安全装備

万一が起きたとき、小さなクルマだからこそ、大きな安心を。

前方からの衝撃を軽減。デュアルSRS*1エアバッグ
前からの強い衝撃時、瞬時に膨張・収縮し、運転席・助手席乗員の頭部、胸部への重大な傷害を軽減します。

側面からの衝突時に、衝撃を軽減。

SRS*1サイドエアバッグ

側面衝突時、運転席・助手席のうち、衝突側のシートに内蔵されたエアバッグにより、衝撃を緩和。デュアルSRSエアバッグとあわせ、乗員保護性能を高めます。

[G“SA”、Gf“SA”に標準装備]

*1.
SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
  • SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
  • SRSエアバッグの写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。
  • チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

さまざまな衝突ケースを想定。

衝突安全ボディ

衝突安全ボディ

ピクシス エポックは、フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化をきわめた骨格構造を採用。優れた衝撃吸収性能を確保かつ強固なキャビンを実現し、軽量化を果たしています。

衝突安全ボディ

歩行者への安全性も配慮。

歩行者傷害軽減ボディ

歩行者傷害軽減ボディ

万一の対人事故を考慮し、フードやフェンダー、ワイパーピボットなどの各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定。歩行者保護性能をより高めています。

歩行者傷害軽減ボディ

自車よりも重いクルマで実験。

クルマ対クルマの衝突安全性能

クルマ対クルマの衝突安全性能

自車よりも重い乗用車を相手車両として、50km/h同士での前面衝突実験、側面衝突実験を実施。その結果、十分な客室空間が確保され、高い安全性が実証されました。

クルマ対クルマの衝突安全性能

あらゆる衝突を想定して安全性を確保。

多様な角度からの衝突実験

世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験を実施。いずれの実験においても室内には十分な客室空間が確保されていることが実証されています。

普段は快適に。衝突時にはしっかり拘束。

プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト

プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト

前席に、前方からの強い衝撃を感知するとシートベルトを瞬時に巻き取り乗員の拘束効果を高めるプリテンショナー機構と、シートベルトに一定以上の荷重がかからないようにすることで乗員の胸部への負担を緩和するフォースリミッター機構を採用しました。

プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルト

同乗するお子様に、大きな安心を。

ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー(後席)

ワンタッチでチャイルドシートを着脱、確実に固定できます。さらにチャイルドシート上部のトップテザーをアンカーに固定することによって、衝突時のチャイルドシートの前方回転を抑えられます。

  • ISOFIXチャイルドシート(トップテザータイプ)の装着には販売店装着オプションのISOFIXチャイルドシートベースが必要となります。
  • チャイルドシートの種類や装着の向きによっては、シートベルトでの装着となります。
  • 詳しくは販売店におたずねください。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ