ローカルサブナビゲーション

様々な事故に備える、トヨタの答え。
実際の事故データに基づき開発された衝突回避支援パッケージ

交通事故死傷者ゼロという究極の願いに向けて。トヨタは、様々な事故に備える衝突回避支援パッケージを開発しました。
実際に起こった交通事故を分析し、事故が起こりやすい高速度域や夜間、車線逸脱といった様々なシーンをカバーするための機能をパッケージ化。
万が一の時でも事故を回避または被害軽減できるよう、ドライバーをサポートします。

2種類のセンサーで危険を感知。3つの機能で事故に備える。
  • レーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーを組み合わせた検知システムで、予防安全性能を高めました。
プリクラッシュセーフティシステムとレーンディパーチャーアラートとオートマチックハイビーム
プリクラッシュセーフティシステム

警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキの3段階で衝突を回避、または被害軽減をサポートします。
レーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方を監視。
先行車の動きや自車との距離を見張っています。

プリクラッシュセーフティシステム 作動イメージ
  • 自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 数値は社内測定値。
  • 2種類のセンサーだから低速域から高速域まで幅広い速度域(約10~80km/h)で作動し衝突被害の軽減をサポートします。
Toyota Safety Sense 開発背景
レーンディパーチャーアラート

単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識しながら走行。
ウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性があるとき、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

レーンディパーチャーアラート 作動イメージ
  • 本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 車線逸脱の危険をドライバーに警報します。
Toyota Safety Sense 開発背景
オートマチックハイビーム

夜間走行時に、単眼カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減し、遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度を高めることで、
ドライバーの前方視界確保をアシストします。

オートマチックハイビーム 作動イメージ
  • 自車速度約30km/以上で作動します。
  • ハイ・ロービームの切り替え自動制御は状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • 道路状況および天候状況等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • 先行車や対向車のライトを検知。ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
Toyota Safety Sense 開発背景
付帯機能
先行車発進告知機能

先行車発進告知機能

ブレーキペダルを踏んで停車時、先行車が4m以上進んでも発進しなかった場合、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

  • ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します。(シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。[N]の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。)
  • 先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングについては変更することも可能です。詳しくは取扱書をご覧ください。
先行車発進告知機能
Toyota Safety Sense Cは運転支援システムのパッケージです。運転者は各システムを過信せず、常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶおそれがあります。ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

よくあるご質問

Toyota Safety Sense Cについて
任意にOFFにすることはできますか?

スイッチの操作でON/OFFの切替えが可能です。変更の仕方はシステムによって異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

今乗っているクルマにも後付けできるの?

エンジン、ブレーキの他、多くの電子システムと連携して作動するシステムであり、大きな変更が発生するため、後付けはできません。

プリクラッシュセーフティシステムについて
高速道路での使用に限った機能なの?

一般道でも作動します。プリクラッシュブレーキは約10km/h~約80km/hの速度域に対応しています。

どんなものを対象として検知するの?

前方の車両を検知します。歩行者や小さな障害物は検知できません。

プリクラッシュブレーキの作動で衝突を回避した後、誤ってアクセルを踏んでしまったらどうなるの?

システムがドライバーに「前進の意思あり」と判断し、再発進します。

警報のタイミングは任意で変更できるの?

PCSスイッチを押すごとに「①遠い ②中間(初期設定) ③近い」に切り替わり、距離に応じて警報タイミングが変わります。

レーンディパーチャーアラートについて
どんな線でも検知できるの?

道路上の白線(黄線)を認識します。線がかすれている場合や、線が縁石等の上に引かれている場合などには検知できません。

オートマチックハイビームについて
どんな光に反応するの?

対向車または先行車のライトの他、二輪車や自転車のライト、街路灯などにも反応しますが、ハイビームとロービームの切りかえタイミングが運転者の感覚に合わない場合や検知しない場合もあります。

搭載車種

  • サクシード
    サクシード
  • プロボックス
    プロボックス
  • スペイド
    スペイド
  • ポルテ
    ポルテ
  • アリオン
    アリオン
  • プレミオ
    プレミオ
  • エスティマ
    エスティマ
  • エスティマハイブリッド
    エスティマハイブリッド
  • ヴォクシー
    ヴォクシー
  • エスクァイア
    エスクァイア
  • ノア
    ノア
  • アクア
    アクア
  • アベンシス
    アベンシス
  • シエンタ
    シエンタ
  • ヴィッツ
    ヴィッツ
  • オーリス
    オーリス
  • カローラ アクシオ
    カローラ アクシオ
  • カローラ フィールダー
    カローラ フィールダー