをレーザーレーダーが検知している場合(速度差約30km/h以内)。

低速から中速まで広い車速域で、先行車との衝突の危険性が高まった場合に緊急ブレーキで減速。衝突回避または、被害軽減をサポートします。

*1.
緊急ブレーキの対象は車両のみとなります。
  • 状況によっては、緊急ブレーキが作動せず、衝突の回避、被害の軽減ができない場合があります。
  • 緊急ブレーキ作動中にステアリングを切ったり、アクセルペダルを踏んだ場合には、緊急ブレーキを解除する場合があります。
  • 衝突回避により、車両停止後、緊急ブレーキは解除されます。クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。
  • 衝突回避支援ブレーキ機能は、主に先行車に作動します。ただし、二輪車や歩行者、電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。
  • 車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。

衝突回避支援ブレーキ機能の作動対象は車両です。歩行者は対象としていません。対車両であっても車速約50km/h以上では緊急ブレーキは作動しません。また作動速度域の約50km/h以下であっても、先行車との速度差が約30km/h以上ある場合は作動しません。

作動条件 約4~約50km/hで走行中、前方約20m以内に車両があることをレーザーレーダーが検知している場合(速度差約30km/h以内)。

衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーと警告灯でお知らせします。

  • 車両、バイク、自転車、歩行者の割り込み、飛び出しには対応できません。
  • 歩行者が大きな荷物を持っているなど、単眼カメラが歩行者として正しく認識できない場合は作動しません。
  • 対車両 作動条件 約4~約100km/hで走行中、前方約80m以内に車両があることを単眼カメラまたは、レーザーレーダーが検知している場合(速度差約60km/h以内)。
  • 対歩行者 作動条件 約4~約50km/hで走行中、前方約40m以内に歩行者がいることを単眼カメラが検知している場合。

車線逸脱警報機能

作動条件 約60km/h以上で走行中、単眼カメラが車線を検知している場合。

道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促します。

  • 道路上の車線がかすれていたり、汚れたりしている場合は、作動しません。
  • ターンシグナル(方向指示灯)を使用している時は作動しません。
作動条件 約60km/h以上で走行中、単眼カメラが車線を検知している場合。

誤発進抑制制御機能

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザーと警告灯でお知らせします。

  • エンジン出力を制限することで、急な発進を抑えます。
  • ステアリングを切ったり、ターンシグナル(方向指示灯)を点滅させていると、右左折の意志があると判断し、システムは作動しません。
  • 制御時間には制限があります。一定時間アクセルペダルを踏み続けるとアクセル操作に応じて加速しますのでご注意ください。
  • 誤発進抑制制御機能 作動条件 前方約4m以内に障害物などがあることをレーザーレーダーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。
    レーザーレーダーにより、前方に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。
  • 後方誤発進抑制制御機能 作動条件 後方約2~3m先までに壁などの障害物があることをソナーセンサーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合。
    ソナーセンサーにより、後方に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザーと警告灯でお知らせします。

  • ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します)。
  • 前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。
先行車発進お知らせ機能

[衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)は、X“G package”、X“L package・S”、X“S”、MODA“G package”、MODA“S”に標準装備。]

衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)に頼った運転は、絶対に行わないでください。衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)は、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。運転時は常に先行車との車間距離や、周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど車間距離を保ち、安全運転を心がけてください。

  • 衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)の認識性能・制御性能には限界があります。ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。
  • フロントワイパースイッチを低速(LO)以上で使用中は、システムは作動しません[後方誤発進抑制制御機能は高速(HI)で作動停止]。
  • 雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によっては単眼カメラ、レーザーレーダー、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。
  • 作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。
  • このほか、衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)について重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • 衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)の詳細は、販売店におたずねください。
  • 上記の図は作動イメージです。

衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)

JNCAP*2予防安全性能評価*3において、最高ランクの「ASV+」を獲得。*4

JNCAP予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得。
*2.
自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):
国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*3.
予防安全性能評価:
JNCAPに2014年度より新たに導入され、以下の得点(合計46点満点)により車両の予防安全性能を、「ASV」、「ASV+」の2段階で評価。(2016年度)
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加)
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティシステム>(2016年度から追加)
*4.
スマートアシストII搭載およびバックカメラ装着車。
JNCAP予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得。

よくあるご質問

Q.歩行者・2輪車・自転車も緊急ブレーキで止まるの?

誤作動が起きる可能性を低くするために、歩行者・2輪車・自転車には、ブザーで注意喚起のみを行い、緊急ブレーキの対象とはしておりません。ただし、状況により(2輪車で反射板付きベスト着用の場合など)緊急ブレーキがかかることもあります。

Q.アクセルペダルを踏んでいても止まるの?

アクセルペダルを踏んだ状態でも車速が約20km/h以下であれば衝突回避を支援、車速が約20km/h~約30km/hであれば被害軽減のために緊急ブレーキがかかります。ただし、緊急ブレーキ作動時にアクセルペダルを踏み増すと緊急ブレーキはキャンセルされます。

Q.ブレーキペダルを踏んでいる場合でも緊急ブレーキは作動するの?

作動します。ただし、ドライバーが強くブレーキペダルを踏んでいて回避行動をしている場合はシステムが回避行動中と判断し、緊急ブレーキが作動しない場合があります。

Q.緊急ブレーキで停止した後もブレーキペダルを踏んだ方がいいの?

緊急ブレーキは約1秒で解除されるため、クルマが停止したとしても、すぐにブレーキペダルを踏んでください。

緊急ブレーキが解除されると、クリープ現象によりクルマが前に動きますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

Q.誤発進抑制制御機能(前方・後方)はピタッと止まるの?

ピタッと止まるわけではありません。コンビニ等の車止めを乗り越えない程度にエンジンの出力を抑制するため、車止めがない場合はゆっくり前または後ろに進みます。

Q.後方誤発進抑制制御機能は壁以外にも反応するの?

レーザーレーダーの前方誤発進抑制制御機能と違い、後方誤発進抑制制御機能はソナーセンサーのため、透明なガラス面にも反応します。ただし、人などの反射しにくい対象物や障害物の面が車両と垂直でない場合は作動しません。

Q.雨でも衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)は作動するの?

雨天時はレーダーの認識レベルが低下する恐れがあり、システムが作動しない場合があります。このためワイパーが低速作動・高速作動の場合は作動しません(間欠時は作動します)。

Q.衝突警報機能と車線逸脱警報機能は夜でも作動するの?

単独カメラで認識するため、人の目と同じで暗いところでは作動しません。衝突回避支援ブレーキ等のレーザーレーダーによる機能については、夜間でも検知可能となります。

  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています