クルマのまわり

タイヤの空気圧チェック

タイヤゲージ(空気圧ゲージ)、タイヤ空気圧の調整値
  • タイヤが冷えている(走行前)状態で点検します。
  • タイヤ接地部のたわみ状態(つぶれ具合)をみて、空気圧が適正であるかどうか点検します。
  • 扁平タイヤ等空気圧不足がわかりにくいものについては、タイヤゲージを使用して点検します。
  • 空気圧が不良の場合は、指定空気圧に調整します。
    指定空気圧は、運転席ドア後部等に表示してありますのでご覧ください。
タイヤゲージ(空気圧ゲージ)、タイヤ空気圧の調整値

警告

  • 空気圧が極端に少ない状態のまま走行しないでください。タイヤとホイールの密着が悪くなり、空気がもれる恐れがあります。
    また、急ハンドルを切ったりするとタイヤがホイールからはずれ、事故につながる恐れがあります。

知識

  • 指定空気圧でのたわみ状態を確認しておくと便利です。
  • 正確な点検調整には、タイヤエアゲージとエアコンプレッサーが必要です。

タイヤの亀裂、損傷チェック

ドライバーで異物を取り除きます
  • タイヤの側面や、接地部全周に著しい傷や亀裂がないか点検します。また、タイヤ全周にわたり釘、石、その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしていないか点検します。
  • 大きな傷や亀裂がある場合は、補修または交換してください。
ドライバーで異物を取り除きます

タイヤの溝の深さ・異常摩耗

偏摩耗したタイヤ
  • タイヤ接地面に表示されている、摩耗限度表示(スリップ・サイン=溝の深さが1.6mmになったら現れます)が現われていないか点検します。
  • タイヤ接地面に極端な片べりなどの偏摩耗がないか点検します。
  • 摩耗限度表示が現れていたらタイヤを交換してください。
偏摩耗したタイヤ

アドバイス

  • 極端にすり減っていたり、摩耗具合が他のタイヤと極端に異なる場合は、空気圧の過不足、ホイールアライメントが正しくないことなどが考えられます。早めにトヨタ販売店で点検を受けてください。

警告

  • 摩耗限度を超えたタイヤで走行するとスリップ事故など思わぬ事故につながる恐れがあります。
  • オールシーズンタイヤは雪道走行摩耗限度表示(新品時溝深さの1/2に現れます)が現れたら、積雪路、凍結路の走行は避けてください。
    スリップ事故につながる恐れがあります。

ライト・方向指示器の汚れ、損傷

手で触って緩みがないか点検します
  • 各ランプのレンズ、反射器に、汚れや変色、破損、ヒビ割れがないか点検します。
  • 各ランプが確実に取り付けられているか、手で触って点検します。
  • 汚れがある場合は、ランプを清掃してください。
  • 破損やヒビ割れ、取り付けの緩みがある場合は、修理または交換してください。
手で触って緩みがないか点検します

異常に気づいたら、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

販売店によってサービス内容・取扱商品などが異なる場合があります。詳しくは販売店までお問い合わせください。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店