C-HRの走りを料理した男。 | HEN-AI C-HR 13 | EPS設計・適合チーム代表 南 宣在 「ステアフィールの調整は乗り味調整の最後の仕上げ。塩コショウみたいなもので、単純な結論はないんですよね」

EPS設計

ボディが決まりサスペンションが決まり、そしてタイヤが決まる。ステアフィールは、その後に決めるもの。すなわち、運転感覚の最終調整。それを担うのがEPS設計・適合チームである。そんな彼らにも、もちろん、譲れない思いと計り知れない偏愛があった。

最終セッティングはクルマの塩コショウ。
結論の出ない問題に立ち向かう。

電動パワーステアリングの開発において、最後の最後での仕様を評価決断する人物に課せられた責任は、極めて重い。ボディが決まり、サスペンションが決まり、そしてタイヤが決まる。ステアフィールは、その後に決めるものだ。

「EPSのセッティングは、ある意味、料理における塩コショウのようなもので、最終的には人それぞれの好みに左右される部分も多いわけです。つまり、言ってしまえば結論は出ません。トヨタなりの理想形に落とし込んで行くという作業が必要でした。そのために調整できる最小の単位レベルまで吟味することで作り上げたのがC-HRのステアフィールです」

ダイレクト感があってスムーズなステアフィール。C-HRが最終的に目指したこの感覚は、動き出した瞬間から最高速度領域まで、統一感のあるステアフィールだ。すなわちそれが、一言で言うと「意のままの走り」を実現しているということになるだろう。

結論のない問題に立ち向かう南。その哲学を語ってくれた。

ヨーロッパでも走るから。
全てのドライバーを思いやる優しさが、ステアフィールを決める。

「クルマのステアリング特性を語る上で、『クルマの側から積極的に何かを語りかけてくるような味つけが良い』という意見を言う人もいますが、私の持論は『ナチュラルなものこそが良い』です」

キャラクターのはっきりしたステアリングは、乗り始めはインパクトがある一方で、長距離を淡々と走る場合などでは逆に疲れをもたらす要因になりがちだと南は考える。1日に長距離を走るヨーロッパ市場で販売することを考えると、ここはナチュラルに、長時間の運転ではその存在を忘れるくらいのフィールこそが重要であると考え、現在の特性を決定したという。

C-HRにはパワートレイン(駆動装置)が異なる幾つかの仕様があるが、ステアフィールはすべて共通となるように、EPSはセッティングされている。

「トヨタにとって、C-HRというクルマにとって世界共通で最適なステアフィールとはどういうものなのか? これが理想形の1つであるという思いと共に作り上げました。ターボもハイブリッドも、全く同じ特性です」

ヨーロッパでも売ることを考えれば、長距離が走りやすいナチュラルさが大事。そう語る南の優しさが、ステアフィールを作り上げた。

その他の偏愛

  • HEN-AI C-HR 01 ボディで走りの質を作り込む男。 ボディ剛性評価チーム代表 天野 克彦
  • HEN-AI C-HR 04 30μmが我慢できない男。 シフトノブ設計チーム代表 野間 友貴
  • HEN-AI C-HR 03 デザインから空気の流れを見る男。 空力性能開発チーム代表 楢崎 昭尋

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

C-HR TOYOTAの世界戦略SUV、始動。 日本仕様 初公開!

REAL SHOTS By C-HR みんなが写したC-HRのリアル。大量の写真を公開中。