最新のカラー技術

時代の最先端を行く「先進性」をボディ全体で表現するために、
最新の技術を投入することにより、まったく新しい発想でボディカラーを開発しました。
外板の温度上昇の抑制に繋がる遮熱機能を付与した、新芽のように鮮やかな「サーモテクトライムグリーン」と、
強い反射と濁りのないレッドカラーが魅力的な「エモーショナルレッド」です。

車体表面の温度上昇を、色で抑制。

大粒径酸化チタンを用いた遮熱技術
遮熱効果[夏場の太陽光下2時間の場合。トヨタ自動車(株)調べ。]

サーモテクトライムグリーン

色の粒子にまでこだわった世界初の技術により、ボディカラーに遮熱機能を持たせることに成功しました。従来のカラーベースの中にはカーボンブラック粒子が存在し、太陽光の赤外線を吸収してしまい、車体温度を上昇させる原因となっていました。そこでこの原因粒子を極力排除した上、赤外線反射率の高い「大粒径酸化チタン粒子」をカラーベースに混合。太陽光下での車体表面の温度上昇を抑える、機能する色「サーモテクトライムグリーン」が完成しました。
夏場の屋外に2時間さらした実験において、従来技術のグリーン系のボディカラーよりも遮熱性に優れていることが実証されており、室内温度の上昇抑制にも貢献します。

大粒径酸化チタンを用いた遮熱技術
遮熱効果[夏場の太陽光下2時間の場合。トヨタ自動車(株)調べ。]

濁りのない鮮やかさと、彩度の高い透明感を実現。

反射層と透過層を分けた塗装工程

エモーショナルレッド

造形に立体感を与えるアルミで構成された「反射層」の上に、レッド顔料を使用した「透過層」を重ねるというトヨタ初の技術により、「エモーショナルレッド」が完成しました。
アルミと顔料が混ざって反射が鈍っていた従来のカラーに比べ、強い反射と赤の深みを際立たせた鮮やかな色あいを実現。彩度や陰影感を高いレベルで両立させた色を正確に表現するために、通常のカラー開発よりも長い時間をかけ、塗装テストを繰り返しながら改良を加えていくことにより、唯一無二のボディカラーが生まれました。

反射層と透過層を分けた塗装工程

搭載車種

  • プリウス
    プリウス
  • 撮影車両は開発当時のもので、販売車両とは異なる場合があります。また、装備の設定はグレードにより異なります。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合や、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • シートの操作方法については、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。測定箇所により数値は異なります。