ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステム
最高出力 73kW(100PS)*1

1.5Lエンジン(1NZ-FXE)
最高出力[NET] 54kW(74PS)/4,800r.p.m.
最大トルク[NET] 111N・m(11.3kgf・m)/3,600-4,400r.p.m.

1LMモーター
最高出力 45kW(61PS)
最大トルク 169N・m(17.2kgf・m)
モーターとエンジンの長所を最大限活かしながら、低燃費と優れた走りを両立するTHSⅡ*2。モーターやエンジン、インバーターなどの制御を改良することで、さらに燃費性能を高めました。

1)1.5Lエンジン(1NZ-FXE)
燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンとクールドEGR*3(排出ガス再循環)システムの採用で、高いエンジン効率を実現。低燃費とハイパワーを両立しています。

2)昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット
バッテリーの直流電流とモーター発電用の交流電流を最適に制御するユニット。インバーター、コンバーターともに小型・軽量化を実現しています。

3)ハイブリッドトランスアクスル
駆動用・発電用モーターと動力分割機構などで構成されたトランスアクスル。ギヤトレーンを最適設計することで、小型・軽量化を達成。動力の伝達ロス低減も実現しています。

4)ハイブリッドバッテリー
駆動用モーターに最適な電力を供給するコンパクトタイプのバッテリー。リヤシート下に配置することで、ラゲージスペースのゆとりを確保しています。
ハイブリッドシステムの動作モードイメージ*4
停車時はアイドリングストップ。
信号待ちなどの停車時では、ガソリンを消費しません*5。エンジン停止中でもエアコン(冷房)が使えます。
スタート時はモーターで発進。
アクセルを踏むとモーターだけ*6で発進。静かに、そしてスムーズに走り出します。
モーターとエンジンを効率よく駆動。
モーターとエンジンを最適な効率で制御。状況により充電も行い、低負荷時はモーターのみで走行できます。
伸びのある加速フィーリング。
加速時はエンジンに加え、バッテリーからもパワーを供給。さらに駆動力がアップします。
減速時にバッテリーに充電。
減速時には車輪がモーターを駆動し、発電。エネルギーを効率よく回収し、バッテリーに充電します。
モーターのみで静かに走行可能*7
EVドライブモードなら、モーターのみで静かに走行可能。早朝や深夜にエンジン音を気にしなくてすみます。
1.0L 1KR‐FE VVT‐iエンジン(2WD)[アイドリングストップ機能付]
*3. オプション装着により、燃料消費率が23.2km/Lとなった場合、平成27年度燃費基準+10%達成車となります。
1.0L 1KR-FE VVT-iエンジン(2WD)
1.3L 1NR-FE VVT-iエンジン(4WD)
■燃料消費率は、定められた試験条件(JC08 モード)のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
諸元表 主要装備一覧 取扱説明書(ハイブリッド車) 取扱説明書(ガソリン車) 環境仕様
■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。