標準装備

多彩なメディアを楽しめる、多機能ナビ。

T-Connect SDナビゲーションシステム

8インチの遠視点ディスプレイに地図画面などをフルスクリーン表示できるナビゲーションシステム*1。VICS WIDEに対応し、緊急情報(気象庁発表の特別警報)の割り込み通知や激しい雨(50ミリ以上)エリアを地図上に表示するなど利便性を向上。Miracast™やT-Connect for CROWN*2にも対応しています。

microSDカードスロット部
パソコンやオーディオ機器でmicroSDカードに保存した音楽データを車内で再生可能。

USB入力端子使用例

  • [全車に標準装備]
  1. *1. 走行中は安全のため一部操作できない機能があります。また、TV放送・ビデオ再生は安全のため走行中は画像が消え、音声だけとなります。録画機器の種類や使用するmicroSDカードやディスクによっては再生できない場合があります。
  2. *2. 詳しくはT-Connectサイト(https://toyota.jp/tconnectservice/)をご覧ください。
  3. *3. ETC2.0ユニット(VICS機能付)を選択した場合、3メディアVICS(VICS WIDE対応)になります。
  4. *4. microSDカードが別途必要になります。サウンドライブラリーは車内で録音したデータを車内でのみお楽しみいただく機能です。旧型クラウンを含む他車のナビで保存したmicroSDカードのデータは再生できません。
  5. *5. ワイドFM(FM補完放送)は、AMラジオの放送対象地域において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策を目的に整備されたAMの補完放送です。ワイドFM対応局に限りFM周波数帯(90.1~95MHz)でAM番組の受信が可能です。
  6. *6. ETCにおいてお客様の決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更が予定されています。掲載のETCユニットは新しいセキュリティ規格に対応しています。
  7. *7. 利用可能な動作確認済携帯電話はT-Connectサイトでご確認ください。なお動作確認は一定の条件下で行っており、携帯電話の仕様変更により、実際には確認内容と異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。
  8. *8. モバイル端末の画面をナビ画面に表示できます。モバイル端末がMiracast™に対応していることを必ずご確認ください。
  • ■B-CASカードは、あらかじめ受信機に装着されています。
  • ■“Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)”はブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ■“Bluetooth®”はBluetooth SIG,Inc.の商標です。
  • ■“Wi-Fi®”“Miracast™”は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

クリアで臨場感のあるサウンドを実現。

トヨタプレミアムサウンドシステム(16スピーカー/12chオーディオアンプ)

A. 9cmインパネセンタースピーカー(中・高域再生用)
B. 9cmインパネサイドスピーカー(左右/中・高域再生用)
C. 2.5cmインパネサイドスピーカー(左右/高域再生用)
D. 18cmフロントドアスピーカー(左右/中・低域再生用)
E. 薄型天井スピーカー(左右/空間制御用)
F. 2.5cmリヤドアスピーカー(左右/高域再生用)
G. 16cmリヤドアスピーカー(左右/全帯域再生用)
H. 9cmリヤサテライトスピーカー(左右/中・高域再生用)
I. 20cmリヤトレイスピーカー(低域再生用)

  • [RS-B、Bを除く全車にメーカーオプション]

高音質で豊かな音響空間を。

クラウン・スーパーライブサウンドシステム(10スピーカー/8chオーディオアンプ)

A. 9cmインパネセンタースピーカー(中・高域再生用)
B. 9cmインパネサイドスピーカー(左右/中・高域再生用)
D. 18cmフロントドアスピーカー(左右/中・低域再生用)
F. 2.5cmリヤドアスピーカー(左右/高域再生用)
G. 16cmリヤドアスピーカー(左右/全帯域再生用)
I. 20cmリヤトレイスピーカー(低域再生用)

  • [全車に標準装備]

メーカーオプション

グローブボックス内

高速道路上に設置されたITSスポットと双方向通信を図り、交通情報を提供。

ETC2.0ユニット(VICS機能付)*1

高速道路上に設置されたITSスポットと双方向通信を行うETC2.0ユニットは、ナビゲーションとも連動して、ETC機能に加え、安全運転をサポートする交通情報を画像や音声などで提供。たとえば、見通し悪いカーブの先に停止している車両や渋滞の情報をカーブの手前で知らせたり、道路上の落下物情報を事前に知らせるなど、より早い段階で危険を察知することが可能となります。また、前方の渋滞情報や、雪や霧などの天候状況も静止画像や音声でお知らせし、快適なドライブをサポートします。

  • [RS-B、Bを除く全車にメーカーオプション]
  1. *1. ETCにおいてお客様の決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更が予定されています。掲載のETC2.0ユニットは新しいセキュリティ規格に対応しています。
  • ■道路状況、車両状態および天候状態によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所(ITSスポット)については、(一財)道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)におたずねください。また、ETC2.0ユニットは今後新たに追加されるサービスには対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくは販売店におたずねください。

販売店装着オプション

オプション

ドライブレコーダー
本体は、センターコンソール内に装着となります。

カメラ別体型ドライブレコーダー(スマートフォン連携タイプ)

DRD-H68

62,100(消費税抜き57,500円)

カメラ一体型ドライブレコーダー

DRT-H68A

21,060(消費税抜き19,500円)
  • ■検査標章などの装着物の位置によっては、ドライブレコーダーが装着できない場合がございます。詳しくは販売店におたずねください。
  • ■本機は、全ての状況において映像を録画することを保証したものではありません。
  • ■本機は、事故の検証に役立つことも目的の一つとした製品ですが、証拠としての効力を保証するものではありません。
  • ■本機で録画した映像は、その使用目的や使用方法によっては、被写体のプライバシーなどの権利を侵害する場合がありますのでご注意ください。また、本機をイタズラなどの目的では使用しないでください。これらの場合については弊社は一切責任を負いません。
  • ■本機は映像を録画する装置ですが、必ずしも信号が確認できることを保証した装置ではありません。環境によって信号が確認できない場合があります。その場合は、前後の映像や周囲の車両の状況から判断願います。信号が確認できない件については、弊社は一切責任を負いません。
  • ■LED式信号機は目に見えない速さで点滅しているため、本機で撮影すると、点滅して撮影される場合があります。信号が映っていない場合は前後の映像や周辺の車両の状況から判断願います。LED式信号機が映らない件については弊社は一切責任を負いません。
  • ■映像が録画されなかった場合や録画された映像ファイルが破損していた場合による損害、本機の故障や本機を使用することによって生じた損害については、弊社は一切責任を負いません。
  • ■夜間にナビの画面や昼間に太陽光を反射してダッシュボード等がガラスに映り込み、映像に残る場合があります。また、外部環境により映像画質が変化します。
  • ■機種により録画時間は異なります。録画時間につきましては販売店装着オプションナビサイト(https://toyota.jp/dop/navi/)をご覧ください。

ユーティリティについてもっと詳しくみる