全方位型セーフティ

NEW 全方位型セーフティ COROLLA Axio

「安全」の価値が問い直されている今、カローラは、乗る人すべての安心を守るためにできることを真剣に考えました。「見やすさ」「運転のしやすさ」。2つの安心設計を軸に、できる限りの工夫を施した上で先進の安心機能をプラスしていく。
広々とした視界を確保するために、強度を確保したままスリム化したフロントピラー。コンパクトカー並みの優れた小回り性能を発揮するために、最適化したボディ形状。そして、いま世の中に求められている「踏み間違い時サポートブレーキ」を新搭載。カローラは、どの角度から眺めても、安全への気配りが発見できるクルマです。

全方位型セーフティMOVIE

新しいカローラの「全方位型セーフティ」が、いま紐解かれる。
さまざまなシーンで活躍する安心機能と安心設計の魅力を分かりやすく解説したショートムービーを、ぜひご覧ください。

JNCAP予防安全性能評価*4において、2015年度最高ランクの「ASV+」を獲得*5。JNCAP新・安全性能総合評価における2012年度の「ファイブスター賞」受賞とあわせて、高い予防および衝突安全性能を評価されました。

TOYOTA SAFETY TECHNOLOGY

安全安心テクノロジーを
お店で体感!

自動ブレーキなどのトヨタの安全運転機能が体感できるイベントを全国各地で実施中!
あなたもぜひお近くのお店でご体感ください。

安全機能の体感イベントの詳細はこちら
*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System *2. 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。 *3. 新・安全性能総合評価:2011年度から導入された、衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。(試験車:カローラ フィールダー1.5G) *4.予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より導入され、以下の項目により車両の予防安全性能を、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム> ②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート> ③後方視界情報提供装置<バックモニター等>(2015年度から追加) ④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティシステム>(2016年度から追加) *5.Toyota Safety Sense C搭載およびバックカメラ装着車。