特長

特長

外観・内装

コネクティッドサービス

  • オペレーターサービス/オペレーターサービスPlus*2*3*4*5

    走行中でも、あなたのリクエストに
    オペレーターがお応え。

    レストランや駐車場、夜間・休日診療機関などを探してくれるだけでなく、目的地の設定までサポート。また予約まで行えるので、急な旅行や出張の際に便利です。

  • マイカーサーチPlus*6*7*8*9

    離れていても愛車を見守り。

    ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話などにすみやかにお知らせしてくれるので、クルマから離れていても安心です。

  • ヘルプネット®*11*12*13
    (エアバッグ連動タイプ)

    もしものときの緊急通報を
    専門オペレーターが対応。

    エアバッグが作動した場合、自動で専門のオペレーターに接続。オペレーターの呼びかけにお客様が応答できないときは、オペレーターが緊急車両やドクターヘリなどの手配を行います。

その他のコネクティッドサービス
eケア(走行アドバイス)*14*15
ナビ画面からeケアコールセンターへ連絡でき、そのまま走行して大丈夫かどうかなど、適切なアドバイスを24時間365日受けられます。
「MyTOYOTA」*14*16
「MyTOYOTA」のダウンロードで、さまざまなT-Connectのサービスがもっと身近に。 
マイカーサーチ(リモート確認/リモート操作)*14
クルマから離れていても、ドア・ラゲージの開閉状態やハザードランプの点灯状態、オートアラームのON/OFFなどクルマの状態をスマホ*16で確認できます。
マイカーサーチ(カーファインダー*17*18
クルマの駐車位置をスマホアプリの地図上で確認できるので、外出先の駐車場でも迷わず自分のクルマが見つけられます。

走行性能

  • E-Four(電気式4WDシステム)*1*2/燃料消費率*3

    雪道などでの発進をサポートしながら
    低燃費を実現。

    滑りやすい雪道など、路面状況において安定した走行をアシストするE-Four(電気式4WDシステム)を設定。無駄なくスムーズに4WD状態へ切り替えることで、低燃費に貢献。

  • エンジン・ハイブリッド/燃料消費率*4

    優れた動力性能と低燃費を実現。

    「2.5Lダイナミックフォースエンジン」と、進化を続けるハイブリッドシステムを組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を実現しました。

  • 低重心パッケージ

    重心は低く、安定性は高く。

    TNGAプラットフォームが重量バランス・車両安定性を向上させ、意のままの走りを実現。操作性やドライビングポジション、視界など、すべての領域で妥協なく設計されています。

その他の走行性能
フロント&リヤサスペンション
クルマを意のままに操り、上質セダンにふさわしい乗り心地を高めるフロント&リヤサスペンションを開発。長時間の運転でも疲れにくい走りを実現。
軽量・高剛性ボディ
ボディ開口部に環状骨格構造を採用。さらに高度な結合技術により、軽量化とともに優れた衝突安全性を確保した強靭なボディを実現。
ドライブモードセレクト
(エコモード/ノーマルモード/スポーツモード)
エコモード/ノーマルモード/スポーツモードから最適な走りを選択可能。状況や気分に合わせて走りを変えて、よりドライビングを楽しいものに。

機能・装備

  • ディスプレイオーディオ*1*2

    いつものスマホアプリが
    クルマで使える。

    スマホをクルマとつなぐだけで、使い慣れたスマホアプリをディスプレイオーディオ上で気軽に使えます。またハンズフリー通話など、運転中でも利用できるため安心です。

  • JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)*4

    迫力と臨場感のある音響空間。

    高品質のアンプ・スピーカーを採用したカムリ専用の次世代型サウンドシステムを設定。進化するチューニング技術と融合することで実現したJBLサウンドを全席で体験いただけます。

  • カラーヘッドアップディスプレイ*5*6

    少ない視線移動で情報を確認。

    運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影し、さまざまな情報をワイドに表示。視線移動が少なく済むので、より集中してドライビングできます。

その他の機能・装備
パノラマムーンルーフ
(チルト&スライド電動[フロント側]/ワンタッチ式/挟み込み防止機能付)*7*8
パノラマムーンルーフがさわやかな風と光を呼び込み、車内を明るく開放感あふれる印象に。挟み込み防止機能付きで安全面にも配慮しています。
イルミネーテッドエントリーシステム
(助手席インストルメントパネルオーナメントイルミネーション*9、フロント足元照明、パワースイッチ照明、インサイドドアハンドル照明[フロント・リヤ]、 ルームランプ[フロント・リヤパーソナルランプ])
検知エリアに入ると室内照明が点灯し、ドアオープンでさらに明るくなる2段階の調光でお出迎え。おもてなしの空間としての質感を高めました。
マルチインフォメーションディスプレイ(7.0インチTFT*10カラー)
大型液晶画面をメーター内に搭載。運転状況やエコドライブをサポートする多彩な情報を表示。コックピットがより先進的な印象に。
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)*11*12
コンセント(AC100V・1500W)を、車内2カ所に設置。非常時給電システムも設定しているので停電などの非常時でも安心です。
給電機能について詳しくはこちら
充電用USB端子(2個/コンソールボックス後部)*13*14
後席乗員でも気軽にスマートフォンやタブレットの充電ができるよう、コンソールボックス後部にUSB端子を2個設定しています。
左右独立温度コントロールフルオートエアコン
(電動インバーターコンプレッサー・湿度センサー付)
外気温や室温、日射量を感知し、吹き出し温度、風量を制御し、快適な空調を実現。センターコンソールに後席用のエアコン吹き出し口も設定。

安全性能

  • プリクラッシュセーフティ
    (歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)*1

    クルマや歩行者を検知し、
    ぶつからないをサポート。

    低速から高速まで幅広い速度域で、ミリ波レーダーと単眼カメラが車両や歩行者[昼]などを検知。
    衝突の可能性があると判断した場合には、警報を発して回避操作を促します。

  • インテリジェントクリアランスソナー
    [パーキングサポートブレーキ(静止物)]*2

    誤って踏み間違えても、
    ブレーキでサポート。

    ソナーで周辺監視しながら、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステムです。障害物の接近を表示とブザーで知らせ、ブレーキ制御を行います。

  • リヤクロストラフィックオートブレーキ
    [パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]*3*4

    後方から接近する車両を
    検知するから安心。

    後退する際に、接近してくる車両をレーダーで検知。ドライバーに注意を促し、ブレーキ制御を行うことで衝突被害軽減を支援。駐車場など後ろが確認しづらい場面でも安心です。

その他の安全性能

予防安全

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)*5
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行をサポート。ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。
ブラインドスポットモニター〈BSM〉*6*7
隣を走る車両が死角に入るとインジケーターを点灯。またウインカーを出した場合には インジケーターも点滅させて注意を促します。
レーンディパーチャーアラート*8*9
(ステアリング制御機能付)
道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、車線をはみ出す可能性がある場合、警報ブザーとディスプレイ表示で注意喚起とステアリングを制御。
オートマチックハイビーム*10
先行車の有無や対向車のライトを認識し、ヘッドランプの上下の向きを自動で切り替え。切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさもなくなります。
ヒルスタートアシストコントロール
坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持し車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進をアシストします。
ドライブスタートコントロール
後退時に衝突し、慌ててアクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促し、ハイブリッドシステム出力を抑制。

衝突安全

SRS*11エアバッグ(運転席・助手席)
+SRSニーエアバッグ(運転席)
+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
+SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)*12
前席乗員を守るSRSエアバッグや後席乗員を守るSRSカーテンシールドエアバッグなど、合計7つのエアバッグを設定しています。
全方位コンパティビリティ*13ボディ構造
重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティの概念を採り入れて進化。
歩行者傷害軽減ボディ
万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しています。歩行者の安全にも配慮。

安全評価

スペース・収納

  • 後席空間

    大人3人が並んでもゆったり。

    カムリの魅力のひとつは、後席の広さ。大人3人が並んでゆったりと座れる広さを確保しています。また、十分な前後席間距離を確保。後席乗員の膝まわりに心地よいゆとりをもたせました。

  • ラゲージスペース*2

    広い間口と大容量で使いやすい。

    大容量のラゲージスペースは、ゴルフバッグを収納できる十分なゆとりを確保。また間口も広いためラクに荷物を積むことができるなど、使いやすさにもこだわりました。

  • 収納スペース

    細部まで行き届いた気配り。

    フロントに設置されたカップホルダーや小物収納に最適なコンソールトレイなど、使い勝手だけでなく、デザインにも配慮した収納スペースを各所に採り入れました。

その他のスペース・収納
6:4分割可倒式リヤシート(両側可倒&トランクスルー機能付)
トランク内のレバーを引いて6:4分割式のリヤシートを倒せば、大きな荷物や長尺物も積載できます。左右席どちらかもトランクスルーが可能です。
オペレーターサービス/オペレーターサービスPlus*2*3*4*5
走行中でも、あなたのリクエストに
オペレーターが細やかにお応え。

オペレーターサービス/オペレーターサービスPlus*3*4は24時間365日、専任のオペレーターが丁寧に応対します。行ってみたい場所の名称が曖昧なときにも、ご希望に沿った目的地を検索し、ナビに送信します。さらに、オペレーターサービス Plusなら目的地をご案内した後、予約*6が必要な場合もそのまま依頼できます。ホテル、レストラン、国内航空券*7、レンタカーの予約が行えるので、急な旅行・出張の際も便利です。

<主なサービス内容>
・レストラン・駐車場などのご案内
・夜間・休日診療機関のご案内
・ロードアシスト24への取り次ぎ
・保険会社の取り次ぎ*8
〈オペレーターサービスPlusのみのサービス内容〉
・ホテル・レストランのご予約
・国内航空券のご予約*7
・レンタカーのご予約取り次ぎ

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

マイカーサーチPlus*2*3*4*5
離れていても愛車を見守り。

ドアのこじ開けなどでオートアラームの作動を検知すると、メール・電話やスマホアプリ「MyTOYOTA」*6にすみやかにお知らせします。さらにお客様のご要望により、車両の位置追跡や警備員の派遣も行います。

<主なサービス内容>
・アラーム通知*7
・エンジン始動通知*7
・車両の位置追跡*8
・警備員の派遣*8

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

ヘルプネット®*2*3*4
(エアバッグ連動タイプ)
もしものときの緊急通報を
専門オペレーターが対応。

突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。また、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続。ドクターヘリ等の早期出動判断*5を行うD-Call Net®*6*7にも対応しています。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

E-Four(電気式4WDシステム)*1*2/燃料消費率*3
雪道などでの発進をサポートしながら
低燃費を実現。

2WD同等の足元スペース確保しながら、後輪駆動システムを車両後方にコンパクトに搭載。加速時や雪道などの滑りやすい路面で無駄なくスムーズに4WD状態へ切り替えることで、低燃費に貢献しながら発進性、走行安定性をアシストします。

[WS“レザーパッケージ”(E-Four)/WS(E-Four)/
G“レザーパッケージ”(E-Four)/G(E-Four)/X(E-Four)]
WLTCモード:21.6km/L
市街地モード : 17.1km/L
郊外モード : 24.3km/L
高速道路モード:22.5km/L

JC08モード:24.6km/L

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

8インチディスプレイオーディオ*1
ディスプレイオーディオを
全グレードに標準装備。

インパネ中央部のディスプレイに、オーディオ機能とスマホ連携機能を搭載。T-Connectナビキット*2またはエントリーナビキット*3を装着することで、車載ナビとしてもご利用いただけます。(CD・DVDデッキは販売店装着オプションとしてご用意しています。)

<ディスプレイオーディオの主な機能>
・AM/FMチューナー(ワイドFM対応*4
・Bluetooth®対応(ハンズフリー通話・オーディオ再生)*5*6
・USB入力(動画・音楽再生/給電)*6*7*8*9
・Miracast™対応*10
・バックガイドモニター
・SmartDeviceLink™対応*11
・Apple CarPlay /Android Auto™ 対応*7*12*13*14
・TV(フルセグ)*12*15

  • スマホ連携機能
    ディスプレイに表示したスマホアプリを
    運転中に操作。

    スマートフォンとの連携を強化。スマートフォンをディスプレイ上で直接操作できます。ナビ案内をはじめ、電話、メッセージ、音楽など、運転中でもアプリをご利用いただけます*17

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

JBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)*2
迫力と臨場感のある音響空間。

高性能な8chアンプの採用により、室内空間に最適な音質を確保するJBL*3のサウンドシステム。アンプ2チャンネル分を利用して駆動する大口径サブウーハーをキャビン後方に設定することにより、素早いレスポンスと迫力のある重低音再生を実現しました。また、フルレンジスピーカーをリヤドアに搭載することで、後席での広がりのある中高音再生を可能にしています。音源のディテールを高く再現するだけでなく、省電力・軽量化も同時に実現する高効率テクノロジーを採用し、低燃費・省スペースにも貢献しています。

A インパネ 8cm ワイドディスパージョン・スピーカー
人の声の帯域をカバーする8cmワイドディスパージョン・スピーカーをインパネ部に設定。音響レンズを組み込むことで音を拡散し、広いステージを作り出します。

B フロントピラー 2.5cm ホーンツィーター
JBLの長い歴史の中で培ってきたホーンの技術をカムリ専用に設計。スピーカー振動から空気振動への変換効率を向上することで、コントラストが高くエネルギッシュなサウンドを実現。さらに、ツィーターの向きとホーンの形状をリスナー位置に対して最適化することで、左右のステレオイメージバランスを改善しました。

C フロントドア 20cm×23cm ミッドウーハー
大きな振動板で瞬間的に多くの空気を動かすことでインパクトとキレのある低音再生を実現。同時に楽器のメインとなる中音域を再生することで、ステージの幅を車両幅いっぱいに広げることに寄与します。

D リヤドア 15cm フルレンジスピーカー
アンプのデジタル信号処理技術と精緻なチューニング技術を組み合わせることで、リヤ席でも目の前に広がるステージを作り出します。

E リヤ 26.5cm サブウーハー
タイトで迫力のある重低音を再生。音源に入っている音をあますことなく再現します。

「ホーンツィーター」
フロントピラー部の「ホーンツィーター」が音質の向上に貢献することはもちろん、JBLのサウンドシステムを搭載していることをさりげなく演出してくれます。

  • Clari-Fi(クラリファイ)
    Clari-Fiを搭載

    Clari-Fi(クラリファイ)はHarman独自の圧縮音源復元アルゴリズム技術。圧縮された音声から欠落した音楽信号を補完し、オリジナルの音声を再現します。

    1.リアルタイム解析
    圧縮により失った情報をリアルタイムに解析。MP3、AAC、YouTube、ストリーミング音源などをサポートします。

    2.情報の再構築
    解析後、現存する音楽データを元に失われた音楽データを再構築し、音楽として再生します。

    3.高精度な復元
    オリジナルのレコーディング音源を忠実に再現し、より明瞭に、より鮮明に、ダイナミックな音を再生します。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

カラーヘッドアップディスプレイ*2
少ない視線移動で情報を確認。

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。車速のほかにナビと連携したルート案内*3など、さまざまな情報をワイドに表示します。また、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保しました。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

プリクラッシュセーフティ
(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)*2
クルマや歩行者を検知し、
ぶつからないをサポート。

前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

インテリジェントクリアランスソナー
[パーキングサポートブレーキ(静止物)]*2
誤って踏み間違えても、
ブレーキでサポート。

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

リヤクロストラフィックオートブレーキ
[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]*2*3
後方から接近する車両を
検知するから安心。

駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両との衝突被害軽減を支援します。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

ラゲージスペース*2
ゴルフバッグを収納できる
十分なゆとり。

大容量のラゲージスペースは、ハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート下へ移動することでゴルフバッグを収納できる十分なゆとりを確保。ロック解錠後にバネの力でラゲージドアが自然に全開する機構の採用により、ドアを手で持ち上げることなく荷物を積むことができます。

  • 荷室寸法
    大容量のラゲージスペース

    2WD
    荷室容量(VDA法)524L*3
    奥行き(最長)1,150mm
    奥行き(床面)990mm
    荷室幅(最長)1,680mm
    荷室高(最大)530mm*4
    ゴルフバッグ 積載数 4個*5

    E-Four
    荷室容量(VDA法)480L*6
    奥行き(最長)1,150mm
    奥行き(床面)990mm
    荷室幅(最長)1,680mm
    荷室高(最大)500mm
    ゴルフバッグ 積載数 3個*5

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

収納スペース
細部まで行き届いた気配り。

使いやすさだけでなく、デザインにも配慮した収納スペースを、各所に採り入れました。

コンソールトレイ(上段)*2
コンソールトレイ(下段)*2
フロントカップホルダー(2個)
コンソールボックス(開け)
コンソールボックス(閉め)
ダンパー付グローブボックス(キー・LED照明付)
フロントドアポケット(ボトルホルダー[1本]付)
リヤドアポケット(ボトルホルダー[1本]付)
リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付〈フタ付〉)

その他の主な収納:カードホルダー*3・コインホルダー・オーバーヘッドコンソール(パノラマムーンルーフ装着車を除く)・シートバックポケット(運転席・助手席)など

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

2.5Lダイナミックフォースエンジン×ハイブリッドシステム[THSⅡ*2]/燃料消費率*3
優れた動力性能と低燃費を実現。

高い熱効率・高出力を両立した「2.5Lダイナミックフォースエンジン」と、進化を続けるハイブリッドシステムの小型・軽量・高効率化技術を組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を実現しました。

[X(2WD)]
WLTCモード:27.1km/L
市街地モード:22.9km/L
郊外モード:30.6km/L
高速道路モード:27.1km/L

[WS“レザーパッケージ”(2WD)/WS(2WD)/
G“レザーパッケージ”(2WD)/G(2WD)]
WLTCモード:24.3km/L
市街地モード:20.1km/L
郊外モード:27.2km/L
高速道路モード:24.7km/L

DYNAMIC FORCE ENGINE A25A-FXS/燃料消費率*3
走りに、興奮と知性をもたらす。

優れた低燃費・動力性能・環境性能を発揮する2.5L直列4気筒エンジンを搭載。基本構造を刷新し、高圧縮比・ロングストローク化。タンブル流強化と吸気流量アップを両立する高効率吸気ポートに加え、直噴インジェクタにより高速で安定した燃焼を実現。さらに、吸気バルブの開閉タイミングを最適制御するVVT-iE*5を採用し、レスポンスを向上。高出力化と最大熱効率41%に達する燃費低減を高次元で叶えました。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

TNGAプラットフォーム
重心は低く、安定性は高く。

TNGAプラットフォームがもたらす重量バランス・車両安定性の向上によって、意のままの走りを実現。重心高を下げることで同乗者にもやさしい横揺れの少ない乗り心地と安定した高速走行を叶えるとともに、スポーティな走りを予感させるスタイリングを表現しました。

ドライビングポジション
ストレスフリーな運転席を追求。

自然でストレスの少ない操作性を実現するため、運転操作がしやすく疲れにくいドライビングポジションと良好な視界にこだわりました。フードやベルトラインを下げることで、見通しのよい前方視界と心地よい開放感を創出。フロア、エンジンルーム、インストルメントパネルを同時に設計することではじめて実現可能となった、こだわりの運転席です。

すべての機能・スペックはこちらでもご確認いただけます。

トピックス