安全装備

ローカルサブナビゲーション

「万が一」を最小限にとどめるために、いまヴェルファイアができること。

先進の技術と装備を駆使して、リスク回避を実現する。

衝突の回避と、被害の軽減に貢献します。

作動イメージとミリ波レーダー専用エンブレム

プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、たとえば先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動。先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減します。

[ハイブリッド車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション。ガソリン車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション]

  • 本システムは自車速度15km/h以上および相対速度10km/h以上で作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • 数値は社内測定値。
作動イメージとミリ波レーダー専用エンブレム

衝突の被害軽減に寄与します。

マルチインフォメーションディスプレイ表示例とインテリジェントクリアランスソナー(8センサー)

インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を新たに追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。車載センサーを前後8つにすることで検出範囲を拡げています。

[ハイブリッド車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション。ガソリン車:Executive Loungeに標準装備。その他全車にメーカーオプション]

  • インテリジェントクリアランスソナーは自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
マルチインフォメーションディスプレイ表示例とインテリジェントクリアランスソナー(8センサー)
発進時、アクセルONの状態で障害物に接近した場合

燃費向上に貢献する明るいランプです。

ヘッドランプ(LED[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ)

ヘッドランプ(LED[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ)

高輝度で点灯速度が速く、しかも消費電力の少ないLEDをハイ・ロービームに採用。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化にかかわらず照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。また、一部グレードにはLEDイルミネーションランプ(デイライト併用)も採用し、ライン発光させることで先進感を演出しています。

[詳しい設定は主要装備一覧表をご覧ください]

ヘッドランプ(LED[ハイ・ロービーム]/オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ)

交差点進入時などに視認性を確保します。

優れた安全性の確保(歩行者×車両事故抑制)

LEDコーナリングランプ LEDコーナリングランプ トヨタ初 2015年1月現在

ヘッドランプ点灯走行時に、ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯。交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。ヘッドランプ点灯状態で車速約40km/h以下の時、ウインカー点灯やステアリング操舵角80°以上の状態で点灯。またシフトが「R」ポジション時には、左右同時点灯します。

[ハイブリッド車:Executive Lounge、V“L エディション”、V、ZR“G エディション”、ZRに標準装備。ガソリン車:Executive Lounge、VL、V、ZA“G エディション”、Z“G エディション”に標準装備]

優れた安全性の確保(歩行者×車両事故抑制)

夜間走行時の歩行者の早期発見に貢献します。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム

夜間走行時に、室内カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え。ドライバーの前方視界確保をアシストし、歩行者の早期発見をサポートします。また、ハイビームの消し忘れによる他車ドライバーの眩惑を緩和します。

[ハイブリッド車:Executive Lounge、V“Lエディション”、ZR“Gエディション”に標準装備。ガソリン車:Executive Lounge、VL★、ZA“Gエディション”に標準装備]

  • 時速30km以上で作動します。
  • ロー・ハイビームの切り替え自動制御には、状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心掛けてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
オートマチックハイビーム

後続車のライトの眩しさを緩和します。

自動防眩インナーミラー

自動防眩インナーミラー

インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知。鏡面に当たる光の反射状態を自動で変化させ、ドライバーの視認性低下を緩和します。

[ハイブリッド車:Executive Lounge、V“L エディション”、V、ZR“Gエディション”、ZRに標準装備。ガソリン車:Executive Lounge、VL、V、ZA“Gエディション”、Z“Gエディション”に標準装備]

自動防眩インナーミラー

悪天候時の被視認性を高めます。

LEDリヤフォグランプ(両側)

LEDリヤフォグランプ(両側)

リヤコンビネーションランプ内蔵型のリヤフォグランプを左右に設定。雨、雪、霧など悪天候の走行時に後方車からの被視認性を高めます。寒冷地仕様に同時装着となります。

[ハイブリッド車:寒冷地仕様車に装着。ガソリン車:寒冷地仕様車に装着]

LEDリヤフォグランプ(両側)

歩行者にクルマの接近を知らせます。

車両接近通報装置

車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチでON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。

[ハイブリッド車:全車に標準装備]

車両接近通報装置

ドライバーのイメージに限りなく近い優れた運動性能を獲得。

制御イメージ図

VDIM

VDIM*1は、アクセル、ステアリング、ブレーキの操作量によるドライバーの走行イメージと、各種センサー情報による車両挙動との差を算出し、その差を縮めるように、VSC*2、TRC*3、ABS*4、EPS*5などを統合マネジメント。その結果、車両全方向の運動状態が限界前からシームレスに制御可能となり、高い予防安全性と連続するコーナーや滑りやすい路面での走行時にドライバーのイメージに限りなく近い、優れた運動性能を獲得します。

[ハイブリッド車:全車に標準装備]

*1.
VDIM:Vehicle Dynamics Integrated Management
*2.
VSC:Vehicle Stability Control
*3.
TRC:Traction Control
*4.
ABS:Anti-lock Brake System
*5.
EPS:Electric Power Steering
  • 道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
制御イメージ図

滑りやすい路面等で走行安定性を確保します。

作動イメージ図

S-VSC

S-VSC*6は、ステアリング制御(EPS)、ブレーキ制御(VSC、ABS)、駆動力制御(VSC、TRC)を協調して制御します。例えば、滑りやすい路面でのコーナリング時などに、車両の挙動が安定する方向に駆動力配分と操舵トルクをアシスト。優れた操縦性と走行安定性を実現します。

[ガソリン車:全車に標準装備]

*6.
S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control
  • 道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
作動イメージ図

走行状況に応じてブレーキを制御します。

ABS作動イメージ図

EBD付ABS+ブレーキアシスト

ブレーキング時にタイヤロックを防ぐABS機能に、車両の走行状態に応じて前後・左右輪に理想的な制動力配分を行うEBD*7を採用。ブレーキの踏み込み速度と量から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシスト*8も採用しています。

*7.
EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
*8.
アシストが必要なときには、ブレーキペダルを踏み続けてください。
  • 急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。
ABS作動イメージ図

急ブレーキの危険を後続車に知らせます。

緊急ブレーキシグナル

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。

緊急ブレーキシグナル

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害を軽減。

以下のようなシーンで、エンジン出力抑制+ドライバーへ警告を表示

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」ポジションから「D」ポジションへ変更した際、表示で注意を促し、エンジン出力を抑えます。

以下のようなシーンで、エンジン出力抑制+ドライバーへ警告を表示
  • ★“サイドリフトアップシート装着車” は設定が異なります。
  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表、取扱説明書をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

トヨタのおすすめのクルマ