燃費・走行性能

経済性でも貢献。独創のクリーンディーゼル技術。クリーンディーゼル技術 2.0tonシリーズ

最新技術を駆使した「DPR*1-Ⅱ」の搭載によって「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合。排出ガスのさらなるクリーン化に加え、尿素フリーによる規制値クリアで経済面でのメリットも大きくなっています。

*1.
DPR:Diesel Particulate active Reduction system

進化したDPRシステムで排出ガスのさらなるクリーン化を達成。

高性能触媒DPR-Ⅱ搭載

PM*2(すす)を捕集する高耐熱性セラミックフィルターに、NOx*3を低減する酸化触媒を採用したDPRが進化。高温域のNOxを浄化するSCR*4ユニットと燃料添加弁を追加することで、尿素水を使用せずに「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」をクリアしました。

進化したDPRシステムで排出ガスのさらなるクリーン化を達成。
*2.
PM:Particulate Matter(粒子状物質)
*3.
NOx:Nitrogen Oxide(窒素酸化物)
*4.
SCR:Selective Catalytic Reduction

燃料の高圧噴射化で、燃焼効率がさらにアップ。

コモンレール式燃料噴射システム

インジェクター手前にコモンレール(蓄圧室)を設け、燃料を高圧噴射して微粒化。空気との混合促進によって燃焼効率を高める機構。噴射回数、噴射時期、噴射量の最適制御によって、排出ガス低減はもちろん、燃費や低速トルクの向上も実現しています。

よりきめ細かく、より的確にクリーン&低燃費を制御。

エンジン協調制御コンピューター

各種センサーからの情報を、それぞれのシステムに的確にフィードバック。総合的にコントロールすることで、PM、NOxの低減を図っています。

綿密な電子制御で燃焼効率の向上を実現。

電子制御可変ノズル式ターボチャージャー

ターボのノズル開度をエンジン回転数や負荷に応じてきめ細かく電子制御し、吸入空気量とEGR*5率を最適化することで燃焼効率の向上を促進。排出ガス中のPMやNOxを低減するとともに、低燃費を実現しています。

*5.
EGR:Exhaust Gas Recirculation

大幅な低エミッションへ、高性能化を実施。

クールEGR(排出ガス再循環)システム

排出される前のガスの温度を冷却して吸気に混合。燃焼室内に循環させることにより燃焼温度を下げ、NOxの排出を抑えるシステム。EGRバルブやEGRクーラーの性能強化によって、NOx低減を大幅に達成しました。

  • 装備類の詳しい設定につきましては、諸元表および主要装備一覧表をご覧ください。
  • ボディカラーおよび内装色は、撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
  • 写真は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
  • 写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
  • 画面はハメ込み合成です。
  • 一部の写真は合成・イメージです。

エクストラナビゲーション

このクルマを検討している方は、以下のクルマも検討しています