安全装備

踏み間違えてもサポートする、先進の安全機能。

インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)

インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)*1*2*3*4

超音波センサーで周辺監視しながら、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、ブレーキ制御を行い障害物との接触を緩和する機能を追加。加えて、車両側方に障害物を巻き込む危険を知らせる巻き込み警報機能も設定しています。

インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)
  • 前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。
  • 前後バンパーの側面に搭載した超音波センサーで、車両側面への障害物の接近を判定し、表示と音で知らせます。

スイッチを押すだけで、誰でもキレイに駐車が可能。

IPAスイッチ*7

シンプルインテリジェントパーキングアシスト*5*6

超音波センサーを使って周囲の障害物を検出し、駐車スペースを判断。駐車したいスペースの前で停車し、スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストします。超音波センサーで空間認識をするので、白線がない場所や暗闇時でも駐車を支援します。さらに表示はマルチインフォメーションディスプレイ内で行われるので、ナビを装着する必要もありません。

IPAスイッチ*7
シンプルインテリジェントパーキングアシスト

事故防止につなげる、情報通信。

ITS*8 Connect*9

クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するシステムです。*10

■路車間通信システム(PSSS:Driving Safety Support Systems)*11*12*13*14
右折注意喚起
右折時注意喚起

交差点で右折待ち停車時に、接近する対向直進車や右折先に歩行者がいるにもかかわらずブレーキペダルから足を離して発進しようとしているなど、見落しの可能性がある場合に、表示とブザー音による注意喚起を行います。

右折注意喚起
信号情報利用型エコアクセルガイド
信号情報利用型エコアクセルガイド

前方の交差点にて赤信号で停止することが予測される時に、ハイブリッドシステムインジケーターのエコアクセルガイドのゲージをゼロにすることで、ドライバーが無駄な加速をし続けないよう支援します。

信号情報利用型エコアクセルガイド
車車間通信システム(CVSS:Connected Vehicles Support Systems)*11*12*13
通信利用型レーダークルーズコントロール
通信利用型レーダークルーズコントロール

先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車の場合、車車間通信により取得した先行車の加減速情報にすばやく反応して車間距離や速度の変動を抑え、スムーズな追従走行が可能となります。

通信利用型レーダークルーズコントロール
[システム全般]

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、被害を軽減。

ドライブスタートコントロール

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促し、ハイブリッドシステム出力を抑えます。

ドライブスタートコントロール

車線変更時の後方確認をアシスト。

ブラインドスポットモニター〈BSM〉

ブラインドスポットモニターBSM*15*16*17*18

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。

ブラインドスポットモニター〈BSM〉

滑りやすい路面等で走行安定性を確保。

VSC作動イメージ

S-VSC*19(ステアリング協調車両安定性制御システム)*20

電動パワーステアリングとVSC・ABS*21・TRC*22のブレーキ制御および駆動力制御機能を協調させ、車両の挙動が安定する方向に駆動力配分と操舵トルクをアシストするシステムです。さまざまな状況下で、優れた走行安定性・操縦性を確保します。

VSC作動イメージ

走行状況に応じて適切にブレーキを制御

ABS作動イメージ

EBD*23付ABS&ブレーキアシスト*24

制動時のタイヤロックを防ぐABS機能に加え、車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後・左右輪に配分するEBD機能を採用。またブレーキアシストは、緊急時など急速度でブレーキペダルが踏み込まれた場合、より強い制動力を発生させます。

ABS作動イメージ

ねらったところで、思い通りに止まるブレーキ。

回生ブレーキ/ECB*25(電子制御ブレーキシステム)

思い通りに止まる、安心のブレーキ性能。回生ブレーキと油圧ブレーキのバランスを、高精度なセンサーを使って最適に制御することで、ドライバーの意思とぴたりと合った快適なブレーキフィーリングをもたらします。さらにECBの協調制御により、運動エネルギーの回収量(充電量)も最大化。スーッと気持ちよく停止しながら、低燃費にも賢く貢献します。

歩行者や自転車に接近をお知らせ。

車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。また発音は、一時停止スイッチ操作でON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再始動時には、自動的に発音状態に戻ります。

後方からの眩しさを緩和。

自動防眩インナーミラー

自動防眩インナーミラー*26

ミラー本体にあるセンサーが周囲の光と後方からの光の度合いを検知し鏡面の反射状態を変化させ、ドライバーの視認性低下を緩和します。

自動防眩インナーミラー

後続車に瞬時に注意を促す。

緊急ブレーキシグナル

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促します。

緊急ブレーキシグナル
*1.
Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。
*2.
インテリジェントクリアランスソナーは自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*3.
ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
*4.
巻き込み警報機能には限界があります。装置を過信せず、安全確認をお願いします。
*5.
Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。
*6.
シンプルインテリジェントパーキングアシストは状況に応じて使用できない場合があります。なお、安全確認およびブレーキ操作は、運転する方が十分に行ってください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*7.
IPA:Intelligent Parking Assist
*8.
ITS:Intelligent Transport Systems
*9.
ITS ConnectはToyota Safety Sense P装着車にメーカーオプション。
*10.
記載内容は、機能の一例となります。
*11.
システム全般:本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。また、路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。あくまでも補助機能です。システムを過信せず、常に道路状況に注意し、安全運転に心がけてください。
*12.
右折時注意喚起:路側装置が設置された交差点であっても、路側装置(感知器)の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。以下のような場合、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。■対向車や歩行者が路側装置(感知器)の検出範囲外に存在している場合。■路側装置(感知器)が、車両の特徴や環境条件、経年変化等によって、車両の未検知や誤検知を起こす場合。
*13.
通信利用型レーダークルーズコントロール:先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。
*14.
路車間通信システムに対応した路側装置は、2017年11月現在、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府に設置されています。ご利用可能なサービス提供場所については販売店におたずねください。
*15.
Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。
*16.
検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
*17.
天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
*18.
ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
*19.
S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control
*20.
道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
*21.
ABS:Antilock Brake System
*22.
TRC:Traction Control
*23.
EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*24.
急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。
*25.
ECB:Electronically Controlled Brake System
*26.
Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています