SHARE
OUTLINE
試乗会開催概要
11月26日(土)「C-HR特別先行プロト試乗会」が、富士スピードウェイにて開催されました。まだ発売前とあってトヨタの世界戦略SUV、C-HRはお客様の関心も非常に高く、約1ヶ月という短い応募期間にも関わらず、なんと全国から約10,000名の応募をいただきました!快晴の当日は、抽選の結果選ばれた約100名の方々に、試乗会場にお集まりいただき、ハイブリッド・ターボとタイプの違うC-HRでサーキットを走るプレミアムな試乗や開発責任者の古場博之さんの熱い想いが聞ける座談会など特別メニューをご堪能いただきました!参加者の皆様が笑顔になった「C-HR特別先行プロト試乗会」の模様をお届けします!
PROGRAM
プログラム
ブリーフィング
プロドライバーから
試乗前のブリーフィング
快晴の青空が広がるサーキット。試乗前にプロレーシングドライバーの三浦健光さんによる事前ブリーフィングが行われました。C-HRのテストドライバーも務めた三浦さんから、C-HRの走りの魅力や走行ポイント、カーブやアップダウンのあるコースの特徴などの詳しい説明があり、参加者のみなさんは真剣な表情で熱心に耳を傾けていました!
試乗
C-HRの走りの良さを体感
発売前のC-HRが運転できるとあって、乗り込む前からみなさんのワクワク感がひしひしと伝わってきました。しかも今回はハイブリッドとターボの両モデルを乗り比べできる特別な試乗会!インストラクターを助手席に、いざサーキットをドライブ。C-HRの特徴であるリニアな発進、無駄のない加速、カーブを正確に曲がっていく気持ちよさに、参加者の誰もが予想以上の笑みをこぼしていました!
開発責任者座談会
C-HR開発への
熱き思いを共有
C-HR開発責任者の古場博之さんを中心に、プロレーシングドライバー三浦健光さんも交えて座談会が行われました。デザインやコンセプト、開発にかける熱い想いなどを直接聞ける貴重な機会とあって、みなさん身を乗り出すように話を聞いていました。その興奮は座談会内に留まらず、座談会後も、多くの参加者が古場さんに質問や感想を話すなど大いに盛り上がりました!
DRIVER'S VOICE
ドライバーズボイス