安全装備

クルマだけでなく白線や対向車のランプ、歩行者も認識する、特性の異なる2種類のセンサーが、
卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしました。


右隣の車線を走る車両をレーダーで検知。
車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載された
LEDインジケーターが点灯します。
その際、気づかずにサイドターンランプを点滅させると
LEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を促します。


超音波センサーにより空間を認識するため、
駐車したいスペースの前で停車しスイッチを押すだけで、
適切な後退開始位置へ誘導し、白線がない場所や暗闇時でも
駐車を支援します。


衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる、
最新の衝突安全ボディGOA*1
重量・車高の異なる車同士の衝突時における共存を追求する、
コンパティビリティの概念を取り入れています。
また、ホットスタンプ材(超高張力鋼板)を最適配置することで
強固な骨格を実現し、優れた衝突安全性能を確保しています。

プリウスの開発者が目指した『人を笑顔にするクルマ』とは。
開発者が語る想いをインタビュー取材。

*1
GOA[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]:Global Outstanding Assessment
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画像はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています