装備

ワンボックスに求められる安全性を高いレベルで実現。

広い視界の確保から、走行性能まで。予防安全をきめ細かく追求。

予防安全(1.0tonシリーズ)
  • イラストはカーゴ。

予防安全(1.0tonシリーズ)

急制動時や滑りやすい路面でのブレーキング時にもタイヤのロックを防ぎ、車両安定性と操縦性を確保し、緊急時の危険回避をサポートします。

急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。
予防安全(1.0tonシリーズ)
  • イラストはカーゴ。

毎日の運転を安心で支える、先進の安全性。

予防安全(2.0tonシリーズ)

予防安全(2.0tonシリーズ)

事故を未然に防ぐ予防安全性能。万一の際にも被害を最小限に抑える衝突安全性能。その双方を高い次元で追求しました。車両のコントロールをサポートする先進のVSC*1も用意しています。

*1.
VSC:Vehicle Stability Control(車両安定制御システム)
予防安全(2.0tonシリーズ)

衝突時の衝撃を最小限に抑えるための、さまざまな装備を用意。

衝突安全

衝突安全

キャビンの剛性強化を図るため、コンピューターによるシミュレーション解析などにより、フロアメンバーの強化やサイドドアビームの効果的な配置などを実施した高剛性ボディを採用。また、万一の事故の際に前方からの強い衝撃を感知して作動、シートベルトの働きと合わせて乗員の頭や胸のダメージを軽減するSRSエアバッグなども設定しています。

*2.
助手席SRSエアバッグ、助手席プリテンショナー機構付シートベルト、助手席シートベルト非着用警告灯、助手席サンバイザー、助手席アシストグリップ(2個)<2.0tonシリーズのみ>はセットでメーカーオプション。
  • 写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態をイメージしたものです。
  • SRSエアバッグおよびプリテンショナー機構は、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
  • SRS(乗員保護補助装置):Supplemental Restraint System
  • SRSエアバッグはシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • 助手席SRSエアバッグ装着車においてチャイルドシートなどを助手席に装着する際には後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱書をご覧ください。
衝突安全
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています