特長

特長

外観・内装

走行性能

  • 燃料消費率/エンジン・ハイブリッドシステム

    ハイブリッドの走りを革新する、
    新感覚のドライビングフィール。

    1.5Lハイブリッドシステムと1.5Lダイナミックフォースエンジンで圧倒的な低燃費と力強い走りを両立。

  • 快感ペダル*2【トヨタハイブリッド初*3

    アクセルペダルによる
    自在な加減速コントロール。

    ドライブモードスイッチで「POWER+」モードを選択すれば、アクセルペダルの操作だけで加減速が可能に。ペダルの踏み替え頻度を減らし、快適な走りが楽しめます。

  • プラットフォーム&ボディ

    走りをぐっと高める
    新プラットフォーム。

    「軽く、小さく、扱いやすく」。ムダを徹底的にそぎ落とした新プラットフォームで、細い路地などもスムーズな取り回しに。また、低重心化を図り、安定感のある質の良い走りを追求しました。

その他の走行性能
サスペンション(フロント&リヤ)
フロントサスペンションは、滑らかな動きと一つひとつの部品の剛性にこだわり、上質な乗り心地と意のままの走りを実現しました。リヤサスペンションは圧倒的な安定性とクラスを超えた乗り心地を両立。また、E-Fourにはコンパクトなダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションを採用しています。
スウィングバルブショックアブソーバー*5
フロントサスペンションには、スウィングバルブショックアブソーバーを設定。わずかな路面の凹凸やボディの動きに対しても適切な減衰力を発生させ、走りの質感を高めるとともにフラットな乗り心地を実現します。
ドライブモードスイッチ(ノーマルモード/「POWER+」モード/POWERモード/エコドライブモード)*6
深夜のエンジン音を抑えたいときなどに便利なEVドライブモード*7や、俊敏な走りをサポートするPOWERモードなど、状況や気分に合わせて、走りをチョイス。
E-Four(電気式4WDシステム)*8
発進時や雪道などの滑りやすい路面で、スムーズに4WD状態へ切り替えることで、発進性、走行安定性をアシスト。またシステムを小型軽量化し、車両後方にコンパクトに配置することで、低燃費に貢献しながら、足もとスペースや荷室容量のゆとりも確保。

機能・装備

  • アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)*1

    停電などの非常時に電気製品が使える。

    給電システムを全車に標準装備。AC100Vで最大消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用できます。災害などによる非常時に電力が必要なとき給電ができます。

  • 10.5インチディスプレイオーディオ*3*4/スマホ連携機能*4*5

    いろんな操作を、声で、スマホで、大きなディスプレイで。

    インパネ中央部にディスプレイオーディオを配置。スマホ連携機能を使えば、スマホアプリを大きなディスプレイで操作できます。

  • 「ナノイー X」*8*9

    室内を快適な空気環境へ。

    「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオンにより、車室内を快適な空気環境に導きます。

その他の機能・装備
エレクトロシフトマチック
スムーズな操作で快適に運転を楽しめるよう、シフトポジションを電動で制御するエレクトロシフトマチックを採用。スマートなシフト操作を実現します。
カラーヘッドアップディスプレイ*10*11
運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。車速のほかにナビと連携*12したルート案内など、さまざまな情報を表示します。また、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保しました。
マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチカラーTFT液晶)+デジタルメーター(メーター照度コントロール機能付)
多彩な情報を表示する高精細のTFT*13カラー液晶画面と先進的かつ視認性に優れたメーターを搭載しました。
スーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアグリーンガラス*14
フロントドアのガラスは日焼けの原因となる紫外線(UV)を約99%カット*15。紫外線の強い季節や時間帯でも、気軽にドライブを楽しめます。また、日射しによるジリジリした暑さのもとである赤外線(IR)カット機能付です。
シートヒーター(運転席・助手席)&ステアリングヒーター*16
座面と背もたれをすばやく温めるシートヒーターに、手のひらから温めるステアリングヒーターを内蔵。冬のドライブも快適です。
運転席イージーリターン機能*17*18
運転席の足元スライドレバーでお好みのシートポジションを記憶しておき、乗車の際、シート横のメモリーレバーを操作することで記憶させたポジションに簡単に復帰することができる機能です。乗車するたびにシートを前後スライドさせて調節するストレスを軽減し、いつでも自分に合ったドライビングポジションを維持できます。
ターンチルトシート*19
シートが回転しながらチルトする(傾く)機構を、運転席・助手席に設定。乗降の際、シート横の回転レバーを操作してシートを回転&チルトさせることで、両脚をそろえたままスムーズな乗り降りが可能になります。また、乗降時の足腰への負担軽減にも貢献します。回転&チルト後のシートは、背もたれを軽く押すことで車内に戻すことができます*20
スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)&スタートシステム(スマートキー2個)*21*22
スマートキーをポケットやバッグに携帯していれば、キーを取り出すことなくドアハンドルを軽く握るだけで解錠、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを施錠します。また、アンサーバック音もリニューアルしました。ハイブリッドシステム起動もブレーキを踏みながらパワースイッチを押すだけです。
オートエアコン&ヒーターコントロールパネル
モーターで駆動する電動インバーターコンプレッサーの採用により、エンジン停止時でもエアコンを効かせることが可能。さらに、花粉除去と脱臭機能のあるクリーンエアフィルター付です。また、Zグレードには温度表示画面のある専用ダイヤルを設定し、優れた操作性を実現します。
イルミネーテッドエントリーシステム(ルームランプ+LEDフロントパーソナルランプ[マップランプ])
ドアの解錠/施錠・ドアの開閉時にはルームランプをはじめとした照明が自動的に点灯・消灯し、乗る方をやさしく迎えます。

スペース・収納

  • 室内空間

    後席にまで広がる、室内のゆとり。気分を高めるストレスフリーな空間。

    ゆとりある後席に、会話がはずむ静かな空間。すっきりと見晴らしのよい前方視界。
    様々な配慮がストレスフリーな空間を生み出します。

  • ラゲージスペース*3/アジャスタブルデッキボード*3*4

    積み降ろしをラクにする、広くてフラットなラゲージスペース。

    バックドアの開口部がより広くなり、荷物が一段と積み降ろしやすくなりました。さらにE-Fourには荷室がほぼフラットになるデッキボードを標準装備し、収納がしやすくなっています。

  • 収納スペース

    充実の収納スペース&便利な充電。

    すっきりとスマートに収納できて、充電も給電もできる充実の装備を取り揃えました。

その他のスペース・収納
リヤシートアレンジ*3
可倒式リヤシートを前に倒せば、ラゲージスペースがさらに拡大。長さや幅のある物もラクに収まります。

安全性能

  • トヨタ チームメイト*1[アドバンスト パーク(パノラミックビューモニター〈シースルービュー機能〉付)]【トヨタコンパクトカー初*2*3*4*5

    スイッチを押すだけで
    駐車操作をアシスト。

    カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます。

  • プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)*6*7

    交差点での検知にも対応し、
    ぶつからないをサポート。

    レーダーとカメラが前方の車両や歩行者、自転車運転者を検出。ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、衝突回避・被害軽減をサポート。さらに交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者にも対応しました。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)*7*8

    ついていくをサポート。

    ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。

その他の安全性能

予防安全

レーントレーシングアシスト[LTA]*9
車線の中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援*10。車線をはみ出しそうなときは、ブザー&ディスプレイ表示に加え、ステアリング操作の一部を支援します。
ロードサインアシスト[RSA]*11
単眼カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。
オートマチックハイビーム[AHB]*12
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)*13*14/パーキングサポートブレーキ(周囲静止物)【トヨタ初*15*14*16*17
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。アドバンスト パーク装着車では、静止物の検知対象を前後進行方向のみならず、側方を加えた車両周囲にまで拡大。アドバンスト パークのアシスト中だけでなく、出庫や後退中のような駐車シーンにおいても周囲を監視しながら静止物の接近を表示とブザーで知らせ、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキをかけます。
パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)*18*19
駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減を支援します。
ブラインドスポットモニター(停車時警報機能付)[BSM]【トヨタコンパクトカー初*15*18*20
車線変更時の後方確認をアシストするブラインドスポットモニターに、停車時警報機能を設定。車両を停めて降車する際、開けたドアに対して後方からの接近車両(自転車も含む)が衝突する可能性が高いと判断した場合、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターの点滅とブザー*21によって注意を喚起します。
プラスサポート(急アクセル時加速抑制 )*22*23
障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを検知するとクルマの加速を抑制し、警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示でドライバーに注意を喚起する機能です。突然のアクシデントに慌てて、アクセルを速く強く踏んでしまった時に作動し、クルマの加速を抑制します。専用キーでドアを解錠した時に自動でプラスサポートが始動するので、面倒な設定も不要です。

駐車支援

パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付)*24*25
車両を上から見たような映像をディスプレイオーディオ画面に表示。運転席からの目視だけでは見にくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認できます。さらにクルマを透かして外を見るような映像で周辺を確認できるシースルービューも採用しています。

衝突安全

セカンダリーコリジョンブレーキ[SCB]*26
SRSエアバッグのセンサーが衝突を検知して作動したとき、自動的にブレーキと制動灯を制御することで、車両を減速させ二次衝突による被害の軽減に寄与します。

安全評価

コネクティッドサービス

  • 音声操作(パワーウインドゥ操作、エアコン調整)【トヨタコンパクトカー初*2

    窓の開け閉めや空調を声で操作。

    ステアリングの音声認識スイッチにより、パワーウインドゥ、エアコンのコントロールを音声で操作することができます。

  • ヘルプネット®*3(エアバッグ連動タイプ)*4

    事故や急病時、さらに
    あおり運転で困ったときでも安心。

    突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。さらに、あおり運転などのトラブルのときにも警察へ状況に応じて通報します。

  • マイカーサーチ Plus*4*7*8*9/マイカーサーチ*10

    スマホアプリ「MyTOYOTA」*6で、離れていてもクルマを見守り。

    ドアのこじ開けなどでアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA」*11にすみやかにお知らせします。また、クルマから離れていても、ドア・ラゲージの開閉状態*12やクルマの駐車位置をスマホ上で確認できます。

その他のコネクティッドサービス
オペレーターサービス*4*8*13*14/オペレーターサービス Plus*4*8*14*15
24時間365日、専任のオペレーターが丁寧に応対します。行ってみたい場所の名称が曖昧なときにも、ご希望に沿った目的地を検索し、ナビに送信します。さらに、オペレーターサービス Plusなら目的地をご案内した後、予約*16も依頼できます。ホテル、レストラン、国内航空券*17、レンタカーの予約が行えるので、急な旅行・出張の際も便利です。
eケア(走行アドバイス)*4*18
警告灯点灯時、クルマの状態をeケアコールセンター(または販売店*19*20)で確認し、専門オペレーターを通じて走行を継続できるかの判断など適切なアドバイスを行います*21。eケアコールセンターは24時間365日、販売店の営業時間外でも対応します。
リモートスタート(アプリ)*10*22*23*24*25
クルマに乗り込む前に、離れた場所からスマホアプリを使って、ハイブリッドシステムの起動をすることで、エアコンを稼働。あらかじめ車内空間を快適な状態にすることができるサービスです。
快感ペダル*2【トヨタハイブリッド初*3
アクセルペダルによる
自在な加減速コントロール。

高出力と低燃費を両立する、新開発ニッケル水素電池を採用*4。アクセルを踏んだ瞬間からトルクが立ち上がり、レスポンス良くスムーズな加速を生み出します。さらに、バッテリー出力の向上により、市街地走行の多くのシーンをモーターだけで走行可能に。低速域でも、静かで上質な走りをもたらします。また、ドライブモードスイッチで「POWER+」モードを選択すれば、加速の力強さが増すとともに、アクセルオフの減速度が強くなり、アクセルペダルの操作だけで速度を調整し易くなります。これにより、ペダルの踏み替え頻度を減らし、快適な走りが楽しめるほか、降坂時にもレスポンス良くしっかりと減速感が得られるため、車速の増加を抑制し安心して走行できます。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)*1
もしもの備えにアクアを。給電システムを全車標準装備。

コンセント(AC100V・1500W)を、コンソールボックス背面に設置。AC100Vで最大消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用できます。災害などによる非常時に電力が必要なとき給電ができます。

  • 非常時給電システム
    非常時給電システムの使い方*1

    [1]ブレーキを踏まずに、パワースイッチを2回押して「ONモード」状態にします。
    [2]READYインジケーターが点灯していないことを確認し、AC100Vスイッチを3回連続で押してください。
    ※AC100Vスイッチを押す間隔が1秒以上あかないように、連続して押してください。
    [3]マルチインフォメーションディスプレイに非常時給電モードの説明が表示されたことを確認してください。
    [4]フタを開けて、電気製品の電源プラグをコンセントの奥までしっかり差し込んでください。
    ※アース線のある電気製品を使用するときは、アース線をアース端子に接続してください。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

「ナノイー X」*3*4
室内を快適な空気環境へ。

「ナノイー X」は、「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオンです。インパネの運転席側吹き出し口から室内へ放出され、車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」がさらに進化しました。

[「ナノイー」の技術]
・お肌や髪にやさしい弱酸性
・ウイルス★・菌★★の抑制
・脱臭★★★

★、★★、★★★車室空間での試験による約1時間の効果であり、実使用環境・実使用条件での結果ではありません。*5*6*7
●効果には個人差や作動条件による差があります。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

収納スペース
充実の収納スペース&便利な充電。

すっきりとスマートに収納できて、充電も給電もできる充実の装備を取り揃えました。

[A]助手席アッパーボックス
[B]助手席グローブボックス(ダンパー付)
[C]充電用USB端子/通信用USB端子*2
[D]フロントコンソール(スライド式スマホトレイ/カップホルダー2個付)
[E]フロントセンターアームレスト(コンソールボックス付)*3
[F]フロントドアポケット&ボトルホルダー[1本](両側)
[G]リヤコンソール(オープントレイ/カップホルダー2個付)*4
[H]アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)
[I]助手席シートバックポケット*5
[J]リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)*6
[K]助手席シートアンダートレイ*5
[L]買い物アシストシート*5

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

トヨタ チームメイト*2[アドバンスト パーク(パノラミックビューモニター〈シースルービュー機能〉付)]【トヨタコンパクトカー初*3*4*5*6
高度運転支援で、
駐車をもっとスムーズに。

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パークスイッチを押して駐車位置*7を確認。その後、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます。

  • 駐車位置のメモリ機能
    駐車位置のメモリ機能搭載。
    区画線のないスペースでの駐車もアシスト。

    区画線で区切られた駐車場での縦列駐車・出庫、並列駐車だけでなく、事前に駐車位置を登録することで、区画線のない駐車場や隣接車両がない環境下での駐車操作もアシスト可能です。

  • アシスト中の衝突被害軽減サポート
    アシスト中の衝突被害軽減もサポート。

    カメラやソナーによって、周囲を監視しながら駐車を支援。障害物を検知した場合には警報を鳴らし、ブレーキ制御を行うことで接触回避を支援します。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)*2*3
ぶつからないをサポート。

レーダーとカメラが前方の車両や歩行者、自転車運転者を検出。ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、衝突回避・被害軽減をサポート。さらに交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者にも対応しました。

  • 直進時の車両・歩行者検知機能*4*5
    直進時の衝突回避・被害軽減をサポート。

    前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が約50km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • 「交差点」右折時の対向直進車・右左折時の対向方向から来る横断歩行者検知機能*4
    交差点での検知にも対応。

    交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。ブザーと表示で衝突の可能性を知らせ、その後プリクラッシュブレーキを作動。衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • 緊急時操舵支援機能*4*6
    ドライバーによる回避操舵をきっかけに
    操舵と車線逸脱抑制をサポート。

    歩行者と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの回避操舵があったとき、操舵支援を行い、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与します。

  • 低速時加速抑制機能*4*7
    低速時の自車直前にいる歩行者、自転車運転者、車両検知機能により衝突回避・被害軽減をサポート。

    低速時の自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、ハイブリッドシステム出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

ヘルプネット®*2(エアバッグ連動タイプ)*3
事故や急病時、さらに
あおり運転で困ったときでも安心。

突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続。ドクターヘリ等の早期出動判断*4を行うD-Call Net®*5にも対応しています。さらに、あおり運転などのトラブルのときにも警察へ状況に応じて通報します。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

燃料消費率
ハイブリッド世界トップレベル*2
低燃費を実現。

■2WD
[Z,G]
WLTCモード:33.6km/L
市街地モード:33.8km/L
郊外モード:36.0km/L
高速道路モード:32.0km/L
[X]
WLTCモード:34.6km/L
市街地モード:35.4km/L
郊外モード:37.5km/L
高速道路モード:32.6km/L
[B]
WLTCモード:35.8km/L
市街地モード:36.5km/L
郊外モード:39.5km/L
高速道路モード:33.5km/L

■E-Four(電気式4WDシステム)*3
[Z,G,X]
WLTCモード:30.0km/L
市街地モード:30.6km/L
郊外モード:31.7km/L
高速道路モード:28.7km/L
[B]
WLTCモード:30.1km/L
市街地モード:30.4km/L
郊外モード:32.6km/L
高速道路モード:28.3km/L

エンジン・ハイブリッドシステム
ハイブリッドの走りを革新する、
新感覚のドライビングフィール。

1.5Lハイブリッドシステムと1.5Lダイナミックフォースエンジンで圧倒的な低燃費と力強い走りを両立。

■1.5Lハイブリッドシステム
電気系・機械系損失を大幅に低減し、ハイブリッド世界トップレベル*2の低燃費を実現。また、システム出力を向上し、アクセル操作に対するレスポンスを高めることで、クルマを意のままにコントロールでき、いつまでも走っていたくなるような気持ち良い走りを両立させました。

■1.5Lダイナミックフォースエンジン
小型・軽量化を徹底的に追求し、クラストップレベルの低燃費・動力性能・環境性能を発揮する1.5Lエンジンを搭載。高速燃焼により熱効率の向上を実現し、最大熱効率は40%以上。低回転域からのトルクフルな加速フィーリングにより、実用域での軽快感と燃費向上を高次元で両立させました。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

TNGAコンパクトパッケージ
コンパクトなボディに“ギュッ”と凝縮。

コンセプトは「軽く、小さく、扱いやすく」。ムダを徹底的にそぎ落とし、運転のしやすさ、優れた操縦安定性、高い燃費性能、そして躍動感あふれるスタイリングをコンパクトなボディに凝縮しました。

最小回転半径
車庫入れや縦列駐車時の取り回しが
スムーズに。

最小回転半径は、4.9mを実現。細い路地に入る時やUターン時、車庫入れや縦列駐車時の取り回しがスムーズに行えます。

低重心&高剛性ボディ
フットワークの良い走りの
実現のために。

TNGAプラットフォームのもと、エンジン構成位置などの重量配分を最適化することで低重心化を図りました。
さらに、軽量でありながら高い剛性を備えたボディの採用により、安定感に優れた新たなコンパクトカーの走りの質を追求しました。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

10.5インチディスプレイオーディオ*2*3
先進的でクリーンなレイアウト。

インテリアデザインの先進性を象徴する、大型かつ高精細な10.5インチディスプレイオーディオ。インパネ中央部に最適配置し、見通しの良い視界に配慮しました。また、ヒーターコントロールパネルのスイッチ類も機能ごとにまとめるなど、見やすく使いやすいレイアウトとしています。

スマホ連携機能*3*5
ディスプレイに表示された
スマホアプリを運転中に操作する、
新ナビゲーション体験。

スマホアプリのナビや電話、メッセージ、音楽などを運転中でもご利用いただけます。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

後席スペース・静粛性
ゆとりある後席に、
会話がはずむ静かな空間。

■後席スペース
乗る人みんなが心地よく過ごせるよう、後席スペースにもゆとりを確保しました。十分な前後席間距離をとることで、後席でも乗り降りしやすく、膝まわりにも余裕を感じる設計としています。また、頭上空間の広さにもこだわるなど、ゆったりとくつろげる室内としています。

■静粛性の追求
振動・騒音を抑える高剛性ボディに加え、ほぼフロア全面への吸音材の設定や、エンジン音・ロードノイズを低減する遮音材の最適配置、さらに接合部の隙間も細部まで埋め、車内への音の侵入を抑制。また、2WD車では遮音効果のあるアンダーカバーを採用し、排気音がマフラーを通じて車内に侵入するのを抑制するなど、あらゆるシーンで会話が楽しめる静かな空間を追求しました。

コックピット
すっきり見やすい前方視界。

フロントピラーのスリム化とドアミラー位置の最適化、さらにワイパーの停止位置を下げるなどして、すっきりとした前方視界を確保。同時に、三角窓の拡大によって右左折時の優れた視認性を確保しています。また、リヤガラス部分やリヤワイパーの払拭範囲を拡大するなど、後方視界にも配慮しています。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

ラゲージスペース
積み降ろしをラクにする広いラゲージ。

荷物の出し入れがしやすいよう、バックドアの開口長を拡大。さらに、奥行きも開口幅もしっかりと確保することで、ゆとりあるラゲージスペースとしています。

アジャスタブルデッキボード*2*3
フラットなラゲージスペース。

E-Fourには段差を抑えた収納のしやすいデッキボードを標準装備。可倒式リヤシートを前に倒せば、ほぼフラットなラゲージスペースになるよう設計されています。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

マイカーサーチ Plus*2*3*4*5
離れていても愛車を見守り。

ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA」*6にすみやかにお知らせします。さらにお客様のご要望により、車両の位置追跡や警備員の派遣も行います。

マイカーサーチ(リモート確認/リモート操作)*7
離れた場所から、スマホでドアロック。

クルマから離れていても、ドア・ラゲージの開閉状態*8やハザードランプの点灯状態などクルマの状態を「MyTOYOTA」から確認できます。さらに、ドアロックの閉め忘れやハザードランプの消し忘れをスマートフォン*9から操作できます。

マイカーサーチ(カーファインダー*10*7*11
クルマの駐車位置を、
スマホですぐに探せる。

クルマの駐車位置をスマホアプリの地図上で確認できます。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

トピックス