燃費・走行性能

しっかり積んで、しっかり走る。ビジネスで活躍する資質が両立しました。

基本構造から新たに設計し、心地よいドライビングフィールを実現。積載性と乗り心地の両立
走行安定性 乗り心地 静粛性 燃費 積載性を確保しながら、すべてが進化。

長時間の運転や悪路走行でも、快適な乗り心地を目指して、CVT(自動無段変速機)の搭載を念頭に、クルマの基本構造から見つめ直しました。アッパーボディとサスペンションを含むアンダーボディを最適化したフロント部と、従来から定評のある荷室の積載性を確保したリヤ部を融合。静粛性、乗り心地、高速道路やカーブなどでの走行安定性など、すべてにおいて優れたパフォーマンスを確保しました。

走行安定性 乗り心地 静粛性 燃費 積載性を確保しながら、すべてが進化。

最適にチューニングした足まわり。

フロントサスペンション リヤサスペンション

高性能サスペンション

スプリング、アブソーバ、スタビライザーなどを最適化。積載量にかかわらず常にしっかりとした操縦性、車両安定性を確保するとともに、路面からのゴツゴツ・ブルブルといった振動を抑え、上質な乗り心地も高次元で両立しています。

フロントサスペンション リヤサスペンション

走行性能が大幅に向上

走りは実にスムーズ。

Super CVT-i(自動無段変速機)■写真はF

Super CVT-i*1(自動無段変速機)

エンジンの力を無駄なく路面に伝える、変速ショックのないトランスミッション。低燃費、静粛性、滑らかな走行フィーリングを実現します。

*1.
CVT-i:Continuously Variable Transmission-intelligent
Super CVT-i(自動無段変速機)■写真はF

軽快かつ安定感のある操舵フィーリング。

車速感応型電動パワーステアリング■写真はF

車速感応型電動パワーステアリング

車速感応機能により、低速走行時には軽く、高速時には確かな手応えのある操舵フィーリングが得られます。またギヤ比を穏やかに設定し、高速時においてもステアリングが切れ過ぎないよう配慮。積載時のあらゆる状況下でも安心して走行できます。なおステアリングには、運転しやすい位置に上下調整できるチルト機能も搭載しています。

車速感応型電動パワーステアリング■写真はF

取り回しのよいボディサイズ。

最小回転半径4.9m

最小回転半径

小回りがきくコンパクトなボディサイズで、最小回転半径4.9mを実現。細い路地に入る時やUターン時、車庫入れや縦列駐車時の取り回しが軽快に行えます。

最小回転半径4.9m

高い走行安定性をもたらすブレーキ。

ディスクブレーキ(フロント)

ディスクブレーキ(フロント)

積載時でも安心感のあるブレーキ性能を確保するため、大径のベンチレーテッドディスクブレーキを採用。また、ブレーキフィーリング向上のため、専用チューニングを施しています。

ディスクブレーキ(フロント)

雨天時や坂道でも、安定した走りを確保。

Vフレックスフルタイム4WD

Vフレックスフルタイム4WD

滑りやすい路面や登り坂などでスムーズな発進、加速に貢献します。通常の直進走行ではFF(前輪駆動)に近い状態で、前後輪に回転差が生じるとビスカスカップリングにより、その回転速度の差に応じた最適なトルクを後輪へ配分します。

[4WD車に標準装備]

  • オフロード走行やラリー走行などが目的ではなく、一般道での優れた走行安定性に寄与することを目的とした4WDです。
Vフレックスフルタイム4WD

スムーズな空気の流れに貢献。

ブラック塗装ホイール(樹脂フルキャップ付)[Fに標準装備]シルバー塗装ホイール(センターキャップ付)[GL、DXコンフォート、DXに標準装備]

14インチスチールホイール&タイヤ

155/80R14 88/86N LTタイヤを採用。またFグレードは、スムーズな空気の流れに貢献するフルホイールキャップ付です。

ブラック塗装ホイール(樹脂フルキャップ付)[Fに標準装備]シルバー塗装ホイール(センターキャップ付)[GL、DXコンフォート、DXに標準装備]

立体駐車場もOK!

実用性と室内の快適性を兼ね備えた全高

実用性と室内の快適性を兼ね備えた全高

ヘッドクリアランスを十分に確保しながら、一般的な立体駐車場(制限高:1.55m)に入庫できる全高をキープ。街中で扱いやすい実用性と室内の快適性を兼ね備え、さまざまなビジネスシーンで活躍できるよう配慮しています。

実用性と室内の快適性を兼ね備えた全高
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ