WHAT WOWS YOU.

WOW ACTION CLIP

WOW ACTION CLIP

BACK TO INDEX

#01

福島トヨペット 交通安全教室

地元の人気ヒーローと、
一緒になって考える
交通安全教室。

全国の販売店イベントの中で、心が揺れ動く瞬間を見つけていくWOW ACTION CLIP。
今回訪れたのは福島県・郡山市。
地元で大人気のヒーロー「ふくしまキッズマン」と考える交通安全教室が開かれる、赤木保育所へと向かいました。
この日はどんな「WOW」が生まれたのでしょうか。

きょうのイベントをつくった人

  • 福島トヨペット
    二瓶有紀さん

  • 福島トヨペット
    水野裕美さん

きょうのがんばった人

  • 友木厚志&ふぁみれ堂
    ふくしまキッズマン

これぞ夏!と言わんばかりの太陽のもと、福島県郡山市にある赤木保育所では、朝から子供たちの声で溢れていました。それもそのはず、今日は待ちに待った交通安全教室。そこには福島県の子供たちの間で大人気のふくしまキッズマンが訪れるからです。
ふくしまキッズマンとは、県内の幼稚園や保育園などへ訪れ、みんなで一緒に音楽と踊りを楽しみ、子供たちに元気を与えるヒーローのこと。キッズマンの生みの親は、郡山市のシンガーソングライターであり、赤い衣装に身を包んだ友木厚志さん。「福島第一原発事故による影響で、これまでのように外で思い切り体を動かして遊ぶことのできない子供たちが少しでも元気になってもらえたら」と、2012年に、長女の若菜さんらに声をかけたことから結成されたヒーローです。
こうして活動し始めたキッズマンは瞬く間に地元のテレビなどを通して話題となり、多くの人に知れ渡ることに。
今回のイベントを企画した福島トヨペットの二瓶さんと水野さんたちもその一人。二人は女性社員たちによるプロジェクトチーム・フラワーズのメンバーであり、子供たちを育てるママでもあります。
「クルマに携わる会社として、子供たちや高齢者の方へ、交通安全への取り組みが何かできないかと思っていたんです。そこで浮かんだのが、福島県の子供たちに人気のあるキッズマンとのコラボレーションでした」と二瓶さんは話します。

会場には、ワクワクした表情でキッズマンの登場を待ちわびる子供たち。大きな声で「キッズマーン!」と呼びかけると、一気に幕が開き今日のヒーローが登場しました。若菜さんは、お手本となり、優しく呼びかけながら子供たちと一緒に歌って踊ります。会場が盛り上がってきたところで、みんなが知ってるテーマソング「ぼくらはふくしまキッズマン」が演奏され、テンションはピークに。
大盛り上がりで子供たちの表情も和やかになったところで、本日のメインイベント「交通安全のお勉強」の時間です。
子供たちは、ステージ上の大きな絵本を真剣な表情で見つめます。
普段の先生とは違い、今日はあのキッズマンによる読み聞かせです。交通安全ルールについて優しく語り、ときに考えるタイミングを投げかける絶妙な朗読に子供たちはすっかり引き込まれていました。
イベントはこれで終わりかと思いきや、その後キッズマンたちは交通安全をテーマにした新曲を披露。
「しんごうまもろうZ!」「どうろのおやくそく」「家族でドライブ」の3曲は、子供たちにとっては初めて耳にする曲ですが、キッズマンを前にした彼らにそんなの関係ありません。
みんなノリノリで体を動かしています。
最後に子供たちは反射材をプレゼントされ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

「しんごうまもろうZ!」は、交通安全に関わる歌を依頼した打ち合わせの場で、即興で歌って生まれた曲なんです。すごいなと思いました(笑)」と話すのは福島トヨペットの水野さん。「『キッズマンと約束したから守るよー』っていう声を聞くと、やってよかったなと思いました。すごくちっちゃい子もいたのでどうなるかなーと心配だったんですが、最後まで飽きずに見てくれてましたね。そこもWOWでした(笑)」
と二瓶さんもほっとした顔。一方のキッズマンも満足げな様子。
「絵本の時は集中して交通ルールを覚えてくれてましたね。そして踊る時は踊る。楽しかったです!」
と若菜お姉さんが話す横で、レッドの友木さんは優しい顔でこう言います。
「僕らがパワーをもらってるんですよね」
子供たちに元気を与えることや交通ルールの勉強を目的としたキッズマンの活動は思わぬ方たちにも響いているようです。
赤木保育所の所長である真船さん曰く、
「キッズマンが地元のイベントで踊った時に、おじいちゃんおばあちゃんたちはイントロで流れる『会津磐梯山』にじーんときたと言ってました。そういう感動をくれるキッズマンの踊りを子供たちにも繋げていきたいなと思います。毎日踊ってますけど(笑)」
今後その踊りに、福島トヨペットとのコラボレーションで生まれた交通安全の曲も加わるであろう赤木保育所。地域のヒーローと一緒になって考える、新しいかたちの交通安全教室が福島にはありました。

Today’s Madonna 今日のマドンナ

社会福祉法人郡山市社会福祉協議会
赤木保育所 所長

真船尚子さん

交通安全の曲を初めて聞いたにも関わらず、さもリハーサルしたような感じで元気に踊っていた子供たちの姿がWOWだったという園長さん。
「どんだけキッズマンに興味を持ってるんだろって、私はびっくりしたなあ。キッズマンの歌、子供たちの中には入ったと思います!」

  • Twitter
  • Facebook

WHAT WOWS YOU.

このページをシェア
  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア