シフト操作時の急発進・急加速を抑制し被害の軽減をサポート。
ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減をサポートします。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを[R]から[D]へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン/ハイブリッドシステム出力を抑えます。
■撮影した車両は、販売車両と一部仕様が異なる場合があります。
[ハイブリッド車、CVT車に標準装備]
滑りやすい路面や発進・加速時に活躍。
VSC&TRC
VSC*1は急なハンドル操作や滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして車両安定性を確保します。TRC*2は発進・加速時にタイヤの空転を抑えて、アクセル操作を容易にします。また、加速中の操縦性・車両安定性の確保にも貢献します。
*1. VSC:Vehicle Stability Control
*2. TRC:Traction Control
■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
走行状況に応じて適切にブレーキを制御。
EBD(電子制動力配分制御)付ABS+ブレーキアシスト
制動時のタイヤロックを防ぐABS*1機能に加え、車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後・左右輪に配分するEBD*2機能を採用。またブレーキアシストは、緊急時などに急速度でブレーキペダルが踏み込まれた場合、より強い制動力を発生させます。
*1. ABS:Anti-lock Brake System
*2. EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
■急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。
坂道発進の不安を解消します。
ヒルスタートアシストコントロール
坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。
歩行者にクルマの接近を知らせます。
車両接近通報装置
発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。一時停止スイッチでON/OFFが可能。なお、ハイブリッドシステム再起動時には、自動的に発音状態に戻ります。
[HYBRID G“W×B”、HYBRID G、HYBRIDに標準装備]
エコロジーと先進性を追求。
Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)
■写真はHYBRID G“W×B”。
1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが行えるBi-Beam(バイ-ビーム)LEDヘッドランプを設定。前方を明るく照射しながら、省電力に寄与します。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。
[HYBRID G“W×B”、1.5G“W×B”に標準装備。HYBRID G、1.5Gにメーカーオプション]
突然の悪天候でも安心。
LEDフロントフォグランプ
霧の発生などの悪天候時にヘッドランプの明かりを補助。視界確保に役立ちます。LEDヘッドランプと一体感のある同じ白色光のLEDフロントフォグランプです。
[HYBRID G“W×B”、1.5G“W×B”に標準装備]
雨の日など悪天候時の視界をクリアに。
ウォッシャー連動間欠リヤワイパー
[全車にメーカーオプション]
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■グレードやオプション装着により設定が異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。