室内・インテリア

はじめから自分専用の設計であるかのように、直感的な操作を楽しめるコックピット。
プリウスのDNAでもある「遠方表示・手元操作」を基本に、人とクルマが自然につながり合えるインターフェースを追求しました。
まずは運転してみてください。プリウスは、あなたの感覚にもピタリと合うはずです。

より直感的な操作性を目指して、これまで左右に配置されていたエアコンの温度・風量調節スイッチを、上下の操作で調節できるように変更しました。このスイッチ、目で見なくても調節できるくらい操作性が高いので、運転中の視線移動を少なくしてくれます。つまり、より安全なドライビングにもつながっているのです。

低重心ボディであっても、室内には開放感を。天井形状にくぼみをつけるなど形を工夫することで、後部座席も運転席と同じくらいゆとりある頭上空間を確保しています。 また、リヤシートはクッション性の向上や接触面積を広げることで、長時間座っていても疲れにくい快適な乗り心地を実現しました。

最適な高さと位置を追求して、リヤアームレストも構造から見直し。ドア側と中央の肘掛の高さをあわせることで、両肘を置いたときに自然な姿勢が保てるように工夫しました。 この細やかな気配りが、さらなる快適性を生み出しています。

ドアを閉めた瞬間に、外のざわめきが
一瞬で遠ざかるプリウスの遮音性。
もしかすると、外よりもずっと心地よいかもしれません。
高速走行時も静かな室内で楽しい会話や
お気に入りの音楽をお楽しみください。

人間中心のデザインコンセプトと
最新技術によるパッケージングを解説しています。

車両の状態にあわせて、メーターフードがさまざまな色で光るドライブサポートイルミネーションをトヨタで初めて採用。走行状態のチェックに、ドア開閉時のおもてなしに、ドライバーにもゲストにもうれしい新機能の登場です。

  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ