画面を横にしてご覧ください

Corolla Check Your Style!

LOADING..

お好みの視点で、あらゆる角度からCOROLLA SPORTをCHECK!

■写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。

GRADE & COLOR

GRADE

BODY COLOR

SEAT MATERIAL

■ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。特にブラッキッシュアゲハガラスフレーク〈221〉は青、緑、黒、濃紺など、様々な色に見える特性の強いボディカラーです。
CLOSE

POINT 1FRONT STYLING

第一印象:カッコいい!
ダイナミックな顔つき。

スタンスの良さを強調した大型ロアグリルなど、スポーティ&ダイナミックな造形にこだわったワイドで立体的な顔つきをご覧ください。

Photo:HYBRID G“Z”。メーカーオプション装着車。

POINT 2HEAD LAMP

鮮烈な印象が光る、
切れ長の眼差し。

個性を放つ先進的なBi-Beam LEDヘッドランプが、フロントフェイスに精悍な印象を演出します。
【HYBRID G“Z”、G“Z”に標準装備】

■写真はメーカーオプション装着車。

POINT 3SIDE STYLING

横にまわっても、なるほど
スポーティなシルエット。

新プラットフォームTNGAにより叶った「低重心」なシルエット。大きく張り出したホイールフレアと、タイヤとボディの隙間を狭くする工夫がスポーティな見栄えのポイントです。
※ Toyota New Global Architecture

Photo:HYBRID G“Z”。メーカーオプション、販売店装着オプション装着車。

POINT 4REAR STYLING

ダイナミックで
メリハリの効いた後ろ姿。

もうひとつの顔ともいえるバックスタイル。デザインにこだわるため成形の自由度が高く、軽量化にも貢献する樹脂製のバックドアを採用。大きく絞り込んだ立体感のある面とエッジの効いたラインを組み合わせた個性的なデザインが魅力です。

Photo:HYBRID G“Z”。メーカーオプション装着車。

POINT 5LUGGAGE

使い勝手◎
ラゲージはデイリーに活躍。

載せる荷物に合わせて、いろんなアレンジができるラゲージスペース。4:2:4分割アジャスタブルデッキボードを付ければ、ボード下の荷物も取り出しやすくさらに便利です。
※ 2WD車にメーカーオプション

Photo:HYBRID G“Z”。メーカーオプション装着車。
■写真はパッケージトレイトリム取り外し状態。
■写真は荷物積載イメージです。

POINT 6WHEEL

足まわりまで
徹底してカッコよく。

HYBRID G“Z”、G“Z”専用アルミホイール。ダイナミックさとスポーティさを足元に。

225/40R18タイヤ&18×8Jアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装/センターオーナメント付)

POINT 7COCKPIT

見やすい視界、
ポジションもしっくり決まる。

フロントピラーのスリム化とドアミラーの取り付け位置の工夫によって視界は良好。最適なポジションがとれるよう調整範囲の広いチルト&テレコスピックステアリングも装備しています。

■写真はHYBRID G“Z” (メーカーオプションのシート表皮[本革+ウルトラスエード®(センシャルレッド)]、販売店装着オプションのT-Connectナビ9インチモデル、専用クラスターパネル装着車)。詳しくは販売店におたずねください。
■「Ultrasuede®」、「ウルトラスエード®」は東レ株式会社の登録商標です。

少ない視線移動で情報確認、
運転に集中できるから安心。

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影するカラーヘッドアップディスプレイ※1を採用。あなたは前を向いたまま、少ない視線移動で情報を読み取れるので運転に集中できます。
※1 HYBRID G”Z”/G”Z”にメーカーオプション

■表示の明るさは周囲の明るさに応じて自動調整され(任意の操作も可能)、表示位置も任意で調整できます。

ホールド感がすごい。
人車一体になれるようなスポーツシート。※2

※2 HYBRID G”Z”/G”Z”に標準装備

スポーツカーなどに装着される、バケットシートのようなホールド性を追求した新開発※3 スポーツシート。肩部の張り出し形状の最適化で、急なコーナリングでも身体をしっかりサポート。姿勢が安定するので、クルマとの一体感が向上し、正確なステアリング操作にもつながります。
※3 2018年6月現在。トヨタ自動車(株)調べ。

POINT 7CONNECTED

毎日をもっと便利に安心に。
さまざまなサービスでクルマとつながる
DCM(専用通信機)を全グレードに標準装備。

CAR IS PARTNER

相棒のようにつながることで、もっと快適・便利に。

LINEマイカーアカウント

LINEを介して愛車と会話。出発前に知りたい情報などを教えてくれます。

オペレーターサービス

走行中でも、あなたのリクエストにオペレーターが細やかにお応えします。

エージェント(音声対話サービス)

ナビに話しかけるだけで、目的地や情報を手軽にスピーディーに検索できます。

マップオンデマンド

新しい道路情報で、正確・スムーズなナビゲートをします。

SAFETY & SECURITY

つながりいつでも見守ることで、もっと安全・安心に。

マイカーSecurity(リモート確認)

気になるクルマの状況をお知らせ。遠隔でも確認できます。

eケア(走行アドバイス)*2

見たことのない警告灯にも、対処方法をお知らせします。

ヘルプネット®(エアバッグ連動タイプ)*3

ドライバーの緊急事態に備えて専門オペレーターがスタンバイしています。

MyTOYOTA ドライブ診断

あなたの運転を、クルマが診断・アドバイスしてくれます。

*2 車両にOBD(On-Board Diagnostics)Ⅱ通信を行う機器を接続している場合、正しくサービスが行えない場合があります。機能について詳しくは本カタログをご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。 *3 ご利用には、サービス開始操作が必要です。 ■T-Connectオンラインサービスはトヨタコネクティッド株式会社が提供するサービスです。 ■T-Connectオンラインサービスは安全のため走行中は操作や画面表示が制限されます。また、電波状況によりサービスがご利用いただけない場合があります。 ■自動車の運転中に携帯電話の操作をしたり画面を注視することは法律で禁止されています。運転中は、運転手以外の方がご利用ください。 ■車両の位置情報は誤差を生じる場合があります。 ■ “ヘルプネット®”は株式会社 日本緊急通報サービスの登録商標です。 ■“LINE®”は、LINE株式会社の商標または登録商標です。 ■掲載のサービス内容は2018年6月現在のものです。予告なく変更・中止される場合があります。■★は「MyTOYOTA for T-Connect」でご利用できるサービスです。
サービスのご利用には、T-Connectの契約が必要です。基本利用料は3年間無料(4年目以降12,000円/年〈税抜〉)。
◆のサービスご利用には、T-Connectナビの装着が必要となります。
またLINEマイカーアカウントのご利用には、TOYOTA/LEXUS共通IDのご登録が必要となります。
T-Connectについて詳しくは、AUDIO VISUAL & NAVIGATION CATALOGUE、またはT-Connect専用リーフレット、T-Connectサイト(https://toyota.jp/tconnectservice/)をご覧ください。

POINT 8INTERIOR

乗り込むたびに実感、
上質感のあるインテリア。

助手席のインストルメントパネルパッドには本革のような風合いのソフトパッドを、メーター中央には高精細の大型7.0インチTFT※1カラー液晶画面※2をメーター内に搭載。加飾の質感・デザインにまでこだわり、上質な室内空間を演出しています。
※1 TFT[薄膜トランジスタ]:Thin Film Transistor
※2 HYBRID G“Z”、G“Z”に標準装備

Photo:HYBRID G“Z”。内装色のセンシャルレッドは、シート表皮の本革+ウルトラスエード®、電動ランバーサポート、シートヒーター、運転席シートバックポケットとセットでメーカーオプション。サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター、バックカメラはセットでメーカーオプション。カラーヘッドアップディスプレイ、イルミネーテッドエントリーシステム(フロントドアトリム・フロントコンソールトレイ・フロントカップホルダー)はメーカーオプション。4:2:4分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。
■写真は販売店装着オプションのT-Connectナビ9インチモデル、専用クラスターパネル装着状態イメージです。詳しくは販売店におたずねください。 ■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。 ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。 ■画面はハメ込み合成です。■「Ultrasuede®」、「ウルトラスエード®」は東レ株式会社の登録商標です。

POINT 9SEAT&SPACE

開放感あふれる室内は、
ひとクラス上の車格感。

新プラットフォームTNGAにより、インストルメントパネルの薄型・ワイド化が可能に。すっきり広々とした印象の室内空間を、ぜひご体感ください。
※ Toyota New Global Architecture

Photo:HYBRID G“Z”。内装色のセンシャルレッドは、シート表皮の本革+ウルトラスエード®、電動ランバーサポート、シートヒーター、運転席シートバックポケットとセットでメーカーオプション。サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター、バックカメラはセットでメーカーオプション。カラーヘッドアップディスプレイ、イルミネーテッドエントリーシステム(フロントドアトリム・フロントコンソールトレイ・フロントカップホルダー)はメーカーオプション。4:2:4分割アジャスタブルデッキボードとアクセサリーコンセントはセットでメーカーオプション。
■写真は販売店装着オプションのT-Connectナビ9インチモデル、専用クラスターパネル装着状態イメージです。詳しくは販売店におたずねください。■写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■画面はハメ込み合成です。■「Ultrasuede®」、「ウルトラスエード®」は東レ株式会社の登録商標です。

座り心地のいい後席は、
ロングドライブが楽しみに。

包まれ感のあるシートで、快適なドライブをお楽しみください。長時間のドライブでも疲れにくいシートにこだわって、座ったときのクッション性と圧力分散性に優れた素材を採用しました。

Photo:HYBRID G“Z”。内装色はブラック。

DRIVING

  • イメージムービー

Toyota Safety Sense

  • レーントレーシングアシスト

  • プリクラッシュセーフティ
    (歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ / ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

  • ロードサインアシスト

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

  • オートマチックハイビーム

その他の機能

  • インテリジェントクリアランスソナー
    [パーキングサポートブレーキ(静止物)]

    【全車にメーカーオプション】

  • リヤクロストラフィックオートブレーキ
    [パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

    【サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー、インテリジェントクリアランスソナー、ブラインドスポットモニター、バックカメラとセットで全車にメーカーオプション】

  • ブラインドスポットモニター

    【サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ、バックカメラとセットで全車にメーカーオプション】

■安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書、またはWEBをご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。■安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心掛けてください。
Toyota Safety Senseを安全にお使いいただく上での留意事項説明

Toyota Safety Senseは予防安全パッケージです。ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。(ご使用になる際のお客さまへのお願い) ■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。 ■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。 ■ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。 ■お客様ご自身でプリクラッシュセーフティの作動テストを行わないでください。対象(マネキンや段ボールで作動対象を模したものなど)や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。