万一の衝突時への備えを、全車に標準装備。
SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)
SRS エアバッグシステム配置図
SRSエアバッグ*1は、万一の衝突時に前方からの強い衝撃に対して作動し、シートベルトの働きと合わせて、乗員の頭や胸への重大な傷害の軽減に寄与します。また、車両側面からの衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ、乗員の頭部側面への衝撃を緩和するSRSカーテンシールドエアバッグも合わせて全車に標準装備しています。
*1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
■SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。 ■すべてのSRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。 ■チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。 ■SRSエアバッグの写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。なお、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。 ■エアバッグ作動状態の写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
むち打ち傷害の低減に寄与。
WILコンセプトシート(運転席・助手席)
背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えます。
後方から衝突された際に背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頸部への衝撃を緩和する構造をもったWIL*1コンセプトシートを採用しています。
*1. WIL[頸部傷害低減]:Whiplash Injury Lessening
いざというときに乗員を保護。
全席ELR付3点式シートベルト(プリテンショナー&フォースリミッター機構付[フロント・リヤ左右席])
前面衝突時に強い衝撃を感知すると拘束効果を高めるプリテンショナー*1機構、乗員の胸部への衝撃を緩和するフォースリミッター機構を全車に標準装備しています。
*1. プリテンショナー機構は衝突の条件によっては作動しない場合があります。
同乗するお子様に、大きな安心を。
汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー+トップテザーアンカー(リヤ左右席)
汎用ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー*1が装備されており、チャイルドシート&ベビーシートの着脱操作が、ワンタッチで確実に行えます。
*1. 国際標準化機構(ISO)規格のチャイルドシート固定方式。汎用ISOFIX対応チャイルドシート(新保安基準適合)のみ装着可能です。ご使用に関しては、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。また、汎用ISOFIX対応の認可を受けていないチャイルド&ベビーシートはシートベルトでの装着となります。詳しくは販売店におたずねください。
前・後・横からの衝突を想定。
全方位コンパティビリティボディ構造
全方位コンパティビリティイメージ
衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”*1は、車重・車高の異なるクルマ同士の衝突時の共存を追求するコンパティビリティ*2の概念を取り入れて進化しています。
*1. GOA[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]:Global Outstanding Assessment
*2. 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。
歩行者の安全にも配慮。
歩行者傷害軽減ボディ
1. 衝撃吸収バンパー構造
2. 衝撃吸収フード構造
3. 衝撃吸収カウル構造
4. 衝撃吸収フェンダー構造
ボンネット部、カウル部、フェンダー部、バンパー部を衝撃吸収構造とすることで、万一の際の歩行者に与える傷害の軽減に寄与します。
■環境対応車 普及促進税制およびリサイクル料金については、各販売店へおたずねください。 ■燃料消費率は定められた試験条件[JC08モード(国土交通省審査値)]のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 ■グレードやオプション装着により設定が異なります。 ■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■画面はハメ込み合成です。 ■一部の写真は合成・イメージです。