コックピット

見やすさと使いやすさを高次元で両立する先進のインターフェイス。

ダブルディスプレイ

運転中、前方道路を見ている状態から室内に目を移した際もすぐに焦点を合わせられる遠方上方に8インチの遠視点ディスプレイを、手前にはタブレット感覚で扱える7インチのトヨタマルチオペレーションタッチを配置しました。通常時、遠視点ディスプレイにはナビ画面、トヨタマルチオペレーションタッチにはエアコン画面が表示。ナビ操作時は一時的にトヨタマルチオペレーションタッチにナビ画面を呼び出すことにより、手元で操作が可能です。

  • [全車に標準装備]
  • 運転時に焦点を合わせやすい。

    遠視点ディスプレイ(8インチ)

    • ■ナビ、TV、オーディオ表示
      ■緊急情報割り込み通知
      ■激しい雨(50ミリ以上)エリア表示 など
  • スマートフォンと同じ感覚で操作できる。

    トヨタマルチオペレーションタッチ(7インチ)

    • ■マルチメディア操作(ナビ、TV、オーディオなど)
      ■空調操作(エアコン、シートヒーターなど)
      ■車両設定操作(ドライブモードセレクト、リヤサンシェードなど)

目盛りや文字が浮いているように見える先進的かつ視認性に優れたメーター。

オプティトロン2眼メーター

先進的な雰囲気を醸すメーターは、目盛りや数字を刻んだ透明なアクリルパネルを指針の手前に置き、両サイドにあるLEDを発光させることで浮いて見えるように演出。奥行き感を表現しながら、クリアで見やすい視認性を実現しています。またRS仕様では、メーターリング部の照明がドライブモードに応じて色が変わり、どのモードで走行中かひと目で分かります。

  • [全車に標準装備]

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影。

カラーヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影することで、少ない視線移動で情報確認ができます。車速、レーン表示のほかにナビと連携したルート案内など、さまざまな情報をワイドに表示。また、高輝度表示の採用により、日中でも高い視認性を確保しました。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”に標準装備。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]
  • ■表示の明るさは周囲の明るさに応じて自動調節され(任意の操作も可能)、表示位置も任意で調整できます。

運転に必要な情報をメーター内の大型液晶画面に表示。

マルチインフォメーションディスプレイ(7インチTFT*1カラー)

高精細の大型7インチTFTカラー液晶画面をメーター内に搭載。運転状況やエコドライブをサポートする多彩な情報を表示するとともに、ナビやカラーヘッドアップディスプレイと連携した情報の表示も可能。ステアリングスイッチで表示切替できます。

  • [全車に標準装備]
  1. *1. TFT[薄膜トランジスタ]:Thin Film Transistor

ベストポジションでドライブを。

電動チルト&テレスコピックステアリング(オートチルトアウェイ&リターン機能付)

運転しやすさを高めるために、ステアリングを上下、前後に電動で調節できます。

  • [RS-B、Bを除く全車に標準装備]

ステアリングから手を離すことなくコントロール。

ステアリングスイッチ(オーディオ・マルチインフォメーションディスプレイ・音声認識・ハンズフリー通話・レーダークルーズコントロール・レーントレーシングアシスト)

マルチインフォメーションディスプレイ内の表示切替やオーディオなどの操作を、ステアリングから手を離さずに行えます。また、レーダークルーズコントロールの車間距離・速度設定切替を集約させることで、操作性の向上と視線移動の最適化に貢献しています。

  • [全車に標準装備]