エコカー減税・グリーン化特例、
及び、2019年度税制改正スケジュールと「自動車取得税」「自動車重量税」改正のポイントについて

【エコカー減税・グリーン化特例とは】

エコカー減税

排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減するものです。
減税対象車について、下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、特例措置が適用(1回限り)されます。

グリーン化特例

下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、当該年度の翌年度分について特例措置が適用されます。

【2019年度税制改正スケジュール】

2019年4月・5月および10月に新税制が適用されます。

2019年4月・5月からエコカー減税の軽減率が引き下げられます。

  • •自動車取得税のエコカー減税は、4月から軽減率が引き下げられます。
  • •自動車重量税のエコカー減税は、5月から軽減率が引き下げられます。

2019年10月(消費税率引き上げ時)から新税制が適用されます。

  • •自動車取得税は撤廃されます。
  • •環境性能割が新しく導入されます。(新規取得時)
  • •自動車税は新税額が適用されます。
  • •自動車税、軽自動車税のグリーン化特例は、2021年3月まで延長されます。
2019年度税制改正スケジュール
10月より新車新規登録車のみ新税額が適用されます。
軽自動車税については現行制度と変更ありません。

自動車取得税 改正のポイント

自動車取得税 改正のポイント
自動車取得税 改正のポイント
※1.
電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車
※2.
★★★★★:低排出ガス車2018年排出ガス基準75%低減レベル
または、★★★★:低排出ガス車2018年排出ガス基準50%低減レベル
または、★★★★:低排出ガス車2005年排出ガス基準75%低減レベル
※3.
車両本体価格(税抜き)×0.9(1,000円未満切り捨て)

自動車重量税 改正のポイント

自動車重量税 改正のポイント
※1.
電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル車
※2.
★★★★★:低排出ガス車2018年排出ガス基準75%低減レベル
または、★★★★:低排出ガス車2018年排出ガス基準50%低減レベル
または、★★★★:低排出ガス車2005年排出ガス基準75%低減レベル
※3.
3年後継続検査時に受けられる減免措置については、車検証の有効期限が満了する日から起算して15日を経過する日までに車検証の交付を受けた場合に限り適用されます。