コックピット

少ない視線移動で情報を確認。

カラーヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。車速のほかにナビと連携*1したルート案内など、さまざまな情報を表示します。また、高輝度表示の採用により日中でも高い視認性を確保しました。

  • [HYBRID G“Z”、G“Z”にメーカーオプション]
  1. *1. ナビとの連携は販売店装着オプションのT-Connectナビ9インチモデルを装着した場合に可能となります。
  • ■表示の明るさは周囲の明るさに応じて自動調整され(任意の操作も可能)、表示位置も任意で調整できます。
  • ■写真はHYBRID G“Z”。

ホールド性が高く運転姿勢が安定。

フロントシート

[スポーツシート]
ホールド性能を徹底的に追求した、新開発*1のスポーツシート。肩部の張り出し形状の最適化で、急なコーナリングで強い横Gがかかっても、しっかり身体をサポートします。クルマとの一体感が向上するため、正確なステアリング操作にもつながります。
[スポーティシート]
薄さとホールド性を両立したスポーティシートを採用しました。身体に負担のかかりにくい運転姿勢を保ち、長時間の運転でも疲れにくいシートを実現しました。

  • [スポーツシート:HYBRID G“Z”、G“Z”に標準装備]
    [スポーティシート:HYBRID G、HYBRID G“X”、G、G“X”に標準装備]
  1. *1. 2018年6月現在。トヨタ自動車(株)調べ。

先進的なディスプレイ表示のスピードメーター。

7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(スピードメーター表示)+オプティトロンメーター

高精細の大型7.0インチTFT*1カラー液晶画面をメーター内に搭載。スピードメーターはディスプレイ内に表示され、アナログ/デジタル表示の切り替えも可能です。

  • [HYBRID G“Z”、G“Z”に標準装備]
  1. *1. TFT[薄膜トランジスタ]:Thin Film Transistor
  • ■写真はHYBRID G“Z”。

スポーティなアナログスピードメーター。

4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ+アナログメーター

  • [HYBRID G、HYBRID G“X”、G、G“X”に標準装備]
  • ■写真はG。
  • ■写真の計器盤と画面表示は機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

心地よい開放感のある薄型インパネ。

高触感スラッシュインパネ

広くおおらかな「間」(パッド部)と精緻な「密」(機能部品)とのコントラストで見応えある上質さを表現。シルバー加飾とブラックパネル構成で室内全体を統一し、大人っぽく感性に響く質感を追求しました。パッド部には本革のような風合いのソフトパッドを採用するなど、触感にもこだわっています。

手を離さずにさまざまな操作が可能。

ステアリングスイッチ

❶情報操作系
(4方向スイッチ、戻る)
❷運転支援系
(レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト)
❸オーディオ系
(音量、音声認識、ハンズフリー、モード選択、選曲・選局)

  • ■オーディオ操作スイッチは、販売店装着オプションのナビ・オーディオを装着した場合に操作可能となります。